トップページ | 2003年2月 »

2003年1月の7件の記事

2003年1月29日 (水曜日)

市ヶ谷〜武蔵野線北朝霞

030129101130
 市ヶ谷駅(東京都千代田区)のホームから見る。

030129101154
 どういう理由だろうか,ビルの一部が切り欠いたようになっていて面白い。

030129115903
 特に意味もなく電車を乗り歩き,武蔵野線北朝霞(埼玉県朝霞市)へ。もともと貨物輸送を主目的に作られた路線であるから当然ではあるが,武蔵野線には貨物列車が頻繁に走っている。

030129120129
 天気が良いと気分も良い。

030129123521
 武蔵野線では見慣れない車両も乗り入れているようだ。快速「むさしの」号……臨時列車だろうか。

030129133859
 北朝霞駅には東武東上線も通っており(東上線の駅名は朝霞台駅),乗り換え客も多い。もともと乗り換えのために設置された駅なのだが,なぜ東武鉄道が武蔵野線と異なる駅名を付けたのか,理解に苦しむところである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2003年1月13日 (月曜日)

新宿からロマンスカーに乗る

030113151821
 新宿駅。山梨方面から到着した特急列車が回送電車となる。

030113155236
 鶴川駅(東京都町田市)付近の田んぼにどんど焼きの竹組みがができていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年1月 5日 (日曜日)

サンライズ出雲で東京へ

030105071639
 寝台特急「サンライズ出雲」が東京駅に到着。雪模様の山陰地方を出て,中国山地を縦断する伯備線内では雪のため遅れが発生するような状況だったが,東京へはほぼ定刻に到着した。

030105073809
 少し前に到着した寝台特急「出雲」を引っ張ってきた電気機関車が,駅の外れで待機している。

030105073829
 下関から寝台特急「あさかぜ」が到着。

030105074204
 待機していた機関車が到着した「あさかぜ」の最後尾に近づく。

030105074247
 最後尾に連結した機関車は,「あさかぜ」の客車を品川の車庫に引っ張ってゆく。

030105103834
 電車を乗り継いで,南武線の登戸駅(川崎市多摩区)へ。小田急線の登戸駅は改良工事の真っ最中である。

030105103922

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年1月 4日 (土曜日)

山陰路は荒れ模様

030104083942
 益田駅(島根県益田市)近くのビジネスホテルで目覚める。雪が降り出したようだ。

030104093400
 あっという間に真っ白な風景となる。

030104103130
 すっかり雪景色となった益田駅。

030104104350
 浜田方面から臨時の特急列車が走ってきた。いわゆる国鉄色のキハ181系ディーゼルカーだ。

030104104419
 雪の中,クリームと朱色の塗色が映える。

030104104550
 益田駅に停車する臨時特急。

030104104721
 特急列車がゆっくりと益田駅を出て行った。

030104111426
 浜田行きのディーゼルカーに乗る。荒天のため正常な運行ができるかどうかわからないという車内放送の中,列車は走り出した。出雲からの寝台特急「サンライズ出雲」の特急券を購入済みだったので,ちょっと先行きに不安を感じながらの出発だったが,益田駅を出てしばらく走ると意外にも積雪はほとんどなくなっていた。ただ,日本海は大荒れである。

030104111949
 鎌手駅のちょっと手前,大浜の漁港の横を通る。

030104112839

030104114151

030104120450
 浜田駅(島根県浜田市)に到着。すぐに江津行きの列車に乗り継げるのだが,江津から先は浜田始発の次の列車に乗り継ぐことになるため,次の列車を待つことにする。

030104121452
 雪が降り続ける寒いホームをブラブラしていると,益田行きの特急列車がやってきた。

030104122139
 晴れたり吹雪になったりと,天気がくるくる変わる中,ホームに出雲市駅行きのディーゼルカーが入ってきた。

030104133708
 馬路駅(島根県仁摩町)付近。

030104152025
 出雲市駅(島根県出雲市)に到着。5,6年前に高架駅になった出来たてホヤホヤの駅である。が,造りはちょっと安っぽい。一畑電鉄の電鉄出雲市駅もJRの駅と一緒に高架化されたのだが,両駅は100m近くも離れたままだ。なぜ両方の駅を横に並べなかったのだろうか。乗り換えのための階段の上り下りを考えたら,電鉄出雲市駅は地平にあったほうがまだマシである。

