« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月の11件の記事

2004年3月27日 (土曜日)

小田急相模原(通称「おださが」)を歩く

 春が来たことを実感させる快晴の一日。とりあえず,通称おださがを歩いてきた。

040327144954
 小田急相模原北口を出る。

FI128690_0E
 小田急相模原北口駅前の駐輪場。元はパチンコ屋である。

040327145926
 空き地が目立つ。再開発計画でもあるのだろうか。

040327150504

FI128690_1E
 商店街に自転車が非常に多いのが印象的だ。

040327150850
 サウザンロード相模台商店街。

040327151514

040327151750

040327152013

FI128690_2E
「とりあえず」という楽しそうな店を発見。綺麗な女性が商品を並べていた。
(これをDoblogで書いた当時のタイトルは「三日画師のとりあえず」だった)

040327152449

040327152854

040327152919
 小さな飲食店街。

040327152949
 焼き鳥の鳥保。

040327153158

040327153444

040327155250
 小田急相模原駅に戻る。

040327155650
 小田急相模原駅横の踏切を渡って,駅の南側へ。桜が綺麗に咲いている。

040327155856

040327160027
 飲食店の多い栄小路商店街。

FI128690_3E
 小田急線の南側は,北側より人通りが少ないような気がする。

040327160734

040327161401
 相模銀座商店街。

FI128690_4E
 韓国関係の店が多く,辛い物好きな私はワクワクしてくる。当然辛いものを食って帰ってきた。

040327161437

040327161525
 飲食店の中に風俗店なんかも点在している。

040327161803

040327163355
 未舗装の路地。

040327164350
 たぶん「ACT」という名の商店街。良くわからない。

040327170404
 商店街入口のアーチ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年3月21日 (日曜日)

鹿島鉄道は快晴だった

FI120696_0E
 日立電鉄に乗りに行った帰り,常磐線をまっすぐ上野まで戻ろうと思っても,途中駅の石岡がどうしても気になってしまう。なぜなら,そこには知る人ぞ知る鹿島鉄道があるから。
 と言うわけで,石岡と鉾田を結んでいる鹿島鉄道に寄り道する。寄り道と言っても,まる一日鹿島鉄道沿線で過ごしたわけだが,まずは,石岡駅の上野寄りの跨線橋の上から,石岡駅に到着する列車を撮影。右奥に見えるのは常磐線である。

FI122231_0E
 石岡駅で発車を待つ列車。

040321102041
 石岡駅のホーム。

040321102432

FI120696_1E
 昨日の雪が信じられないほどの良い天気になった。浜駅近くの撮影ポイントから。
 昨日乗った日立電鉄より沿線人口は少ないが,乗客は鹿島鉄道のほうが多いように思われる。

FI120696_2E
 鹿島鉄道は塗装のバリエーションが多く,見ていて楽しい。

040321132408
 常陸小川駅。

FI122231_1E
 常陸小川駅を発車して石岡を目指す列車。手前には蓮田(レンコンを栽培している)が広がる。

FI120696_3E
 常陸小川駅から石岡方面へ歩く。このあたりは蓮田が多く,蓮田と列車をからめて撮影しようと,ここまで歩いてきたところで,列車がやってきた。

FI120696_4E
 このあたりにはきれいな風景が広がっているため,どこで撮影してもきれいな写真が撮れる。
 と言っても,鉄チャン的にはこういう道路が写った写真は×(バツ)なんだろうなぁ。個人的には,左端に写っているような道路は,道路だけでも写したくなるような美味しい被写体だったりするのだが……。

FI122231_2E
 常陸小川駅構内には,古いディーゼル機関車が放置されている。型式等はよくわからないが,日本ではあまり見かけない丸みを持ったデザインの車両だ。輸入車だろうか。

FI122231_3E
 常陸小川駅のホームに石岡行きの列車が入ってきた。

040321154829
 石岡駅に到着。しばらく降車客で賑わった石岡駅のホームだったが,しばらくしてディーゼルカーが車庫に去ると静まり返った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年3月20日 (土曜日)

