« 朝の秋葉原 | トップページ | 万葉線走る/高岡市&新湊市 »

2003年10月 4日 (土曜日)

夕暮れの高岡へ

 上越新幹線から北陸本線特急はくたか号を乗り継いで,富山県の高岡市に向かう。

031004145849
 上越新幹線で「国境(くにざかい)の長いトンネルを抜け」,越後湯沢で上越線に乗り換える。川端康成が『雪国』を書いた当時は,当たり前だが上越新幹線はまだ無かったので,「国境の長いトンネル」は上越線(在来線)の清水トンネルということになる。
 暗い雲が空を覆った車窓が続いていたが,遠くに見える盆地の先に日が差した一角が見えてきた。

031004150936
 六日町盆地を走る特急はくたかの車窓に,綺麗な虹が現れた。

031004162518
 列車が親不知のトンネルを抜け,海岸に沿って番屋と思われる建物が点在する風景が続くようになると,富山県に入ったことを実感する。日本海に沿って走る北陸本線の車窓はずっと雨だったが,西の空が少し明るくなってきた。

031004164854
 黒部,魚津,滑川…と,富山に近づくにつれて日差しが見えてきた。

031004171614
 高岡駅前,万葉線の電停。

031004171648
 高岡駅前通りを行く電車。万葉線が第三セクターになってから採用されたボディの塗り分けだが,なかなか良い感じだ。

031004172044
 雲の合間から強い西日が差し込む。

031004172500

031004172842

031004174618

031004174826
 JR高岡駅。

031004175526

031004175658

031004175956

031004180202
 万葉線の高岡駅前電停の横は高岡市コミュニティバスの乗り場になっている。最近各地で見られるようになったミニ低床バスを使ったコミュニティバスで,「こみち」と名付けられているようだ。高岡市には歴史ある街並みが数多く残っているが,JRや万葉線の駅から少し離れたところに位置しており,そこをコミュニティバスが補完するという位置づけらしい。

031004181316

|

« 朝の秋葉原 | トップページ | 万葉線走る/高岡市&新湊市 »

・15 新潟県」カテゴリの記事

・16 富山県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/10615768

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れの高岡へ:

« 朝の秋葉原 | トップページ | 万葉線走る/高岡市&新湊市 »