030104152211
 電鉄出雲市駅は,存在そのものが駅ビルに埋没しているかのような佇まいである。出雲市役所駅前支所かと思ってしまった。

030104153656
 出札時間がきて改札口が開いた。旅をしているというより,役所に手続きに来たかのような雰囲気になる……。

030104154008
 電鉄出雲市駅のホームで発車を待つ電車。元京王電鉄の車両である。

030104155509
 川跡(かわと)駅に到着。反対側のホームに松江方面からの電車が入ってきた。

030104155559
 川跡駅では,松江(松江温泉),出雲大社前,そして電鉄出雲市駅からの電車が一同に集まる列車ダイヤが組まれており,それぞれの方向の乗り換えが便利になっている。

030104160851
 出雲大社前駅(島根県大社町)に到着。

030104160942
 重厚な造りの駅舎である。

030104161046
 八百万(やおよろず)の神々が集まる出雲大社の最寄り駅なのでバリバリの和風建築かと思いきや,見事な洋風建築なのが面白い。

030104161213
 臨時改札口もある。昨日までの正月三が日は初詣客で賑わったことだろう。

030104161253
 巨大な出入り口の扉。

030104161432
 出雲大社(駅名は「いずもたいしゃまえ」だが,神社は「いずもおおやしろ」と呼ぶのが正式らしい)の参道には見事な松並木がある。根元まで舗装されてしまって,ちょっと苦しそうな感じだ。

030104161633
 一畑電鉄出雲大社前駅の堂々たる駅舎。

030104161711
 駅は出雲大社の参道に面している。

030104161944
 駅舎内部。

030104162008

030104162253
 比較してはいけないのかもしれないが,軽薄な電鉄出雲市駅と同じ電鉄会社の駅とは思えない……。

030104164758
 川跡駅の近くには古い電車(元西武鉄道)が放置されている。

030104164911
 自転車の持ち込みが可能になっているようだ。

030104190315
 出雲市駅で東京行きの寝台特急「サンライズ出雲」を待つ。雪が強くなってきた。隣のホームに入ってきた特急列車の前面にも雪がこびりついている。

030104190329
 ホームに「サンライズ出雲」が入ってきた。ここから東京まで約12時間の長旅となる。

030104200628
 約1時間で米子駅(鳥取県米子市)へ。窓を開けてみるとホームには国鉄色のキハ28が停まっている。

030104203453
 伯備線の根雨駅(鳥取県日野町)で列車が停まった。ホームが雪に埋もれているのが見える。東京に着くのはだいぶ遅れるかもしれない……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年1月 3日 (金曜日)

玉江と木与でキハ181を撮る

030103055042
 珍しく早起きする。今日は萩市まで移動し,有名な撮影ポイントでキハ181系特急「いそかぜ」を撮影する予定だ。時刻表を調べると,そこそこ早い時間に益田を出発しないと「いそかぜ」の通過に間に合わないので,頑張って早起きすることにした。

030103074902
 益田駅(島根県益田市)で長門市行きのディーゼルカーに乗り込む。

030103075524
 長門市行きのディーゼルカーの車内はガラガラだ。

030103082820
 朝から曇り空だったが,しばらくすると本格的な雨になった。

030103091930
 1時間半ほど走り続け,玉江駅(山口県萩市)に到着。幸いなことに雨はあがってくれた。

030103091959
 玉江駅を出て行くディーゼルカー。

030103092828
 玉江の街並みを歩いて撮影ポイントへ。萩市は古い街並みが残っている町として有名だが,橋本川を挟んで萩の町と接している玉江にも趣のある集落が残っている。実は萩の古い街並みのある地区や萩城跡は玉江駅が最寄り駅なのだが,あまり知られていないようだ。
 玉江の町をあれこれ撮影してみたいところだが,のんびりしていると撮影ポイントを特急「いそかぜ」が通過してしまうので,泣く泣く先を急ぐことにする。