雪の日立電鉄

040320103441
 朝からあいにくの雨模様。今日は,最近存廃問題が浮上している日立電鉄に乗りに行く。
 水戸駅南口周辺では大がかりな区画整理事業が行われている。

040320113252
 水戸駅から常磐線の下り電車に乗り,大甕(おおみか)駅で下車する。

040320114226
 跨線橋を渡り,日立電鉄の大甕駅ホームへ。一日フリー乗車券を購入する。

040320114320
 大甕駅のホームに鮎川行きの電車が入ってきた。

040320115551
 常北太田行きの電車に乗り大橋駅で下車する。

040320122924
 まずは大橋駅近くの鉄橋の横で撮影。最近のダイヤ改正で日中の電車はほぼ1時間に一本まで減少してしまい,寂しい限りである。だいぶ散ってしまった梅の花も寂しい。

040320123621
 横を流れるのは茂宮川。対岸にカラフルな重機が並ぶ。

040320125540
 大橋駅を出た常北太田行きの電車が大橋を登ってきた。

040320125603
 この鉄橋,大橋というだけあってかなり長い鉄橋なのだが,大きな川を渡っているわけではない。渡っているのは,この片道1車線の道路。大橋駅からここまでの道路沿いの大和田町集落には古い重厚な建物が多く,昔ここが重要な街道(旧国道6号線?)だったことはわかるのだが,それでもなぜこのような鉄橋が作られたのか不明である。

040320130156
 大橋駅に戻る途中の大和田町集落の建物のひとつ。

040320132757
 大橋駅のホームに鮎川行きの電車が入ってきた。大橋駅に戻る途中で,降り続けていた雨がみぞれになり,とうとう雪に変わった。

040320135432
 終点の鮎川駅に到着。

040320140433
 鮎川駅の駅舎。

040320140706
 電車の運転席。

040320141040
 発車を待つ電車の横を常磐線の貨物列車が通過する。鮎川駅の横には常磐線が通っているが,常磐線には駅がない。

040320144521
 鮎川駅から電車に乗り,常北太田駅に向かう途中で,大橋を登り始めた電車の車窓。見事や家並みは大和田町の集落。屋根に雪が積もって綺麗だ。

040320145812
 常北太田駅に到着。電車は折り返し鮎川駅行きとなる。

040320150108
 常北太田駅の待合室。

040320150554
 常北太田駅。国道349号線を挟んで向かい側にはJR水郡線の常陸太田駅がある。

040320150929
 常北太田駅構内。

040320152816
 常北太田から電車に乗り,大橋の隣の川中子(かわなかご)駅で下車したときには,周辺はすっかり雪景色になっていた。

040320154921
 川中子駅の常北太田寄りで撮影。今回は春らしい風景が撮れるかと思っていたが,なんとなんと真冬のような雪景色になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月19日 (金曜日)

水戸(茨城県)へ

040319155922
 のんびり各駅停車に乗って水戸へ。高浜駅に停車中。

040319160344
 石岡駅では鹿島鉄道のディーゼルカーが気になる……。

040319163855
 水戸駅に到着。

040319164309
 水戸といえば,古い記録映画「ある機関助士」を思い出す。蒸気機関車C62が引く急行「みちのく」の機関士と機関助士の姿を描いたもので,上野‐水戸間を往復する彼らがものすごい迫力で記録されている。水戸駅や列車の姿かたちはその映画に記録されているものから大きく変化しているが,列車がひっきりなしに到着しては発車してゆく光景は変わらない。

040319171330
 「ある機関助士」には,水戸駅構内で蒸気機関車が貨車の入れ替えのためにひっきりなしに行き来する姿が映されていて印象的だった。
 貨物の取扱量は激減したが,水戸駅構内にはたくさんの機関車が停まっていた。

040319173631
 水戸駅の西で,列車は千波湖の横を走る。写真の左側に千波湖がある。遠くに見える緑が,梅で有名な偕楽園。

040319174600
 千波湖は,以前はずっとずっと大きな湖だったが,どんどん埋め立てられて,現在の姿になった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年3月14日 (日曜日)

