« 雪の日立電鉄 | トップページ | 小田急相模原(通称「おださが」)を歩く »

2004年3月21日 (日曜日)

鹿島鉄道は快晴だった

FI120696_0E
 日立電鉄に乗りに行った帰り,常磐線をまっすぐ上野まで戻ろうと思っても,途中駅の石岡がどうしても気になってしまう。なぜなら,そこには知る人ぞ知る鹿島鉄道があるから。
 と言うわけで,石岡と鉾田を結んでいる鹿島鉄道に寄り道する。寄り道と言っても,まる一日鹿島鉄道沿線で過ごしたわけだが,まずは,石岡駅の上野寄りの跨線橋の上から,石岡駅に到着する列車を撮影。右奥に見えるのは常磐線である。

FI122231_0E
 石岡駅で発車を待つ列車。

040321102041
 石岡駅のホーム。

040321102432

FI120696_1E
 昨日の雪が信じられないほどの良い天気になった。浜駅近くの撮影ポイントから。
 昨日乗った日立電鉄より沿線人口は少ないが,乗客は鹿島鉄道のほうが多いように思われる。

FI120696_2E
 鹿島鉄道は塗装のバリエーションが多く,見ていて楽しい。

040321132408
 常陸小川駅。

FI122231_1E
 常陸小川駅を発車して石岡を目指す列車。手前には蓮田(レンコンを栽培している)が広がる。

FI120696_3E
 常陸小川駅から石岡方面へ歩く。このあたりは蓮田が多く,蓮田と列車をからめて撮影しようと,ここまで歩いてきたところで,列車がやってきた。

FI120696_4E
 このあたりにはきれいな風景が広がっているため,どこで撮影してもきれいな写真が撮れる。
 と言っても,鉄チャン的にはこういう道路が写った写真は×(バツ)なんだろうなぁ。個人的には,左端に写っているような道路は,道路だけでも写したくなるような美味しい被写体だったりするのだが……。

FI122231_2E
 常陸小川駅構内には,古いディーゼル機関車が放置されている。型式等はよくわからないが,日本ではあまり見かけない丸みを持ったデザインの車両だ。輸入車だろうか。

FI122231_3E
 常陸小川駅のホームに石岡行きの列車が入ってきた。

040321154829
 石岡駅に到着。しばらく降車客で賑わった石岡駅のホームだったが,しばらくしてディーゼルカーが車庫に去ると静まり返った。

|

« 雪の日立電鉄 | トップページ | 小田急相模原(通称「おださが」)を歩く »

・08 茨城県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

鹿島鉄道には由緒正しき湘南型があるのですね。一度乗りに行きたいです。

Primera

投稿: Primera | 2005年2月 5日 (土曜日) 17時16分

Primeraさん,コメントありがとうございます。
鹿島鉄道のような鉄道が現在も残っているのは,ある意味で奇跡的なことだと思います。
ぜひ乗りに行かれることをお奨めいたします。

#鹿島鉄道のBlogは去年の3月21日のものでした。現在,Doblogに載せていた古いBlogをココログに移行中です。ご迷惑をお掛けします。

投稿: 三日画師 | 2005年2月 5日 (土曜日) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島鉄道は快晴だった:

« 雪の日立電鉄 | トップページ | 小田急相模原(通称「おださが」)を歩く »