030103094652
 北長門海岸国定公園に指定されている美しい海岸沿いを,道路と線路が絡み合うように通っている。

030103103415r
 列車と海を俯瞰する撮影ポイントへ。実に美しい風景である。残念なのは天気だけ……。

030103105742r
 お目当ての特急「いそかぜ」がトンネルから出てきた。

030103105745b
 特急「いそかぜ」が眼下を通過する。

030103112532
 玉江駅へ戻る途中の道路はこんな感じである。

030103114120
 どこで撮っても絵になるような気がする。

030103130726
 玉江駅から益田行きの列車に乗り込む。

030103134306
 益田で折り返してくる下関行きの特急「いそかぜ」をどこで撮影するか悩んだ末,来る途中で街並みが印象的だった木与駅(山口県阿武町)で下車する。木与駅の隣の宇田郷駅近くには有名なコンクリート橋の撮影ポイントがあるが,コンクリート橋よりも木与の街並みのほうが魅力的に感じた。

030103134324
 ディーゼルカーが木与駅から走り去る。

030103145815
 列車と街並みを一緒に写せる場所を探し,土手の上で列車が来るのを待つ。待っている間には雨が降ってきたりもしたが,のんびりした幸せな時間だった。

030103152823r
 特急「いそかぜ」がやってきた。今回の旅行に持ってきたデジカメFinePixS2Proの感度設定をISO800にしても,シャッター速度は1/125secにしかならない厳しい条件の中,列車は想像していたよりも高速で走り去った。

030103155009

030103160649
 木与駅に戻る。

030103160720
 木与駅。ずいぶんと頑丈そうな造りである。

030103164048
 益田行きの列車に乗り込む。

030103165449
 須佐駅の手前,車窓から小さな船だまりが見えた。地図を見たところ,「蟶(まて)潟」という地名が付いていた。この入り江ではマテ貝がたくさん採れたのだろう。

030103170211
 須佐駅(山口県須佐町)で対向列車とすれ違う。すっかり暗くなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年1月 2日 (木曜日)

山陰本線をひた走る

030102033738
 急行「だいせん」が浜坂駅(兵庫県浜坂町)に到着。朝3時半に起きられるかどうか不安だったが,到着前には車掌がちゃんと起きていることを確認しに来てくれたし,結局ほとんど眠れなかったので大丈夫だった。

030102033838
 人気(ひとけ)のない浜坂駅前。浜坂で下車したのは私も含めて二人だったが,もう一人は駅前で待っていた車で立ち去ったため,駅に残ったのは私一人だった。

030102035835
 始発列車の時間まで,待合室で寝ることにする。いわゆるSTB(STation Bivouac),駅寝である。「ヒマはあるけど金はない」貧乏学生時代には,しばしば駅のベンチにお世話になったものだ。最近は,夜行列車がほとんど無くなったことや,一部の利用者のマナーの問題(最終列車前なのに集団で寝ているとか,携帯用コンロを使うとか)で駅寝しにくい雰囲気が醸成されており,駅で寝るのは久しぶりである。

030102055947
 豊岡行きの始発列車に乗り込む。
 浜坂駅前の食料品店は始発列車より前に店が開くのでありがたい。買ったカップ麺にお湯まで入れてくれたので,寒い待合室で冷え切ったカラダが暖まった。

030102065454
 餘部駅(兵庫県香住町)で下車し,駅近くの余部鉄橋を小俯瞰する撮影ポイントで列車を待つ。薄暗い中,雨で足場がぬかるむ。大阪行きの特急「はまかぜ」がすぐに通過したが,空はまだまだ暗かった。

030102071141r
 小雨降る中,目当ての寝台特急「出雲」が余部鉄橋を渡ってきた。この季節の日の出,日の入り時刻をちゃんと確認していなかったのは迂闊だった。カメラの露出設定も大失敗。