東京都町田市,町田駅付近を歩く

040314155325
 小田急町田駅と一体化している小田急百貨店内を通って北側の出口(東口?)から。

040314155559
 駅前に小さなカリヨン広場がある。

040314160008
 小田急線町田駅の横。
 自転車,クルマ,歩行者がぐしゃぐしゃで,かなり異常事態。

040314160103
 人通りの多い踏切。

040314161354
 駅西側の森野地区には商業施設は少ないのだが,駐車場が多いこともあって,駅東側の大商業地区へ向かう人のクルマで渋滞する。歩行者は少なくないが,ショッピングするという雰囲気ではない。こんな細い道なのに,クルマの通行量が多すぎである。

040314162741
 このような,感じの良い住宅も残っていたりするが,都市化の波はすぐそこまで押し寄せている。

040314164902
 JR横浜線の南側にまわると,そこには駐輪場が広がっている。同じ横浜線の南側でも,小田急線の東側(JR町田駅に近い側)にはちょっと前にヨドバシカメラができて,あっという間に雰囲気が変わってしまった。ここの広大な駐輪場も,何年かしたらあっという間に変わってしまうのかもしれない。

040314171207

040314174633
 日没直後,旧塗色車がやってきた。暗くてキレイに撮れなかったが,ラッキー……ということにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月13日 (土曜日)

町屋から都電に乗って三ノ輪橋へ

040313152348
 都電の東側の終着駅三ノ輪橋駅に到着。乗車ホームのある場所からかなり手前に後者ホームがある。

040313153029
 駅の周りの雰囲気はがらりと変わったが,賑わいのある光景は変わりがない。

040313153112
 駅前にはこんな感じの店が,ごく普通に並んでいる。

040313153153
 駅前の商店街には人通りが絶えない。

040313153233
 梅沢写真会館のビルの下にもぐり込むように商店街が形成されている。

040313153250
 三ノ輪橋駅方向を振り返る。

040313153338
 三ノ輪橋駅の北側には全蓋式アーケードのあるジョイフル三の輪商店街が延びている。

040313153433
 ジョイフル三の輪商店街側から三ノ輪橋駅方向を振り返る。

040313153616
 北西側に300mぐらいだろうか,真っ直ぐなアーケードが伸びている。

040313153809

040313154111

040313154227
 梅沢写真会館の正面。三ノ輪橋商店街と一体化している。

040313154826
 三ノ輪橋商店街の入り口。

040313155235
 三ノ輪橋商店街の入口は国道4号線に面している。

040313155501
 すぐ横には常磐線のガードがある。三ノ輪橋駅の近くには常磐線の駅はなく,5〜600m離れたところに南千住駅がある。南千住駅の横に隅田川貨物駅があるため,貨物列車が頻繁に通過する。

040313155601
 梅沢写真会館の下の三ノ輪橋商店街。三ノ輪橋に来たときには,なぜかいつもココのカレーが食いたくなる。

040313162357

040313163144
 三ノ輪橋駅の南側からジョイフル三の輪商店街方向を見る。

040313163354

FI110105_4E
 今日は*istDに,MFレンズのA28/2.8と最新のDA16-45/4。A28/2.8にはタクマー時代の角形フードがよく似合う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の陽気に誘われて,なぜか町屋へ

040313133514
 町屋駅に到着。

040313134402
 町屋駅前の「いなり通り」商店街。

040313140331
 京成本線の高架下には住宅や商店が建ち並んでいる。

040313140623

040313142850
 高架線の上を京成本線が走る。と言っても,街並みから浮き上がったような高架線ではなく,町屋の街に密着した感じだ。
 町屋には斎場があり,黒い背広を着た人たちが頻繁に行き来する。

040313145130
 京成本線町屋駅の東側。

040313145345
 高架下をくぐって尾竹橋通り方向へ。

040313145539
 都電町屋駅前の南側,千代田線の駅の真上あたり,京成線の西側一帯には小さな個人商店が建ち並んでいたと記憶しているが,完全に取り壊されて高層ビルの建築中だった。

