« 北勢線は今日も元気に走る | トップページ | 銀座のアップルストアへ »

2004年1月12日 (月曜日)

岐阜の路面電車は残るのか?

 岐阜の路面電車(……正確には岐阜市内線かな)廃止予定との話を聞いて,いてもたってもいられず岐阜にやってきた。私は路面電車が好きで,国内のひととおりの電車を見たり,乗ったり,写真を撮ったりしたが,ここの環境は(現存する路面電車の中では)最も悲惨だと思う。道路が広くないこともあって,線路敷き内の自動車の走行が認められており,右折車が平気で路面電車の前で右折待ちしている。ひどい時には,対向車が右折待ちで電車の前に立ちはだかることもある。

040111095645
 岐阜の中心商店街に近い徹明町。

040111101933
 この徹明町には,名鉄美濃町線の電車もやってくる。名鉄を象徴するような真っ赤な電車である。30分に一本しか走っていないので,はっきり言って利用しにくい。

040111120205
 千手堂付近を健気に走る電車の写真。

040111121336
 忠節橋を渡り,真砂町に下ってくる電車。

FI42917_1E
 忠節橋を渡る市内線の電車。

040111125242
 尻毛駅で下車する。尻毛駅に近い伊自良川鉄橋で電車の写真を撮ることにする。今日はモ510という古い電車が走るので,撮影目的の鉄道ファンが少しは降りると思っていたが,下車したのは私ひとりだった。鉄道写真マニアは,あまり鉄道を利用しない。これが悲しい現実である。

040111142049
 尻毛駅の近く,郊外区間(揖斐線)になってすぐに渡る伊自良川鉄橋の写真。ここは有名な撮影ポイントになっている。
 忠節駅から,電車は道路ではなく専用の軌道を走るようになる。路面電車から郊外電車に変わるのだ。逆に言えば,郊外からの電車が街の中心部では路面を走るわけで,利用者にとってはありがたい運用である。ヨーロッパ等のLRTでは,それが当たり前のように行われていると聞く。

040111153605
 モ510が鉄橋を渡ってきた。

040111153609
 ゆっくりゆっくり鉄橋を渡ってくる。冬らしい空。風が強く,寒い一日だった。

040111153611
 この古い電車の姿を見ると,歳を忘れてワクワクしてしまう……。

040111143620c
 折り返しの電車は横から撮影。

040111161128
 久しぶりのモ510の勇姿を見て満足しながら尻毛駅に戻る。
 人気(ひとけ)のない尻毛駅のホームが悲しい。モ510が伊自良川鉄橋を渡るとき,堤の上には鉄道ファンの三脚がずらりと並んでいたのだ。モ510が去った後,余韻を楽しみながらカメラをバッグにしまい,ゆっくりと土手を登ると,既に堤の上には誰もいなくなっていた。
 尻毛駅に戻る途中,「尻毛駅も少しは混雑してるかな……」と心配したが(混雑は嫌いだ),まったくの取り越し苦労だった。

040111153615
 ちなみに,モ510が伊自良川鉄橋を渡り終わったときの写真がこれ。

FI42917_2E
 夕方の新岐阜駅。電車の前には右折待ちの車。岐阜の路面電車を象徴するような光景だ。まさに「どうあるべきか」を真剣に考える必要があるのではないだろうか。

|

« 北勢線は今日も元気に走る | トップページ | 銀座のアップルストアへ »

・21 岐阜県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/3431391

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜の路面電車は残るのか?:

« 北勢線は今日も元気に走る | トップページ | 銀座のアップルストアへ »