030102073709

030102074229
 餘部駅で列車を待っていると,余部鉄橋を渡って浜坂行きの普通列車がやってきた。

030102074401

030102075740
 浜坂駅で鳥取行きの各駅停車に乗り換える。日本一の路線長さを誇る山陰本線だが,ほとんどの普通列車は「豊岡−浜坂」「浜坂−鳥取」「鳥取−米子」「米子−出雲市」「出雲市−浜田」「浜田−益田」というふうに区間運転されているばかりか,全線を通して走る特急列車や貨物列車もなく,日本一は名ばかりである。

030102081831
 浜坂−鳥取間の車窓。

030102091344
 鳥取駅(鳥取県鳥取市)に到着。非電化の高架駅というのも新鮮な雰囲気である。鳥取駅で米子行きの快速「とっとりライナー」に乗り換える。

030102093911
 智頭急行経由上郡行きのディーゼルカー。
 鳥取駅には若桜鉄道や智頭急行の列車も因美線経由で乗り入れている。行き先の上郡駅は,兵庫県上郡町にある山陽本線の駅である。このディーゼルカーは中国山地を横断し,区間運転の多い山陰本線の列車よりも遙かに長い距離を走るのだ。

030102113438
 米子駅(鳥取県米子市)に到着。「海,山,旅のドラマは米子駅から」

030102115746
 米子駅前にあった意味不明(?)なオブジェ。

030102123548
 再び米子駅構内へ。

030102124203
 岡山と米子を結ぶ伯備線は電化されており,振り子式電車を使った特急「やくも」が走っている。

030102131253

030102131417
 かつては大きな駅ならどこでも見かけた荷物輸送用ターレット・トラック。築地市場内での荷物運搬などでは,今でも大活躍している。

030102131820
 今朝浜坂で下車した急行「だいせん」の車両も米子駅構内で休んでいる。

030102144403
 庄原駅(島根県斐川町)で列車すれ違いのため停車。山陰本線には単線区間が多いため,しばしば対向列車とのすれ違いで長時間停車する。

030102144528
 新型のディーゼル特急列車が追い越していった。

030102151215
 西出雲駅。米子〜松江〜出雲市と続いた電化区間はここ西出雲まで。山陰本線の西出雲から西側は全部非電化単線である。

030102162606
 黒松駅(島根県江津市)付近の車窓。黒松町の街並みと砂浜が続く海岸がものすごく綺麗だった。

030102162936
 黒松駅で対向列車が来るのを待つ。周囲がだいぶ暗くなってきた。遠くからヘッドライトを光らせて列車が走ってきた。

030102163004

030102171614
 浜田駅(島根県浜田市)で益田行きの列車に乗り換える。

030102185753
 益田駅(島根県益田市)近く,駅構内がよく見えるビジネスホテルが今夜の宿である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年1月 1日 (水曜日)

紀勢線岩代付近〜急行だいせん

030101111837
 和歌山駅。紀勢本線御坊行きの普通列車に乗り換え。

030101130402
 紀勢本線岩代駅(和歌山県南部町)で下車。

030101140038r
 岩代駅の近くの海岸から。

030101145939r

030101152141
 岩代駅に戻る途中の小さな跨線橋の上から。

030101153055
 岩代駅で電車を待つ。

030101165420r
 御坊駅(和歌山県御坊市)で電車を乗り換える。駅の端に紀州鉄道のディーゼルカーが停まっている。

030101203352
 天王寺駅(大阪市)。大阪環状線の電車が発車を待つ。

030101210419
 大阪駅。北陸からの特急「雷鳥」が到着。

030101220846
 発車を待つシュプール号の隣に,EF65が牽く寝台急行「銀河」が入ってきた。

030101221155
 寝台急行「銀河」はビジネス色の強い列車だが,電気機関車が牽くブルートレインとして旅情に溢れている。

030101230828
 午後11時過ぎ,大阪駅のホームに夜行急行「だいせん」が入ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2003年2月 »