FI110079_1E
 左側がセンターまちやのビル。

040313150611
 都電荒川線の町屋駅前電停横,尾竹橋通りの町屋交差点。営団地下鉄千代田線,京成本線,そして都電荒川線の町屋駅前が集まる。都電として唯一残った荒川線だが,周辺の人に愛されて,車内はいつも満員だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月11日 (木曜日)

通勤途中の小田急線旧塗色車

FI107644_0E
 旧塗色車が駅に停まっているのを見かけたときには,できるだけデジカメで撮影しておくようにしている。ちゃんと走っているところも撮っておこうと,通勤途中の駅で列車を数本待ってみた。
 が,なかなか旧塗色車はやってこない……。

FI107644_1E
 結局,30分待ち続けてみたのだが,やってくるのは普通の電車ばかりだった。
 まぁ,運まかせだから仕方ない。

FI107738_0E
 帰宅時,小田急藤沢駅の改札を入ると,ちょうど旧塗色車が発車するところだった。朝は待っても待っても来なかったのに……,皮肉なものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 6日 (土曜日)

ミニ液晶テレビを買いに行く

FI103919_0E
 使い続けたミニ液晶テレビのバックライトが切れてしまったので,新しい液晶テレビを買いに小田急線で新宿へ。まったりとした駅のホームで電車を待つ。
 この季節,柔らかな斜光がいい感じ,だと思う。

FI103919_1E
 いつも賑やかな新宿のヨドバシカメラ本店前。小田急ハルクに大きなビックカメラが出来て,多少は影響が出るのかと思ったが,まったく関係ない感じ。
 小さなポータブル液晶テレビを買うつもりだったが,13インチの液晶テレビが安かったので,結局そっちを買ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 2日 (火曜日)

九州から寄り道しながらの帰還

 あちこち寄り道した後,岡山からは寝台特急「サンライズ」で帰る。

040301221642
 岡山駅で「サンライズ」を待っていると,下関からの寝台特急「あさかぜ」が到着。特急「サンライズ」の15分ぐらい前に岡山駅を出発して行く。

040301222116>
 寝台特急「あさかぜ」が出発したすぐ後に,高松からの「サンライズ瀬戸」が到着。この岡山駅で,出雲からの「サンライズ出雲」と連結して東京を目指す。

040301222706
 「サンライズ出雲」側に乗り込む。

040302065426
 朝,7時少し前に横浜駅到着。もう少し横になっていたい気分だったが,仕事があるので仕方なく横浜で下車。ラッシュ少し前の横浜駅を走り去る列車を見送る。

040302070117
 ホームで下り電車を待っていると,上り線に寝台特急「あさかぜ」が到着。EF66電気機関車がカッコいい。岡山駅では「サンライズ」より「あさかぜ」のほうが先行していたから,いつの間にか「サンライズ」が追い抜いたことになる。

 さぁ,これから仕事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 1日 (月曜日)

筑豊の三井セメント専用線の貨物列車

 今月末で廃止になるらしい三井セメント専用線の貨物列車を撮影しに行く。

040301075540
 まず,JR小倉駅から日田彦山線のディーゼルカーに乗る。ここで驚いたのは,列車の行き先方向板(サボ)を入れ替えるために,ホームと反対側のドアも開けていること。間違って乗客が落ちたりしないのだろうか?
(もちろん,うっかり落ちる乗客も乗客なのだが)

040301090106
 田川伊田駅。ここでJR日田彦山線から平成筑豊鉄道に乗り換える。小倉から金田(かなだ)へ向かうには,田川後藤寺で乗り換えるよりも,ここ田川伊田で乗り換えるのが便利だと判断。

040301090231
 田川伊田駅。

040301090452
 田川伊田駅の改札口。時間があったので田川伊田駅で下車してみた。
 左側が平成筑豊鉄道伊田線,右側奥がJR日田彦山線になっている。

040301090846
 平成筑豊鉄道のホームから日田彦山線のディーゼルカーを見る。

040301092502
 田川伊田駅から平成筑豊鉄道伊田線のディーゼルカーに乗り,金田(かなだ)駅で下車する。

040301092750
 広い金田駅構内。最近は貨物を取り扱う駅が少なくなって,このような広い駅は珍しくなってしまった。

040301092937
 跨線橋の上から金田駅構内を見る。

040301093318

040301095353
 金田駅近くで中元寺川の鉄橋を渡るところを撮影しようと列車を待ったが,列車はなかなかやってこない。ひょっとしたら月曜日は運転しないのだろうか‥‥と暗い気分になりながら,そこでの撮影をあきらめ,金田からの列車を撮影するために上流の川を渡ったとたんに,踏み切りの警報機がなり始め,あっという間に金田駅に向かう列車がやってきてしまった。
 とりあえずその場であわてて撮影したため,かなりピンボケ。

040301100656
 金田駅で貨車をつないだディーゼル機関車が折り返してくる。

040301100706
 天気がよければ綺麗な写真になったのだろうが……。まぁ,贅沢は言えない。

040301100733
 貨物列車はゆっくり,ゆっくりと目の前を通過していった。

040301101929
 中元寺川の鉄橋。
 三井セメント専用線の貨物列車は,午後にもう一往復ある。今度は別の場所で撮影するため,一旦金田駅に戻る。

040301104841
 金田駅に戻ると,最初の写真で三井セメントの工場から運んできた貨物を,JR貨物のDD51ディーゼル機関車が引っ張っていくところだった。ここから門司港まで貨車を運んでいく。

040301110145
 金田駅のホームへ。

040301124215
 金田駅から平成筑豊鉄道糸田線のディーゼルカーに乗り,豊前大熊駅で下車する。気分が乗れば糸田駅から関の山鉱山まで歩いて山間部を走るところを撮影しようとも思ったが,雨が降ったり止んだりで気分も乗らず,豊前大熊駅近くで撮影することに。

040301130119
 この三井セメント専用線の踏切には,親切にも列車の通過時刻が記されている。
 が,しかし,実際に列車がここを通過する時刻はまったく違っているので注意が必要だ。最近,廃止を前にしてダイヤ改正があったのかもしれない。
(某MLで教えていただいた情報によると,昨年10月のダイヤ改正前の時刻ではないか,とのこと)

040301134932a
 午後の列車をどこから撮るか,非常に迷った。天気は曇りで,時々雨がちらつく。が,午後になって時折雲の隙間から太陽がのぞく,というコロコロ変わる天気。セメント工場からの列車は北に向かうため,どうしても逆光になる。結局,万が一太陽が出てきても完全な逆光になるのだけは避けられるところで,かつ,誰も撮らないようなポイントを探したらここになった。
 手前の側溝は水が枯れ,タニシがたくさん干からびていた‥‥。

040301135009
 目の前の築堤を列車はゆっくり降りてゆく。

040301141323a
 金田駅からの折り返し。毎度のことながら,ちょっと平凡な構図。しかも画面が少し傾いてしまっている。
 ちゃんと三脚を使えってことか‥‥。

040301141347
 田んぼの中をゆっくりと走り去っていく。

040301142841
 豊前大熊駅。

040301151730
 豊前大熊駅から糸田線のディーゼルカーに乗り,田川後藤寺駅へ。

040301152622
 田川後藤寺駅のホーム。

040301152733
 田川後藤寺駅で小倉行きのディーゼルカーに乗り込む。

040301164452
 小倉駅に到着。
 北九州モノレールが平和通りを通り,小倉駅へ走ってくる。北九州モノレールができた当時は,現在の平和通駅が始発駅になっていて,乗り換えのためには平和通りを数百メートルも歩かなければならなかったのだが,10年前に新駅ビルの開業と同時にJRの駅に乗り入れるようになった。

040301164510
 しかも,JRの駅ビル直前で止まるのではなく,ちゃんと駅ビル内に入り込んでいる。これは素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »