カテゴリー「・14 神奈川県横浜市」の227件の記事

2019年2月 3日 (日曜日)

節分祭で賑わう弘明寺商店街 横浜市南区

190203145816edit

節分祭で賑わう弘明寺商店街 横浜市南区


 久しぶりに子安運河沿いを歩いてみようと上大岡から京急線の品川行き普通電車に乗った。たまたま偶然か,乗った場所が悪かったのか,混雑していて座れず……

190203-140151
 このまま横浜駅まで立っていくのはイヤだな……と思ったら,思わず隣の弘明寺駅で下車していた。
 発車して行く電車の後ろのほうの車両はガラガラなので,たまたま乗った場所が悪かったようだ。

 せっかく下車したので,弘明寺観音を参拝し,門前の弘明寺商店街を見て回ろうと思う。

190203-141051
 京急弘明寺駅の西側,弘明寺公園・図書館・駐輪場側に出て,駅北側の踏切を走る電車を撮影する。

190203-141246
 駐輪場の階段を降りる。

190203-141400
 弘明寺駅北側の踏切。やけに人が多い。

190203-141537

190203-141548

190203-141626
 弘明寺駅北側の踏切から六ツ川一丁目の平戸桜木道路へと下る坂道。

 歩行者がとても多く,人波が途切れたこの瞬間を撮るのにだいぶ時間が掛かってしまった。

190203-141829
 食品館あおば弘明寺店。このスーパーマーケットで特売でもやっていて,それで人波ができているのかとも思ったが,違うようだ。

 この時点では,なぜ道路が混雑しているのか理由がわからず,何か集客力のある施設が平戸桜木道路沿いにできたのだろうと思っていた。

 この日は2月3日。世間一般では豆まきや恵方巻で盛り上がっていたようだが,私の頭の中には「節分」という文字は浮かんでこなかった。

190203-141921
 食品館あおば弘明寺店の前から坂の上の京急線踏切を振り返る。

190203-142056

190203-142537
 京急線の踏切に戻る。

 今まで気づかなかったけど,京急線の電車のLED方向幕はデジカメの高速シャッター(この写真は1/640sec)でも文字が途切れない。こりゃすばらしい。

190203-142711
 踏切を弘明寺町側に渡り,六ツ川一丁目側を振り返る。

190203-142722

190203-142827
 弘明寺駅を発車したエアポート急行羽田空港行き。

190203-142840

190203-142901
 弘明寺駅前。

190203-142925
 弘明寺駅前。人通りは多いけど,駅前の商店街は寂しくなってしまったなぁ。

190203-142938

 弘明寺の駅前の写真を撮るためにブラブラしていたら,弘明寺観音への行き方を2度も尋ねられた。それでやっと気づいた。弘明寺観音の節分法会,節分祭で賑わっているのだと……

190203-143019

190203-143123
 駅前と踏切を走る電車が一緒に写った写真を撮ろうと粘ったが,踏切に車が並んでしまったり,人波ができてしまったりして断念。

190203-143553
 弘明寺観音方向へ。

 大阪阿倍野筋1丁目発!!「梅鉢流まみい」に人だかり。たこ焼と今川焼の店だ。

190203-143625
 シャッターが閉じたままの店が多くなっている。

190203-143758

190203-143857
 弘明寺観音の山門の前に続く坂道(弘明寺坂?)。

190203-143928
 京急線の踏切・弘明寺駅前を振り返る。

190203-144022
 弘明寺観音の門前へと続く坂道を下る。

190203-144127

190203-144145
 坂の途中に参拝者用の駐車場がある。山門をくぐらずに,ここや駅の南側から弘明寺観音に向かうと階段を上らずに境内に立てる。

190203-144235
 さらに坂(弘明寺坂)を下る。

190203-144345
 仙台しだれ桜の前から弘明寺坂を見上げる。

190203-144419
 仙台しだれ桜と弘明寺の楓関門。

190203-144528
 弘明寺観音の山門(仁王門)の前の弘明寺商店街。

190203-144540
 弘明寺坂。

190203-144557
 瑞慶山弘明寺の仁王門。両側に金剛力士像(仁王像)が立つ。

190203-144724

190203-144905
 仁王門の「瑞慶山」の扁額。

190203-144922
 仁王像を拝む女の子。

190203-145003
 本堂へ続く石段。

190203-145129
 石段の前の六地蔵。

190203-145323
 節分法会や福豆授与などが行われるので境内は混雑してそう。階段を上って参拝するのはあきらめ,線香の煙を浴びるだけにする。

190203-145409
 仁王門越しに門前の弘明寺商店街(弘明寺かんのん通り商店街)を見る。

190203-145437
 弘明寺商店街(弘明寺かんのん通り商店街)。

190203-145548

190203-145631
 弘明寺商店街の全蓋式アーケードは,仁王門の前から横浜市営地下鉄弘明寺駅まで約300mの長さがある。

190203-145658
 仁王門の前の弘明寺商店街。

190203-145816

190203-145849
 全蓋式アーケードの弘明寺商店街へ。

190203-150011
 人情・下町・門前町(ぐ)ぐみょうじ商店街の横断幕。

190203-150027
 市営地下鉄弘明寺駅まで商店街を縦断しようと思うが,ちょっとためらうほどの混雑だ。

190203-150427
 弘明寺観音を振り返る。京急線の弘明寺駅に戻るにしても混雑しているわけだし,あきらめて市営地下鉄の弘明寺駅を目指す。

190203-150454
 先着○○○名に無料配布する福豆は既に予定数を超えているので,これから並んでももらえない旨の商店街のアナウンスが繰り返されている。商店街でも「節分祭」の行事が行われており,それが混雑を生んでいるらしい。

 節分に気づかずに外出してきて,人混みが苦手なのに,うっかり人混みに紛れ込んでしまったようだ。

190203-150517
 弘明寺商店街。

190203-150658
 弘明寺かんのん通り商店街。漬物がたまらなく美味そう。

190203-150751
 弘明寺商店街を東へ。

190203-150859
 肩車。福島の田舎では肩車ではなく「てんぐるま」と呼んでいた。

190203-150913

190203-151005
 大岡川に架かる観音橋。橋の上では福豆袋の配布が行われている。

190203-151058
 観音橋。

190203-151142
 弘明寺商店街をさらに東へ。

190203-151214
 ジャーマン・ベーカリー「ふくや」。喫茶店である。

190203-151231
 観音橋東側の四ツ辻。

190203-151314
 大橋町三丁目・中島町四丁目。

190203-151454
 弘明寺商店街の全蓋式アーケードを振り返る。

190203-151602

190203-151816
 鮮魚の作清商店。向かいにあったピアゴ弘明寺店(元はユニー弘明寺店で旧「ほていや」)は一昨年2017年10月に閉店し,現在は「クレヴィア横濱弘明寺」の建築工事が始まっている。

190203-152034
 アーケードに戻る。

190203-152050
 濱田屋。

190203-152135
 不二家。店頭には二人のペコちゃん。

190203-152159
 細井靴店。

190203-152250
 不二家。ペコちゃんが3人に増えた。

190203-152310
 弘明寺かんのん通り商店街を東へ。

190203-152337

190203-152429
 大岡二丁目の路地。

190203-152446
 弘明寺商店街の全蓋式アーケードの東端。

190203-152517
 商店街の西側を振り返る。

190203-152530
 丁字路。

190203-152634
 丁字路。

190203-152702
 中島町四丁目と通町四丁目。

190203-152819
 もつ焼・立呑み「あんぴん」とうどんの伊之助。

190203-152918
 担々麺「まえたん」とジンギスカン焼「大衆焼肉」。

190203-153111
 アーケード商店街に戻る。

190203-153157
 店頭に美味そうな日本酒・焼酎が並ぶ「ほまれや酒舗」。

190203-153232
 弘明寺商店街の全蓋式アーケードを抜けると鎌倉街道の弘明寺交差点。交差点の向かい側には横浜国大附属横浜中がある。ここは元横浜国大の工学部。

190203-153303
 鎌倉街道の弘明寺交差点から弘明寺商店街の全蓋式アーケードを見る。

190203-153336
 弘明寺商店街の入口にある観音最中の盛光堂総本舗。

190203-153522
 デジタルサイネージ付きの空き缶回収箱。

── Panasonic LUMIX DMC-GM5 with LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

節分祭の弘明寺商店街

【関連記事】
2006年9月23日 (土曜日):弘明寺かんのん通り商店街
2008年1月27日 (日曜日):弘明寺「かんのん通り」商店街を歩く
2008年12月 7日 (日曜日):人情! 下町! 門前町! ぐみょうじ商店街
2010年3月10日 (水曜日):京急弘明寺の弘明寺じゃないほう
2011年4月 5日 (火曜日):華やぐ苗字 弘明寺かんのん通り
2012年4月 7日 (土曜日):さくらの街 ぐみょうじ観音通り 桜まつり
2012年11月25日 (日曜日):ニックネーム使わないの? 横浜市南区六ツ川
2017年2月25日 (土曜日):横浜弘明寺商店街で野暮用を思い出す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日曜日)

平成最後の年末 忙しく過ぎた 磯子区杉田

181230161626edit_tonemappededit

平成最後の年末 忙しく過ぎた 磯子区杉田


 昨日,上大岡のヨドバシカメラで取り寄せを頼んだデジカメのバッテリーがさっそく届いたので受け取った後,そのまま京急線の電車に乗り込む。

181230-150647
 杉田駅で下車。2018年の最後は横浜市磯子区杉田の商店街を歩く。

181230-150855
 杉田駅東口に隣接する商業施設「プララ杉田」側に出る。プララ杉田の『ほろ酔い小路』を素通りし……

181230-150925
 プララ杉田の中央の吹き抜け「パティオ広場」。プララ杉田には核店舗として東急ストアが入っている。

181230-151034
 プララ杉田の「ふるほん村」。

181230-151137
 プララ杉田入口の門松。

181230-151303
 プララ杉田の東側の入口。

181230-151324
 プララ杉田横のタクシーのりば。奥にバスのりばがある。このプララ杉田東側の町並みは10年前から一変している。

181230-151409
 プララ杉田入口前の交差点。

181230-151611
 プララ杉田入口前の交差点から京急線の踏切方向を見る。午後3時を過ぎ。この季節は日の傾くのが早く,長い影が伸びている。

181230-151727
 京急の杉田駅と国道16号線(横須賀街道)聖天橋交差点・JR根岸線新杉田駅を結ぶ杉田商店街「ぷらむろーど杉田」。

181230-151806

181230-151859
 横浜市営バス10系統の「峰の郷」行きには小型バスが使われている。ノンステップの日野ポンチョかな。

181230-151951
 ぷらむろーど杉田商店街を東へ。

181230-152020
 ぷらむろーど杉田商店街を東へ。

181230-152124

181230-152151
 ぷらむろーど杉田の商店街事務所。

 ちなみに,杉田にはかつて「杉田梅林」という梅の名所があったことから,「梅:プラム+ロード」で「ぷらむろーど杉田」という名称になっているのは良く知られているが,字面から「ぷろむなーど」と勘違いしている人が多く,Googleで検索すると「ぷろむなーど」という間違いが多く見られる。

181230-152249
 京急の杉田駅方向を振り返る。西日がまぶしい。

181230-152352

181230-152443
 大衆酒場「和来」とコッペパン専門店。

181230-152519
 日高屋と「まいばすけっと」の間に居酒屋「くしまる」の看板がある。以前は「杉田商店街仲通り」と書かれた商店街アーチになっていたが,現在は撤去されている。

181230-152610
 杉田商店街仲通りへ。居酒屋「くしまる」がある。

181230-152638
 ぷらむろーど杉田を振り返る。

181230-152712
 野本園茶舗と三崎まぐろの田中商店。

181230-152852
 杉田一丁目と杉田四丁目の三叉路。右が杉田一丁目,左が杉田四丁目。

181230-153211
 機械式カメラ修理専門店「横浜カメラサービス」(ビューティーサロンの2階にある)の前から三叉路を見る。

181230-153427
 ぷらむろーど杉田商店街に戻り,激安ショップ「丸十」杉田本店の前へ。店員さんの声が元気で,買い物客がいっぱいだ。

181230-153504
 激安ショップ「丸十」。野菜と果物の値段に詳しいわけじゃないけど,近所のイトーヨーカドーに比べるとずいぶん安い。みかんは半額ぐらいだと思う。

181230-153603
 コッペパン専門店「盛岡製パン」の前からぷらむろーど杉田商店街の東側を見る。残念ながら盛岡製パンは休みだった。

181230-153656
 盛岡製パンの前から西側を振り返る。

181230-153803
 盛岡製パンの横の路地を入り,西側の京急杉田駅・プララ杉田方向を見る。古い住宅地が取り壊された跡地が更地のまま残っている。

181230-153852
 盛岡製パン横の路地を戻る。

181230-153932
 3枚前の写真とほぼ同じ構図だ。わずか2〜3分時間が経っただけで,影が1メートルぐらい動いている。

 歩行者がアップで写らないように,人並みが途切れた瞬間を狙ってシャッターを切っているが,これだけ太陽と影の動きが速いと,一瞬のシャッターチャンスを逃すと二度と同じ写真は撮れないことになる。誰にでも撮れそうな気楽なスナップ写真ではあるが,それなりに苦労して撮っていたりする。

181230-154014
 ぷらむろーど杉田商店街を東へ。

181230-154036

181230-154112
 Ties florist の前から西側を振り返る。

 せっかく面白い角度の太陽光が射し込んでいるので,日没前に聖天橋センターを撮りたい……

181230-154140
 立ち飲み処「五郎ちゃん」とTiesフローリストの間に路地がある。ただし行き止まり。磯子区にはドンツキの路地が多い。

 立ち飲み処「五郎ちゃん」は,確か上大岡にも店がある(キャバレーロンドンの跡地なので覚えている)。

181230-154154
 年末年始の休みに入っている店も多いが,ぷらむろーど杉田商店街は買い物客で賑わっている。

181230-154212
 ぷらむろーど杉田商店街を東へ。

181230-154329
 和菓子の「菓子一」の前。店頭に切り餅,鏡餅が並んでいる。

181230-154418

181230-154544
 奥に国道16号線(横須賀街道)の聖天橋交差点が見えてきた。写真右が聖天橋センター。

181230-154611
 柳屋杉田店の前の三叉路。

181230-154638

181230-154757
 聖天橋センターが2棟並んでいる。

181230-154912
 聖天橋センターの洋傘・婦人服「ふるふるササキ」。

181230-155138
 聖天橋センターの「まるや」の前から西側を振り返る。

 残念。急いだつもりだったが,途中で何枚も写真を撮っていたため日が傾き,聖天橋センターの前へは日差しが届かなくなってしまった。

181230-155147
 聖天橋センターの前から聖天橋交差点方向を見る。

181230-155223
 聖天橋センターの東側の一棟。以前は横の路地を入ったところに釣り餌の青イソメの自販機があったが,撤去されている。

181230-155236

181230-155434
 聖天橋センターの角に「BO|OKS」のレリーフがある静樹堂。

181230-155451

181230-155551
 静樹堂の横の路地。

181230-155628
 静樹堂の横の路地の入口からぷらむろーど杉田商店街を見る。

181230-155706
 静樹堂の横の路地を入る。

181230-155756
 愛知屋酒店。愛知といえば岡崎の八丁味噌や半田の食酢など醸造が盛んな土地。「酒店といえば三河屋」に通じる店名だ。

181230-155846
 以前は昼間から賑わう飲み屋だったところだが,店じまいしてしまったようだ。

181230-155918
 明治時代の地形図を見ると,この愛知屋酒店の前の道が金沢道(程ヶ谷宿から六浦に至る古道)から杉田の集落に続いていた道だったことがわかる。現在の「ぷらむろーど」のところは小さな川(聖天川?)になっており,その川に架かる橋が「聖天橋」だった。

 ぷらむろーど杉田商店街に暗渠の痕跡が見当たらないことから,聖天橋センターの下に川が流れているのではないかと私は考えている。

181230-155951
 国道16号線(横須賀街道)の聖天橋交差点。そびえ立つのは根岸線新杉田駅前の「らびすた新杉田」と住居棟のヨコハマ・シーナリータワー。地上30階建ての再開発ビルである。

181230-160147
 聖天橋交差点。

181230-160247
 聖天橋交差点から見た聖天橋センターとぷらむろーど杉田商店街。

181230-160353
 ここまできたら「バーグ」のがっつり系のスタミナカレーを食いたいと思い,らびすた新杉田のエスカレーターに乗って2階へ。

181230-160406
 らびすた新杉田。

181230-160505
 らびすた新杉田の2階……あれ?

181230-160544
 残念無念。スタミナカレーの店「バーグ」は年末年始休みだ。

 スタミナカレーが食えないとなると,逆に無性に食いたくなる。

181230-160616
 らびすた新杉田の2階から「すき家」が見えた。すき家ならスタミナカレーっぽいものが食えるじゃないか……

181230-160918
 聖天橋交差点に戻る。

181230-161157
 日没前に聖天橋センターの写真をもう少し撮っておく。

 この位置での写真は,聖天橋交差点の歩行者用信号機が青になると歩行者がいっぱいになって写真が撮れず,信号機が赤になると数少ないながらも「ぷらむろーど」を走ってくる車が信号機で停まってしまうので,なかなか写真が撮りにくい。

181230-161428

181230-161549
 聖天橋交差点を振り返る。

181230-161632

181230-162442
 すき家の牛あいがけカレー。バーグのスタミナカレーに少しでも近いメニューにしてみた。バーグのねっとりとしたカレーとは違って,シャバシャバ系……

181230-164155
 東漸寺。

181230-164619
 プララ杉田の東側の一郭。住宅地だったところにレンタルのトランクルームが並んでいる。

181230-164802
 プララ杉田の東側の一郭。

181230-164851
 ヨコハマ・シーナリータワーだけがひときわ高くそびえる。

181230-165446
 プララ杉田へ。これが2018年の撮りおさめ。

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or RICOH GR

杉田ぷらむろーど商店街

【関連記事】
2006年12月10日 (日曜日):ぷらむろーど杉田商店街を歩く
2009年6月27日 (土曜日):ぷらむろーど杉田商店街 - 再訪
2011年4月19日 (火曜日):行き過ぎた自粛は顰蹙 杉田商店街 聖天橋センター

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土曜日)

火事があったばかりの上大岡中央商店街

181229153922edit

火事があったばかりの上大岡中央商店街


 2018年もとうとう残り3日。せっかくの正月休みだが体調がいまいちなので,帰省したり放浪の旅に出るのはあきらめ,午後から上大岡まで年末の買物に出かけた。

181229-140315
 横浜市営地下鉄の上永谷駅へ。日差しが強めで少しポカポカする感じ。

181229-151648
 京急百貨店のヨドバシカメラで各社のデジカメやレンズをいじくり回した後で,外を見る。
 眼下に見える上大岡中央商店街のアーケード「パサージュ上大岡」の中央付近が12月15日の火事の現場。店舗が密集している中,大火にならなくて良かった……

 実はSONYのレンズ FE 24mm F1.4 GM が欲しくてたまらない。解像力重視時代になって巨大なレンズが増えている中,質量約450gで小型軽量。とはいえ,20万円弱の単焦点レンズを気楽には買えない。

 20万円を出すなら,またマウントを増やすことになるけど,富士フイルムのXF10-24mmF4 レンズにも魅力を感じる。ボディをX-T20にすれば20万円でおつりがくる。
 が,X-T20を手にすると,シャッターボタンを押す人差し指の先にシャッター速度ダイヤルが干渉する。がっかり。X-T3やX-T2ならまったく問題ないが,ボディの大きさがα7R IIIと同じぐらいになってしまっては面白くない。

 ニコンとキヤノンのミラーレス,Z6/Z7とEOS Rは,やっぱり防塵防滴が魅力的だ(α7R IIIは「防塵・防滴に配慮した設計」)。EVFもすばらしい。ただ,撮影可能枚数(バッテリー寿命)がまだまだソニーに追いついていないのが残念。

181229-152506
 ウイング上大岡の吹き抜けにあるブランコに乗った奈良美智の作品。

181229-152549
 釣りをしている男の子もいる。

181229-152755
 上大岡駅前の鎌倉街道に出る。

181229-152811
 京急百貨店の前でしめ縄などを売る出店。

181229-153006
 ウィング上大岡・京急百貨店の前には門松が置かれ,年神を迎える準備が整っている。

181229-153040
 上大岡中央商店街「パサージュ上大岡」の全蓋式アーケードと上大岡ショッピングゾーン「camio(カミオ)」。

181229-153100

181229-153227
 上大岡中央商店街「パサージュ上大岡」の前からウイング上大岡を振り返る。

181229-153328
 上大岡中央商店街「パサージュ上大岡」の全蓋式アーケード。

181229-153403
 レンタルDVD/CDの「TSUTAYA」。どこへ行っても店舗を見かけるけど,いまどきのネット時代によく商売が成り立ってるな,という印象。

181229-153429

181229-153529
 12月15日に火事になった一郭。居酒屋「米どころ」から出火した模様。営業中の出火にもかかわらず人的被害がなかったのは不幸中の幸いか。シャッターが閉まっていて,一見すると全焼していないようにも見えるのは,消火活動が適切だったためだろう。

181229-153555

181229-153655

181229-153750
 上大岡中央商店街「パサージュ上大岡」。

181229-153914

181229-153922

181229-153944
 パサージュ上大岡の西端を見る。

181229-154031
 居酒屋「米どころ」の横を入る。

181229-154045
 富士ショッピングセンター裏側の入口。

181229-154134

181229-154159
 いつも撮るいつものスナック街。

181229-154307

181229-154352

181229-154459
 さかえ通り(旧鎌倉街道)に出る。ディスカウントストア「ダイクマ」があったところである。♫ダイナミック・ダイクマ〜

181229-154535
 上大岡タンタンの並び。

181229-154615
 種・金物「益田商店」。

181229-154740
 中華「味楽」に行列ができていないので,久しぶりに入ろうかと思ったが,チラッと見たらカウンターが埋まってた。

181229-154838
 味楽がダメなら津久志亭へ……と思ったら準備中だった。

181229-155221
 さかえ通りを引き返す。

181229-155247
 三崎漁港・松輪漁港の提灯がいざなう太郎丸。

181229-155526
 大岡川に架かる久保橋。

181229-155619
 久保橋から大岡川の上流側を見る。空にはドラマチックな夕焼けが見られそうな雲。期待して待つと,色づく前に太陽が隠れてしまう可能性も高そうな雲行きである。

181229-155740
 大久保一丁目。

181229-155917
 大岡川に架かる久保橋。奥に見えるのはカミオ高層階の横浜ヘリオスタワー。

181229-160151
 久保橋からパサージュ上大岡のアーケードを見る。

181229-162119
 久保橋。

181229-162434
 上大岡中央商店街「パサージュ上大岡」の門松。

181229-162511
 火災現場の貼り紙を見る人たち。

181229-162723

181229-162758
 上大岡中央商店街「パサージュ上大岡」のアーケードの東端からウイング上大岡「上大岡駅」を見る。

181229-163817
 カミオの地下,京急百貨店スポーツ館と横浜市営地下鉄上大岡駅を結ぶ“とても短い”エスカレーター。

181229-163838
 川崎モアーズにあるエスカレーターが“世界一短いエスカレーター”として有名だが,ここのエスカレーターはそれよりも1段程度長い。しかし,川崎モアーズのは下りしかないが,こちらは上下セットである。
 そういえば,京急川崎駅にも短いエスカレーターがあったはず。京急関係者に短いエスカレーター好きがいるのかな……

 さて,「リオ」でカレーでも食ってから帰ろうかな。

181229-165323
 横浜市営地下鉄上永谷駅に到着。

181229-170250
 上永谷駅前。

181229-170524
 上永谷駅前のバスターミナル。日中はぽかぽか陽気だったが,日没後は急に冷たい風が吹き始めた。

181229-135203
 駅前のイトーヨーカドーで買物をして帰る。

── RICOH GR or Apple iPhone 7

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日曜日)

高架化された相鉄星川駅を見に行く

181209155903edit

高架化された相鉄星川駅を見に行く


 相模鉄道本線の星川駅〜天王町駅の連続立体交差事業が始まってから約16年,11月24日に残っていた上り線が高架化し,上下線とも高架への切り替えが完了したという。

 せっかくの機会なので,高架化が完了したばかりの星川駅を見に行く。

181209-155758
 西谷駅から横浜行きの各停に乗り,星川駅で下車する。

181209-155903
 星川駅の上りホームの端から天王町駅方を見る。高架になったばかりの上り線はコンクリートが新しい。

 遠くに横浜ビジネスパークのビル群が見える。横浜ビジネスパークは星川駅と天王町駅の中間付近,神戸町に位置する日本硝子のビール瓶工場跡地である。

 星川の北東側にあった富士紡績の工場跡地は保土ケ谷区役所や保土ケ谷警察署,保土ヶ谷郵便局,保土ケ谷消防署などが集まり,保土ケ谷区の行政の要となっている。

181209-160007
 星川駅のホームは2面4線。外側の2線が待避線となっていて,各停が特急や急行の通過待ちをする。

181209-160213

181209-160236

 ホームを降りて,星川駅のコンコースがどのように変わったのかを見てみよう。

181209-160255
 階段を降りる。右側通行とは珍しい……

181209-160319
 あれれっ,高架化は完了したが,駅は未完成だ。

181209-160331
 改札口まで延々と仮設通路を歩くようになっている。

181209-160450
 北出口と南出口に分かれている。フェンスの奥は南北の自由通路。

181209-160522
 南出口へ。フェンスの向こう側が南北自由通路。

 新しい星川駅で下車してみようと思っていたが,まだ仮設駅とわかると躊躇する。

181209-160558
 星川駅南口,星川SFビル星川クイントの横。

181209-160724
 下り線のホームを見たら,下車せずにそのまま帰ることにする。

181209-160758

181209-160852
 星川駅の下りホーム。次の電車は湘南台行きの各停。

181209-161020
 星川駅のホームに湘南台行きの各停が入ってきた。

181209-164805
 湘南台駅の箱根そばで天ぷらそばを食う。

181209-165623
 湘南台から横浜市営地下鉄ブルーラインの快速に乗る。いつもは快速には乗らないが,始発の湘南台からならガラガラなので乗らない理由はない。

181209-171842
 あっという間に上永谷駅に到着。湘南台から上永谷まで,快速が通過する駅は2駅しかないから,所要時間は各停とほとんど変わらないはずだが,なんとなくあっという間に到着した気分になる。

── RICOH GR or Apple iPhone 7

【関連記事】
2012年3月 4日 (日曜日):干鰯分けて何してんの有頂天で…星川
(三日画師のかすかだり2011年12月12日):相鉄線星川駅の立体交差工事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほっとひと息 西谷商店街 横浜保土ケ谷区

181209144641edit

ほっとひと息 西谷商店街 横浜保土ケ谷区


181209-141244
 相鉄いずみ野線ゆめが丘駅から横浜行きの各停に乗り,西谷駅(横浜市保土ケ谷区)で下車する。
 西谷駅は相模鉄道本線の駅で,各駅停車しか停車しないが2面4線のホームがあり,急行や快速の通過待ちをするようになっていた。現在は相鉄・JR直通線(神奈川東部方面線)が西谷駅から分岐するため,両端のホームが閉鎖されている。

181209-141318
 西谷駅ホームの鶴ヶ峰・二俣川方面を見る。上部を東海道新幹線が横切っている。2面4線のホームのうち,両側の1番線と4番線に工事用の仮囲いが設置されている。この仮囲いは12月末までの設置予定と書かれている。

181209-141336
 上り線(4番線)の仮囲いの中を覗いてみる。新しい線路が敷かれている。

181209-141345
 上り線(4番線)の仮囲いから線路を覗く。待避線だった線路は,相鉄本線から分岐して相鉄・JR直通線に入る線路となる。

181209-141543
 西谷駅の改札口を出て,橋上駅舎から工事中の上り線(4番線)を見ると,相鉄・JR直通線のトンネルが見える。上星川・横浜駅方には分岐ポイントは設置されておらず,西谷駅4番線は相鉄・JR直通線専用になりそうだ。

181209-141635

181209-141723
 券売機のところで背中のリュックサックをおろし,α7R IIIを取り出す。

 券売機のすぐ横はリュックやカメラを置くスペースが狭くて危険なので,ちょっと広くなっている窓口のところを使わせてもらった。「ご用の方はこのボタンを押して下さい」と書かれているので,リュックを置いたぐらいで駅員さんが出てくることはないと思ったが,気の利く駅員さんが気づいて「どうかしましたか?」と声を掛けてくれた。

 駅でリュックからカメラを取り出すときには,リュックを置くスペースがなくて困ってしまうことが多い。それほどの重さではないので,置くスペースがない場合はリュックを前後逆に胸の前に掛けてカメラを出し入れすることになるわけだが,ちょっとした物置台があると便利だよね。

181209-141909
 まずは西谷駅のメインとなる南口側に出る。どんよりとした曇り空だ。

181209-142036
 西谷駅の東側にあった立呑酒場ニューボンボンが駅前に移動している。その奥には立呑酒場「一番」がある。

181209-142110
 SNACK「アムール」の前から西谷駅南口を見る。西谷駅の南口・北口,どちらにも駅前広場はない。

181209-142228
 まずは旧八王子街道(神奈川往還・浜街道・絹の道)へ出るために,すし「蛇の目」の前の坂を下る。

181209-142419
 旧八王子街道に出る。さらに横浜水道道,帷子川に向かって下り坂になっていて,その先に急な段丘崖がある。旧八王子街道とそれに沿った西谷町は帷子川の河岸段丘の段丘面形成していることがわかる。

181209-142527
 西谷町の旧八王子街道。西谷商店街となっていて,大六天通りとも呼ばれる。
 国道16号線の梅の木交差点の北東に大六天団地があり,その中央に大六天稲荷社がある(ちょうどその地下では相鉄・JR直通線の工事が行われている)。

 ひょっとしたら大六天稲荷社が西谷町の形成に影響しているのかと思い,「今昔マップ on the web」を調べたが,よくわからなかった。むしろ,西隣にある西谷富士と富士山神社のほうが気になる。

 また,現在の西谷町の町域が都筑郡西谷村にあるのは当然として,西谷村の元になった上星川村と川島村のうち上星川村に西谷町の町域が存在していて,しかも上星川村にある上星川上と上星川下という二つの集落の上星川上が西谷町の町域だということに驚いてしまった。
 なぜなら,現在の保土ケ谷区西谷町の東は東川島町,南は川島町,西は旭区西川島町,北は旭区川島町と,川島町に囲まれていて,上星川は東川島町のさらに東に存在するからである。

 上星川村と川島村が合併してできた都筑郡西谷村が,その後は東側が横浜市保土ケ谷区,西側が横浜市旭区に分かれたように,地名の変遷もかなり複雑なようだ。

 ちなみに,明治時代の上星川が現在の西谷駅近くなのに対して,下星川は現在の星川駅(神中鉄道時代の北程ヶ谷駅)付近にあった。神中鉄道の星川駅は現在の上星川駅であり,星川駅と西谷駅の間には新川島駅があった。やっぱり複雑だ。

181209-142631
 西谷商店街(大六天通り)のビューティサロン「麿樹」の並び。

181209-142728
 生そば「上田屋」。

181209-142740
 大六天通りの西谷商店街を東へ。揚物「ことぶきや」。

181209-142852
 ほっとひと息,西谷商店街。八王子往還の上星川上だった頃からのメインストリートである。

181209-142920
 西谷駅南口に続く細い路地。Roast Cafe(ローストカフェ)がある。

181209-142936
 桜井商店の前から西谷商店街を見る。

181209-142957
 居酒屋「寿」の横から西谷駅南口方向に抜けられる。

181209-143014
 居酒屋「寿」の横を入るとスナック「あけみ」,ビストロ「龍庵」,酒処「一献」が並ぶ小さな飲食店街になっている。

181209-143126
 西谷商店街を東へ。

181209-143200
 長谷川茶舗の前から西谷商店街の東側を見る。

181209-143232

181209-143257
 西谷商店街の西側を振り返る。

181209-143318
 西谷商店街(大六天通り)を東へ。スーパーマーケット「マルエツ」の広告塔が見えてきた。西谷商店街の中核となるスーパーである。

181209-143333
 西谷商店街の北側に体育館のように大きな横浜市西谷地区センターがある。

181209-143421
 西側を振り返る。

181209-143457
 西谷商店街(大六天通り)を東へ。商店の数はずいぶん少なくなっているが,「ほっとひと息 西谷商店会」のバナー(垂れ幕)が“商店街感”を醸している。

181209-143538
 本日の定食「チキン南蛮定食」,「かにごはん」……準備中,の看板にガッカリしながら西谷商店街を東へ歩く。

181209-143620
 マルエツ西谷店。

181209-143644
 マルエツ西谷店の前から西谷商店街の西側を振り返る。

181209-143701
 マルエツ西谷店の正面で果物店が営業中。

181209-143740
 マルエツ西谷店。100円ショップのダイソーも入っている。

181209-143814

181209-143854
 マルエツ西谷店の東側に三叉路がある。旧八王子往還から鴨居・中原街道佐江戸に続く道(神奈川県道109号青砥上星川線)が分岐している。

181209-144050
 三叉路のからあげ専門店「大ちゃん」。

181209-144108
 エコハウス西谷「川戸電機西谷店」。その隣はパンテオン西谷。

181209-144212
 三叉路から西谷商店街の西側を見る。

181209-144308
 梅ノ木マーケットのシャッターが閉じている。日曜日が定休日なのか,それとも店じまいしてしまったのだろうか。10年前はまだまだ元気だったので,単に定休日だと思いたいところだが……

181209-144411
 梅ノ木マーケット。テントは健在だが,日曜祝日定休という貼り紙もないし,店じまいしてしまった可能性が高そうだ。残念。

181209-144519
 大六天通り東側の西谷商店街から三叉路を振り返る。

181209-144917
 魚英。

181209-145042
 西谷商店街(大六天通り)を東へ。

181209-145141
 帷子川の河岸段丘から帷子川の支流富田川に架かる橋まで真っ直ぐに下っており,その先に相鉄本線の踏切(たぶん上星川6号踏切)がある。ちょうど電車が踏切を通過している。かつて,その踏切の横には神中鉄道新川島駅があった。

181209145322
 横浜西谷郵便局。郵便局の手前に細い路地は八王子往還の(たぶん)古道であり,西谷駅付近の上星川上集落と対をなす上星川下集落がその古道沿いに形成されていた。

181209-145350
 横浜西谷郵便局。

181209-145437
 横浜西谷郵便局の前から踏切を行く相鉄線の電車を見る。踏切のあたりが西谷商店街の東端であり,新川島駅(1944年休止1960年廃止)が健在ならばそこまで歩いてみたいところだ。次の上星川駅まではだいぶあるので,このあたりで引き返すことにする。

181209-145446
 なだらかな坂を登る。

181209-145727
 西谷商店街を西へ。魚英の前。

181209-145832
 三叉路にあるシューズタカツカの前から相模鉄道本線の踏切(上星川7号踏切)を見る。

181209-145850
 三叉路から西谷商店街の西側(大六天通り)を見る。

181209-145915
 三叉路から国道16号線(現八王子街道)の梅の木交差点方向へ。横浜銀行西谷支店がある。

181209-145932
 三叉路を振り返る。

181209-150211
 相模鉄道本線の上星川7号踏切。

181209-150356
 相模鉄道本線の上星川7号踏切の横に西谷駅方向への細い歩行者用通路が整備されている。相鉄・JR直通線工事のため,上星川7号踏切は夜間全面車両通行止めとなる。

181209-150423
 上星川・横浜方。保土ヶ谷消防署西谷消防出張所の火の見櫓……というより,訓練塔かな。

181209-150459
 西谷・二俣川方。跨線橋が見える。あの上からなら工事の様子がよく見えそうだ。

181209-150521
 国道16号線(現在の八王子街道)に出る。

181209-150606
 国道16号線の梅の木交差点。県道109号青砥上星川線はここから北に延びる。

181209-150647
 西谷ほうさい殿の前の梅の木バス停。

181209-150843
 マルエツ西谷店の横に抜ける路地。上星川8号踏切がある。

181209-151013
 ありゃりゃ,破風が特徴的なビルを建てたら,隣にビタ付けでビルが建ってしまったの図。

181209-151210
 西谷駅東側交差点。ここの交差点から相模鉄道本線側に降りると跨線橋があるのだが,一旦西谷駅のほうを回ってから跨線橋に上ろうと思い,速攻で失念してしまった。痴呆症の疑いありだな……

181209-151838
 国道16号線にある西谷駅前バス停。バス停に停車するバスを撮ろうと,なかなか来ないバスをしばらく待った。やっと来たと思ったら,複数台が団子状態になってて,思ったような写真にならなかった。
 せっかくだからもう少し待とうかとも思ったが,せっかく東海道新幹線の電車も写っているので(目立たないけど),これで良しとする。

181209-152017
 西谷町第一歩道橋。

181209-152053
 西谷駅への入口の前から西谷駅前バス停を振り返る。その奥の小高い丘の頂上に西谷富士と富士山神社がある。

181209-152121
 西谷駅を示す矢印。

181209-152143
 階段のある細い路地の先に西谷駅北口がある。北口側にも駅前広場はない。

181209-152211
 東海道新幹線の高架下をぐるりと廻る。

181209-152232
 東海道新幹線の高架下が駐輪場になっている。

181209-152434

181209-152534
 西谷駅北口の階段。西谷駅北口にはスペースがないので,狭い階段とエレベーターとエスカレーターが少し離れた場所に設置されている。

181209-152618
 西谷駅北口の真ん中にはエレベーターだけがある。

181209-152651
 西谷駅北口のエレベーターの前から相鉄・JR直通線の工事の様子を見る。仮囲いの中のホームがまだ未完成だ。今月末までに工事が終わるのだろうか?

(12月15日追記:上下線ホームの仮囲い設置期間は,12月末から2019年4月末に延期になったらしい)

181209-152707
 西谷駅北口前から国道16号線に続く路地。昼飯を食べていないので,セブンイレブンでパンと牛乳を買い込み,西谷駅のホームの端ででも食べようと思う。

181209-153247
 西谷駅北口のエスカレーター。
 跨線橋から工事の状況を見ようと思っていたのに,パンをどこで食べようかと思い始めたら,すっかり工事のことを忘れてしまった。

181209-153608
 西谷駅の上り線ホームへ。

181209-153957
 電車はほぼ10分間隔で,発車までまだ5分もあるのに,ホームはパンを食べるような雰囲気ではない。

181209-154032
 横浜行きの各停がホームに入ってきたが,一本見送って,誰もいなくなったホームのベンチでパンを食べようと思う。

181209-154141
 ベンチに座り,電車を見送る。

181209-154205
 自分以外は誰もいないホームでパンをかじる。

181209-154749
 西谷駅の上り線ホームに降りたのは,この後,11月24日に上下線とも高架化が完了したばかりの星川駅に行ってみようと思っているため。新しい星川駅はどんなふうになったのだろう。楽しみだ……

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or RICOH GR or Apple iPhone 7

西谷駅周辺(大六天通り)

【関連記事】
2008年10月18日 (土曜日):相模鉄道西谷駅 西谷商店街
2017年8月27日 (日曜日):フェスティバル in 西谷 2017 西谷商店街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうにゃんだい発 ゆめが丘行き

181209132628

そうにゃんだい発 ゆめが丘行き


 そうにゃんだい駅で横浜市営地下鉄から相鉄いずみ野線に乗り換え。

 相鉄本線西谷駅とJR東海道貨物線を結ぶ相鉄・JR直通線(神奈川東部方面線)の工事が進み,工事のために閉鎖されていた待避線(1番線と4番線)ホームの仮囲いが12月末に撤去され,元の2面4線ホームに戻るらしい。

 2019年度(平成31年度)の相鉄・JR直通線,2022年度の相鉄・東急直通線開通によって,相鉄線西谷駅はその位置づけが大きく変わることになる。街も変貌することになるだろう。

 というわけで,2018年末の西谷の街の姿を撮りに行く。昨年の8月に見に行ったときには商店街がお祭りで賑わっていて撮影を断念したので,そのリベンジとなる。

181209-133027
 そうにゃんだい駅のホームへ。駅名は「そうにゃんだい」のはずだが,間違って「湘南台」と書かれている。

181209-133754
 快速の横浜行きに乗る。車窓に横浜市泉区の緑豊かな風景が広がる。

 西谷駅に快速は停車しないので,どこかで各停に乗り換えなければならない。二俣川駅かな,鶴ヶ峰駅かな。
 快速といっても二俣川駅までは各駅に停車するし,二俣川でしばらく停車して特急や急行を待ち合わせる。たぶんどの駅で乗り換えても「そうにゃんだい駅」を10分後に発車する後続の各停に乗ることになりそうだ。

181209-133843
 どうせどの駅で下車しても同じなら……と,隣の「ゆめが丘」駅で下車。アーチ状の鉄骨で組まれたホーム上屋が特徴的で,一度下車したいと思っていた駅だ。

 わずか200m程度のところに横浜市営地下鉄ブルーラインの「下飯田駅」がある。相鉄いずみ野線開業前はどちらも同じ「下飯田」駅と呼ばれていたが,開業にあわせてキラキラネームとなった。

 横浜市営地下鉄ブルーラインの戸塚駅〜湘南台駅の延伸も相鉄いずみ野線と同じ1999年だが,横浜市営地下鉄の駅名はとても堅実だ。湘南台〜下飯田〜立場〜中田〜踊場〜戸塚〜舞岡〜下永谷〜上永谷……とローマ字表記だと「a」で終わる駅が並ぶ。

 駅周辺の土地区画整理事業の名称も「いずみ田園第一地区」から,近年になって「泉ゆめが丘」と変更されているので,土地区画整理事業が完了後の住居表示で地名も下飯田町から変更されるかもしれない。

181209-133859
 乗ってきた電車が走り去ると同時に「そうにゃんだい駅」行きの下り電車がホームに入ってきた。

 それにしても美しい駅だね。

181209-133954
 そうにゃんだい駅に向かって電車が走り去る。写真右奥に見えるのが藤沢市湘南台の街並み。

Photo
泉ゆめが丘土地区画整理組合のサイトより

 ゆめが丘駅の周辺は「泉ゆめが丘地区土地区画整理事業」の事業エリアとなっており,横浜市営地下鉄ブルーラインの下飯田駅周辺と一体となった横浜市の都市開発が計画されている。

181209-134043
 ゆめが丘駅のホームから南西側を見る。このエリアは住宅地区となっている。

181209-134047
 ゆめが丘駅のホームから西側を見る。白っぽい築造物は調整池。このあたりは複合利用地区で,公園なども整備されるらしい。

181209-134052
 ゆめが丘駅のホームから北(北西)側を見る。このあたりも複合利用地区。既に住宅が建っているところは事業エリアには含まれない。

181209-134059
 アーチ構造が美しい。軽め穴が美しさを引き立てている。

181209-134111
 ゆめが丘駅のホームから北東側を見る。ここはセンター地区で,駅前拠点にふさわしい商業施設と集合住宅の形成を図る地区となっている。

 写真右奥,遠くに見える高層ビルはどこだろう。

Photo
 写真を拡大してみると,一番高いビルは横浜ランドマークタワーの上部の1/3ぐらいが見えているらしいとわかる。下部の2/3は泉区と戸塚区の境にある標高5〜60mぐらいの丘に隠れているのだ。

 しかし,その横に並ぶ幅の広いビルがわからない。横浜ランドマークタワーより少し低いだけで,太さが2倍以上あるビルなど横浜みなとみらいには存在しない。
 しばらく地図を眺めながら悩んだ後,みなとみらいのずっと手前にある東戸塚駅周辺の高層ビル群が重なって見えているのだと気づいた。少し色の濃いビルが1棟あるのはBELISTAタワー東戸塚だな。

181209-134116
 ゆめが丘駅のホームから南東側を見る。このあたりもセンター地区。写真には見えないが横浜市営地下鉄の下飯田駅がすぐそこにある。

181209-134247
 ホームの端に移動する。上下線に保線車両用の留置線がある。

181209-134325
 ホームの端から南西側を見る。丹沢山地の大山が見える。その左側には富士山が見え……ない。恥ずかしがって雲に隠れているようだ。

181209-134420
 ゆめが丘駅。

181209-134447

181209-134801
 さて,次の電車に乗って西谷駅に向かう。
 上下線ともほぼ同時に列車到着のアナウンスがあった。さて,どっちの電車を撮ろうか迷った末に,先に到着したほうから両方とも撮ろうと二兎を追う作戦……

 だが,そんなに上手い具合にはいかない。

181209-134824
 予想通り,少し遅れて横浜行き各停がホームに入ってきたものの,先頭車両は撮れず。

181209-134838
 電車に乗り込む。

── RICOH GR or Apple iPhone 7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金曜日)

屏風ヶ浦の白旗商店街再訪 横浜市磯子区

181102143254edit

屏風ヶ浦の白旗商店街再訪 横浜市磯子区


 約8年ぶりに屏風ヶ浦の白旗商店街を歩く。

181102-135328
 京急の屏風浦駅で下車する。同じ電車に乗っていた保育園児 or 幼稚園児が集団で駅を出て行った。電車に乗ってどこかへ遊び・勉強に行っていたらしい。

181102-135916
 京急屏風浦駅。
 駅前に「PUDOステーション」という宅配便ロッカーがある。近所の上永谷駅にもあったらいいな,と思いながら検索したら上永谷駅にも存在することになっている。あれっ,駅のどこにあるんだろう?

181102-140208
 京急屏風浦駅駅前。駅前へのバスの乗り入れはなく,タクシーが数台常駐している。

181102-140356
 駅前の京急ストア屏風浦店横の路地を入る。屏風浦駅東側の森三丁目は静かな住宅地で,曲がった路地と丁字路が続く。道路が狭いのがやや難点だが,静かで住みやすそうな地域だと思う。

181102-140519
 京急ストア屏風浦店方向を振り返る。

181102-140742
 こんな感じで地域に十字路はなく,丁字路が連続している。

181102-140808
 日本キリスト教団横浜磯子教会。

181102-141049
 白旗商店街のアサノ電器の横に出る。

181102-141134
 アサノ電器の前から白旗商店街の西側を見る。

181102-141220
 買い食いするのを楽しみにしていたやきとり・うなぎ「鰻屋」が閉まってる。残念。

181102-141307
 白旗商店街を西へ。

181102-141339
 ちょうど店を開けるところだったりしないかな……などとかすかに期待しながら,白旗商店街の「鰻屋」を振り返る。

181102-141352
 京急屏風浦駅方向に続く路地。

181102-141449
……残念。

181102-141601
 京急線のガード下。

181102-141616
 京急線の下り電車。

181102-141957
 京急線のガードをくぐり,上り電車を見る。写真左奥に屏風浦駅のホーム上屋が見える。

181102-142028

181102-142123
 森六丁目のフルキクリーニング。

181102-142223
 以前はカッパ堂があった森六丁目の丁字路。

181102-142303
 ここから先は森五丁目・森六丁目の住宅地っぽいので引き返す。

181102-142702
 再び「森の園 茶」・「鰻屋」の前へ。

181102-142832
 アサノ電器横の路地を南へ。呉服藤井の前。

181102-142901
 呉服藤井店頭の水琴窟。とてもいい音がしていた。

181102-143040
 御菓子司「光永堂」。

181102-143113
 500円ランチの屏風浦食堂「きずな」。路地の奥に教会の十字架が見える。

 歩いていてふと感じたのは,森三丁目には神社が少ない(無い?)ということ。見かけた宗教的な施設は日本キリスト教団横浜磯子教会ぐらいかも……

181102-143158
 御菓子司「光永堂」を振り返る。

181102-143355
 自販機を見たら,懐かしい「マウンテンデュー」があったので,思わずボタンを押した。私の学生時代に新発売だったはず。昔はペプシコーラから出ていたが,今はサントリーから。そういえばペプシはサントリー傘下だっけ。

181102-143701
 光永堂の前から白旗商店街の西側を振り返る。

181102-143807
 居酒屋「奥入瀬」。巨大なこけし形の人形がぶら下がっている。

181102-143825
 居酒屋「奥入瀬」の前から白旗商店街の西側を振り返る。

181102-143913

181102-143948
 以前はここに「奥入瀬」が入っていたっけ。シャッターだらけになってしまっている。

181102-144057

181102-144152
 角にあった中華「英華」もきれいさっぱりなくなっている。

181102-144248

181102-144324
 洋風居酒屋「スポーツ仲間」の店頭に下がった“トラック↑上のカド注意”の札。

181102-144406
 洋風居酒屋「スポーツ仲間」。

181102-144527

181102-144617
 横須賀街道(国道16号線)の森町公園の前に出る。

181102-144632
 空き缶回収ボックスと勘違いしている人がいるらしい。

181102-144726
 横須賀街道(国道16号線)から路地を振り返る。

181102-144737
 横須賀街道の北側を見る。

181102-144745
 横浜森町分譲共同ビル。

181102-144814
 横須賀街道の横断歩道を渡り,森屋酒店側を振り返る。

181102-144931
 炭火焼「栄太郎」とSNACK 本牧「ココナッツ」。

181102-145002
 森屋酒店。神奈川県の海岸部の古い家屋に多く見られるトタンの寄棟屋根で,隅に飾りが立っている。

181102-145125
 横須賀街道沿いの炭火焼「栄太郎」。

181102-145357
 横浜森町分譲共同ビルの店舗群。

181102-145428
 横須賀街道を北へ。森田屋米店。

181102-145648
 森田屋米店の横から再び森三丁目の路地へ。

181102-145809
 神社が見当たらないと思っていた森三丁目。民家の庭の隅に小さな祠があった。

181102-145921
 8年前にも撮影したアパート「岡田荘」。

181102-150111
 岡田荘。

181102-150311
 日本キリスト教団横浜磯子教会。電信柱のブラケットまで十字架に見えてくる。

181102-150450
 横浜磯子教会の横を抜け,横浜環状2号線に出る。磯子消防団第四分団詰所と火の見櫓。

181102-150513
 中華「桃太郎」。

181102-150542
 横浜環状2号線の森三丁目交差点。森二丁目と森三丁目を結ぶ横断歩道は歩行者が多い。

181102-150604
 横浜環状2号線の森三丁目交差点横の炭火焼肉ホルモン「酔軒」。

 急に腹がゴロゴロいい始めたので,トイレのある屏風浦駅に引き返す。

181102-150828
 京急ストア屏風浦店。右奥に屏風浦駅が見えてきた。

181102-150955

 最近は熱が出て下痢をしたり,息切れがひどくて動けなかったり,夏以降は特に体調の悪い日が多い。困ったもんだ……

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or RICOH GR

 約8年前とほぼ同じ経路で歩き,ほぼ同じところの写真を撮った。中華「英華」がなくなって寂しくなったね。

屏風ヶ浦の白旗商店街

 11月1日から準天頂衛星システム「みちびき」の正式運用が始まった。サブメータ級/センチメータ級測位補強サービスはL6信号に対応した専用端末じゃないと利用できないが,iPhone 7でもL1C/A信号には対応しているので,誤差数メートル程度への精度向上が期待できそうだ。

 この日歩いたエリアには高いビルが少なく,上に掲げた経路表示を見る限りでは精度の向上は実感できなかった。iPhoneがビルの影になって数十メートルから数百メートルも位置がジャンプするのは避けられると思うので,今後に期待したい。

【関連記事】
2010年5月 8日 (土曜日):屏風浦の白旗商店街
2007年6月17日 (日曜日):屏風浦 海は遠くなりにけり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日曜日)

天王町から東海道程ヶ谷宿を歩く 保土ヶ谷

181028152716edit
181028162536edit
181028142721edit

天王町から東海道程ヶ谷宿を歩く 保土ヶ谷


181028-142021
 湘南台駅から相鉄いずみ野線の各停横浜行きに乗り,天王町駅で下車する。

181028-142231
 天王町駅の改札を出て,北側にでると旧東海道が洪福寺松原商店街へと続いている。こっち方向も魅力的だが,今日は南側の程ヶ谷宿方向へと歩いてみようと思っている。

181028-142329
 天王町駅の南側へ旧東海道が延びている。

181028-142408
 天王町駅前公園。10月も末だというのに日射しが強い。

181028-142421
 相鉄天王町駅を振り返る。

181028-142608
 天王町駅前公園の西側の一郭。三平瓦店,Pub「Asuka」,CAFEBAR・KARAOKE「MiMiZuKu」の並び。

181028-142629
 天王町駅前公園。小さな公園に橋の欄干のモニュメントが設置されている。現在は相鉄線の東側を流れている帷子川だが,1964年(昭和39年)の河川改修工事前はこちら側を流れており,ここに旧東海道の帷子橋が架かっていたことを示している。

 ここに帷子川が流れていたことを考えながら地図を見ると,西にある帷子公園は川の跡だし,その西側には明らかに川の流れを示すカーブも残っており,「旧古町橋跡」もある。

181028-142702
 帷子橋のモニュメントを旧帷子川の下流側から見る。

181028-142721
 天王町駅前公園から天王町駅を振り返る。ここが旧東海道である。

181028-142742

181028-142814
 横浜環状1号線の天王町駅前バス停。

181028-142828
 天王町駅前から環状1号線の南側を見る。ここから旧東海道の程ヶ谷宿の下岩間町・神戸(ごうど)町・帷子町……が続いている。

181028-142846
 天王町駅前公園。

181028-143008
 CAFEBAR・LIVE・KARAOKE「MiMiZuKu」。この天王町駅前公園の西側から神戸町公園の前に続く道路は岩間町一丁目と神戸町の境界になっていて,ひょっとしたら旧今井川の流路ではないかと思っている。

181028-143147
 大衆食堂「かちどき食堂」の前の天王町駅前バス停。

181028-143242
 横浜環状1号線(旧東海道)を南へ。

181028-143331
 横浜岩間郵便局。

181028-143515

181028-143727
 横浜環状1号線の大門通り交差点。旧東海道と大門通りが交差する。大門とは神明社の大門だと思われる。

181028-143819
 大門通りを東へ入り,大門通り交差点を振り返る。大門通りは戸部村と保土ヶ谷(程ヶ谷)宿の往来に使われた保土ヶ谷道の一部であり,保土ヶ谷宿の先に神明社があった。

181028-144042
 今井川に架かる大門橋。

181028-144126
 大門橋から今井川の下流側を見る。

 今井川は,江戸時代には「日照りの時はすぐに水が涸れ,大雨の時には下流の帷子通りで氾濫する」と言われ,ここ岩間町付近で東海道の西側を流れていた川を東側のここに付け替える改修工事が行われたわけだが,大雨のときにだけ水量が増加するというのがよくわかる景観になっている。

181028-144509
 大門通りを東に歩くと東海道本線に突き当たる。角には北井だるま薬品商会がある。

181028-144612
 東海道本線に架かる跨線橋の途中から大門通りを見る。

181028-144643
 大門通りの大門橋方向を振り返る。

181028-144940
 大門通りが突き当たった東海道本線の先には杉山神社がある。大門通りの東西に杉山神社と神明社が向き合うかたちになっている。

181028-145054
 大門通りを引き返す。正面に横浜ビジネスパークの野村タワーズが見える。イーストタワーかNRIタワーかは判別できず。

181028-145302
 今井川に架かる大門橋。

181028-145702
 大門通り交差点の西へ。太田とうふ店がある。

181028-145744
 ワイン食堂ツルカメ。「バカはうまいよ」のつるかめ食堂@思い出横丁ではなく,イタリアンである。

181028-145856
 ハンコと印刷「赤坂印舗」。後ろに横浜ビジネスパークの野村タワーズNRIタワーがそびえる。

181028-145940
 赤坂印舗の前から天王町駅前公園に向かって延びる道路。神戸町と岩間町の境界にあるこの道路,先に書いたように旧今井川跡だと思うのだが……

181028-150003
 大門通り(相州道)と古東海道が交差する神明社前交差点。傍らに庚申堂がある。

181028-150035
 相州道と古東海道が交差する神明社前交差点の横にある庚申堂。

181028-150107
 神明社前交差点。写真左が相州道(大門通り),右が古東海道。この先に旧古町橋跡がある。
 古東海道は,現在の横浜環状1号線の西側を流れていた旧今井川を避けるように,旧今井川のさらに西側を通っていたのではないかと推測する。

181028-150224
 神明社前交差点から相州道(大門通り)を振り返る。庚申堂の横に相州道・古東海道の道標が立っている。

181028-150346
 相州道の横に延びる神明社の参道。地図を見ると神明社の参道のほうが大門通りと真っ直ぐに繋がっており,相州道が神明社を避けて通っていることがわかる。

181028-150409
 神明社の鳥居。

181028-150431
 横浜ビジネスパークと中華「八珍」。

181028-150801
 信心の足りない私だが,参拝して境内で休ませていただく。

181028-150825
 鳥のさえずりが聞こえる森に囲まれた神明社。ベンチに座って休む。
 颯爽とした女性が参拝する姿に見惚れてしまった。この女性だけなく,かくしゃくとした老人など多くの参拝者が訪れる。日常生活に神社が溶け込んでいるのだろう。

181028-151039
 神明社横の横浜ビジネスパーク。

181028-152631
 風致保安林に囲まれた神明社。天照大御神を祀る。

181028-152716
 神明社の絵馬掛け。アワビの殻に願いを書いた絵馬(アワビ絵馬)も下がっている。

181028-152752
 清流・人形(ひとがた)流し。人の形をした紙で身体(ケガや病気をしている部分)を撫で,息を吹きかけて清流に流すと,積もり積もった心身のけがれを取り除くことができるという。

181028-152805
 清流と池。

181028-153225
 信心の足りない私だが,ちゃんと人形を流した。

181028-153733
 相州道(大門通り)を引き返す。田中金魚店。

181028-153939
 神明社前交差点から古東海道へ。柿の実がたわわに実る。

181028-154215
 かつての今井川の跡だと推測してみた見光寺(写真左)と香象院の間の路地を歩いてみたが,川の跡かどうかはわからなかった。私の推測では,見光寺の参道を今井川が横切っていたのではないかと思う。

181028-154321
 横浜環状1号線に出る。

181028-154516
 岩間町二丁目の環状1号線を南へ。Coffee「Toda」と理容「ベニス」。

181028-154538
 環状1号線の斜向かいには生そば「二五八屋」。

181028-154545
 髪型製作所。いかにも工場 or 倉庫っぽい建物なので,カツラの製造工場なのかと思ったが,ヘアサロンだった。

181028-154643

181028-154656
 Coffee「Toda」と理容「ベニス」の間の路地の先に天徳院の瓦屋根が見えたので行ってみる。

181028-154734
 子供がひとりも遊んでいない「岩間子供の遊び場」。

181028-154757
 いまどき珍しく遊具も残っている公園なのだが……

181028-154838
 路地の先に天徳院の山門が見え始めたココ! ここの絶妙なカーブに注目。このカーブは写真右側の先で見光寺の前に続いている。やっぱりここは今井川の元の流路に違いない。

181028-154911
 天徳院の山門と古東海道。古東海道は旧今井川の西側を通っている。古東海道は今井川を避けるために旧東海道よりもずっと西のほうを通っていたのではないだろうか。

181028-154945
 神戸山天徳院。曹洞宗の寺院である。

181028-155340
 路地を抜けて生そば「二五八屋」の前に出る。

181028-155510
 横浜環状1号線を南へ。喫茶「キング・オブ・ジョイ」。“Rock, Soul and Blues”……いいね。

181028-155545
 横浜環状1号線の反則センター交差点横の「交通反則通告センター」が閉鎖されている。新しくなった二俣川の運転免許センターの中に移転になったようだ。

181028-155601
 すぐ横の環状1号線の交差点名「反則センター」がしばらくそのまま残るのかと思ったら,既に「岩間町交番」交差点になっている。
 確かに交差点の角に岩間町交番があるので,ちっとも間違いではないが,バス停名は「帷子町会館前」になっていて,帷子会館(帷子町一丁目町内会館)が横にあるので,それを交差点名にしても良かったのではないかと思う。

181028-155624
 元交通反則通告センターの向かい側,ヘアーサロン「赤石」の横に路地がある。

181028-155651
 小さな商店街かと思ったが,既に店じまいして住宅街になっているようだ。

181028-155726
 月見台に続く坂道に出る。

181028-155750
 路地を振り返る。

181028-155828
 モダンな感じの遍照寺真雅会館涅槃堂。写真左側に遍照寺の参道がある。

181028-155842
 遍照寺の前から岩間町交番交差点へ。

181028-155934
 岩間町交番交差点(旧反則センター交差点)。傍らに「旧中橋跡」の案内板が立っている。

 河川改修前の今井川はここで東海道程ヶ谷宿を横切っており,ここに「中橋(なかのはし)」が掛けられていたという。つまり,東海道(環状1号線)の東側を流れていた今井川は,ここで旧東海道を横切って東海道の西側に流れを変えていたのである。
 旧東海道の西側を流れる今井川は天徳院の前を古東海道とともに横切り,見光寺と香象院の間を曲がりくねりながら流れて天王町駅方向へ。たぶん間違っていないと思う。

181028-160111
 今井川に架かる今井橋の上から上流の保土ヶ谷駅方向を見る。

181028-160124
 今井橋から今井川の下流を見る。今井橋の下流側は付け替えられた今井川の新しい流路となっている。

 今井川の流路の疑問が(自分の中では)晴れると,今度は今井川・帷子川という川の名前が気になってくる。

 保土ヶ谷宿の保土ヶ谷・上岩間・神戸・帷子・下岩間に沿って流れる今井川。今井川の名称は,上流にある今井集落(横浜新道の今井インター付近,現在の今井町。集落と呼べるほど家屋が集まっていない)に由来する。
 それに対して,帷子川流域に帷子という地名はなく,今井川が流れる上岩間・神戸あたり,現在の保土ヶ谷駅付近の帷子町の名が帷子川に付けられている。なぜ帷子を通らない川が帷子川になったのだろう?

181028-160342
 岩間町交番交差点に戻る。

181028-160404
 岩間町交番交差点横の帷子会館(帷子町一丁目町内会館)。

181028-160640
 保土ヶ谷駅前の三叉路(五叉路)。正面が旧東海道。環状1号線から旧東海道が分岐するかたちになっている。

181028-160716
 三叉路の立ち呑み屋「立ち呑み家」。

181028-160732
 横浜家系「ラーメンほどが家」。

181028-160800
 三叉路。

181028-160823
 横浜家系「ラーメンほどが家」。

181028-160911
 フジヤのペコちゃん。ミルキーのペコちゃんはオーバーオール姿がトレードマークだったけど,店頭のペコちゃん人形はスカート姿が多い。着せ替えやすいのが理由かな。

181028-161154
 保土ヶ谷駅西口を流れる今井川。

181028-161235
 保土ヶ谷駅西口。

181028-161654
 保土ヶ谷駅西口の南側を流れる今井川。東海道本線(東海道線・横須賀線他)の電車が走る。

181028-161730
 今井川の左岸に第二常盤湯の煙突が見える。

181028-161758
 第二常盤湯。

181028-161901
 今井川を渡り,旧東海道へ向かう。やけに狭い歩道が両側にある。ほとんどの人は歩道を使わず,車道を歩いているようだ。

181028-162018
 旧東海道,金子クリーニング商会。

181028-162054
 旧東海道。ふとんのないとう,サノ靴店……

181028-162139
 帷子町二丁目の横浜帷子郵便局。

181028-162157
 ふとんのないとうの横,細い路地の先に第二常盤湯がある。

181028-162318
 ふとんのないとうの前から旧東海道の南側を見る。

181028-162434
 帷子町二丁目の第二常盤湯へ。「通り抜けできません」の看板が立つ。

181028-162536
 路地の奥,稲荷神社と並ぶように第二常盤湯がある。

181028-163111

181028-162636
 旧東海道に戻る。

181028-162725

181028-162736
 クツとサンダル「サノ靴店」。

181028-162807
 焙煎珈琲の「帷子珈琲」と「野菜の家」。

181028-163404
 旧東海道を北側に引き返す。

 自販機の缶・ペットボトル回収ボックスの横に「助郷会所跡:各助郷村の代表は,ここに出勤して問屋場の指示に対応するとともに,村が手配した人馬が不公平な割り当てを受けたり,不正に使用されないよう監視する場所でもありました」という説明書きが書かれている。

 街に保土ヶ谷(程ヶ谷)宿の痕跡はほとんど残っていないが,各所に宿場町時代の説明板が設置されており,歴史を伝え続けようとする努力が感じられる。

181028-163639
 再び今井川を渡り,東海道本線沿いの通りへ。焼肉「小野味屋」。

181028-163708
 宿場そば保土ヶ谷宿「桑名屋」。古い建物にも見えるが,店の部分を見ると比較的新しそう。

181028-163732
 桑名屋の前から保土ヶ谷駅西口方向を見る。

181028-163818
 南側の東海道線・横須賀線の踏切方向を見る。

181028-163949
 保土ヶ谷駅西口のタクシーのりば。

181028-171126
 保土ヶ谷駅西口で晩飯を食い,同じタクシーのりばへ。

181028-171157

181028-171257
 保土ヶ谷駅西口。

181028-171310
 保土ヶ谷駅西口。送迎のマイカーでいっぱいになる。

181028-171458
 保土ヶ谷駅西口の「ビーンズ保土ヶ谷」から駅前を俯瞰する。

181028-171618
 保土ヶ谷駅から電車に乗って帰る。

 次の逗子行きまで5〜6分ある。保土ヶ谷から二つ目の戸塚までしか乗らないので座れなくてもどうでもいいが,2両連結されているグリーン車の位置が横須賀線逗子行きか湘南新宿ライン逗子行きで全然違うので,ホームの前のほうに降りるか後ろのほうに降りるか,ちょっと悩む。

 駅の電光掲示板やアナウンスでは「横須賀線の逗子行き」という情報しかない。グリーン車を利用する人も,利用しない人も,グリーン車の位置がどこになるかは比較的重要な情報だと思うが,ホームに降りて「次の電車のグリーン車はここです」表示を見ないとグリーン車の位置はわからない。そのまた次の電車のグリーン車の位置はどこにも表示されない。

 時間があったのでiPhoneの乗換案内で調べたら次の電車は湘南新宿ライン逗子行きと判明。どうせなら座って帰りたいので,ホーム後方の横須賀線のグリーン車の位置で電車を待っていたら,案の定乗っている人が少なく,運良く座ることができた。本ブログで何度も書いているが,私は混雑した電車が大嫌いなのである。

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or iPhone 7 or RICOH GR

天王町〜神明社〜保土ヶ谷

【関連記事】
2007年4月 1日 (日曜日):保土ヶ谷駅周辺を歩く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土曜日)

三井倉庫と廃船と貨物線瑞穂橋梁 神奈川

181020150932edit

181020153300edit

三井倉庫と廃船と貨物線瑞穂橋梁 神奈川


 滝の川沿いに下って横浜中央市場内の(一般人も利用できる)食堂で美味いものを食べようと思い家を出た。以前中央市場に行ったときは日曜日で休場だったが,今日は土曜日だから大丈夫だろう。

181020-141225
 上大岡駅から京浜急行のエアポート急行に乗り,仲木戸駅で下車する。駅前広場を挟んで向かい側にJRの東神奈川駅がある。

181020-141325
 ザ・ステーションタワー東神奈川(写真右)の隣,東神奈川一丁目地区第一種市街地再開発事業施行区域で新たな高層ビルの建築が行われている。

181020-141420
 仲木戸駅を振り返る。

181020-141444

181020-141502
 JR東神奈川駅の駅ビル「CIAL PLAT」。

181020-141908
 仲木戸駅横の京急線ガードをくぐり,京急線を振り返る。ここが天然温泉「INSPA横浜」の送迎バスのりばになっている。INSPA横浜はコットンハーバーにあるらしく,この後何度も送迎バスに遭遇した。

181020-142036
 第一京浜(国道15号線)の神奈川二丁目交差点に向かって歩く。交差点の角に中華料理「吉田大飯店」がある。

181020-142049
 仲木戸駅・東神奈川駅方向を振り返る。写真右側の道路はかつての貨物線跡で,線路は京急線のガード下をくぐり,東海道本線に繋がっていた。

181020-142351
 第一京浜の神奈川二丁目交差点。

181020-142601
 第一京浜の横浜駅方向を見る。高架線は首都高速神奈川1号横羽線。

181020-142629
 歩道橋のアクリル板越しに第一京浜の鶴見・川崎方向を見る。

181020-142854
 神奈川二丁目交差点の歩道橋のアクリル板越しに仲木戸・東神奈川駅方向を見る。

181020-143244
 千若町の神奈川水再生センター上空を小型水上機が飛ぶ。何かイベントでもあったのだろうか。

181020-143756
 入江川派川(入江川第2派川)に架かる村雨橋から首都高速神奈川1号横羽線を見る。

181020-143950

181020-144224
 要塞のような神奈川水再生センター。横浜市で最大の下水処理施設で,神奈川区・西区・保土ケ谷区の大部分と鶴見区・旭区・港北区の一部を処理している。高度処理施設があり,処理水の一部は入江川せせらぎ,滝の川せせらぎに供給しているという。

181020-144316
 神奈川水再生センターの前の千若町1丁目バス停。

181020-144530
 千鳥橋。臨港幹線に続いているのでトラックやダンプカーが多い。

181020-144557
 千鳥橋の上から入江川小派常盤川を見る。正面は三菱倉庫だが,その先に新浦島町一丁目のニューステージ横浜高層棟が見える。さらにその奥に見える高層ビルは新子安のオルトヨコハマビュータワーだと思われる。

181020-144649
 入江川小派常盤川。

181020-144754

181020-144815
 東海道本線貨物支線(高島線)の東高島駅構内の千鳥橋踏切。三井倉庫の倉庫群の先にコットンハーバーの高層ビル群が見える。

181020-144838
 千鳥橋踏切から北東側を見る。

181020-144908

181020-145045
 三井倉庫の倉庫群。三井の象徴でもある「丸に井桁三」マーク。

181020-145057
 千鳥橋踏切。手動遮断機の残骸かと思ったが,それにしてはドラムが小さい。何の設備だったのだろう。

181020-145128
 千鳥橋から入江川小派常盤川の南側を見る。

181020-145232

181020-145307
 入江川小派常盤川と「丸に井桁三」の三井倉庫。

181020-145546
 三井倉庫の倉庫群。

181020-145621

181020-145826
 千鳥橋踏切をEF65が引く貨物列車が通りすぎる。

181020-145914
 倉庫の「丸に井桁三」は豆タイルを並べて描かれている。

181020-150028
 日塩株式会社の日塩倉庫の前に貨物線跡がある。瑞穂埠頭(横浜ノース・ドック)に続く貨物線(瑞穂埠頭専用線)だ。かつては国鉄高島線の瑞穂支線で,瑞穂埠頭に瑞穂駅(貨物駅)があった。瑞穂埠頭は終戦後に在日米軍に接収され,現在は横浜ノース・ドックとなっている。

 もともとは東神奈川駅から真っ直ぐ瑞穂駅まで貨物線が延びていた。この写真の駐車場のあたりで線路が分岐し,千鳥橋に平行に東神奈川駅方向に線路が延びていたことになる。神奈川水再生センターの前の道路に面した植栽は線路跡地だったものと思われる。

 神奈川水再生センターの正門が道路から少し引っ込んだ場所にあるのは,正門の前に貨物線跡(海神奈川駅跡)が通っていたためと推測される(=敷地が道路より引っ込んだ位置にあった)。

181020-150129
 貨物線跡。線路が残っている。

181020-150151
 千若町2丁目交差点から三井倉庫の倉庫群を振り返る。

181020-150223
 貨物線跡のガーダー橋。

181020-150440
 横浜ノース・ドックに架かる瑞穂橋と並ぶ瑞穂橋梁。長年使われておらず,錆びているが,線路が残っている。
 瑞穂橋から先の横浜ノース・ドックは米軍施設になるので撮影禁止である。2009年に瑞穂橋は接収解除になり,橋と共用道路が日本政府に返還されたので,瑞穂橋までは撮っても良いようだ。

181020-150459
 瑞穂橋から瑞穂橋梁越しに出田町埠頭方向を見る。日本製粉横濱工場の巨大サイロが見える。

181020-150530
 プレートガーダーと曲弦ワーレントラスが連続した美しい瑞穂橋梁。その錆までもが美しく感じてくる。

181020-150702
 瑞穂橋から見た横浜。

181020-150710
 遊覧船が行く。

181020-150809
 瑞穂橋梁のワーレントラス。

181020-150932
 曲弦ワーレントラスから下路式プレートガーダーへの美しいつながりの向こうに日本製粉横濱工場の巨大サイロが見える。
 複線分の幅があるが,線路は片側にしか敷かれていない。線路が複線になっていたことはあるのだろうか。

181020-151030
 線路が米軍施設(横浜ノース・ドック)の中に消えて行く。これ以上近づいての撮影はアウトだろうと思われるので自粛する。

181020-151056
 瑞穂橋(写真左)と瑞穂橋梁の並び。

181020-151135
 けっこうしっかりとした線路が残っている。Googleマップを見ると,横浜ノース・ドック内の旧瑞穂駅の線路もかなりの部分が残っている。アスファルトの広い構内道路を横切っている部分も,線路を埋めたりせずに残しており,そこに何かしらの意図が感じられる。

 横浜港の各埠頭への専用貨物線は既にほとんどが撤去されており,残っているのは米軍施設の内側だけというのが興味深い。

 直接関係があるかないかはわからないが,沖縄の地図を見ると,都市部の海岸線で比較的自然が残っているのは海岸線に米軍施設のあるところだったりして,存外皮肉なものだなと思う。

181020-151239
 瑞穂橋のたもとから横浜コットンハーバー地区を見る。山内埠頭において,横浜市中央卸売市場に隣接した橋本町二丁目を中心とした再開発地区である。写真左端に桜木町の横浜ランドマークタワーが見える。

181020-151322
 みなとみらい地区の横浜ランドマークタワーやヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのあたりにズームアップ……

181020-151511
 瑞穂橋のたもとから見た瑞穂大橋。

181020-151539

181020-151552
 横浜コットンハーバー地区。

181020-151617
 港に面したデッキでバーベキューをやってる。

181020-151709

181020-151801
 BAR「POLESTAR」とBAR「StarDust」が並んでいる。

181020-151823
 Bar「StarDust」。

181020-152012
 千若町2丁目交差点の横から瑞穂大橋を見る。千若町側から瑞穂大橋を渡ると横浜コットンハーバー地区となる。

181020-152119
 瑞穂大橋のたもと。

181020-152206
 瑞穂大橋。

181020-152307
 瑞穂大橋のたもとの三井倉庫。

181020-152517
 瑞穂大橋の上から見た三井倉庫の倉庫群(千若町保税蔵置場)。

181020-152641
 港に突き出た荷揚げ用クレーンのある倉庫。

181020-152808
 瑞穂大橋から横浜コットンハーバー地区を見る。

181020-152820
 瑞穂大橋から橋本町2丁目交差点に降りていくトラック。運んでいるのは場所打ち杭用の鉄筋だろうか。「場所打ち杭」用の「既製鉄筋」ってのは,ちょっと矛盾しているようにも感じる。通常よりはるかに巨大な杭だから,プレテンション方式の既製鉄筋コンクリート杭にすると重量がとんでもなく大きくなってしまうので,コンクリートは場所打ちにするのかもしれない。

181020-153207

181020-153220
 三井倉庫横の入江川小派台川に廃船がある。高島線の東高島駅構内の浦島第4橋梁が見える。

181020-153300
 廃船。廃船になってからそれほど時間が経っていない。

181020-153505
 カーブしたヒストリアレジデンス浦舟。東高島駅構内から横浜コットンハーバー地区を通って横浜中央卸売市場まで延びていた貨物線のカーブに沿った敷地を有効利用するため,建物全体がカーブしているのだと思われる。

181020-153557
 会社道踏切から浦島第4橋梁と三井倉庫・入江川小派台川を見る。

181020-153603
 JR貨物の東高島駅。写真左がヒストリアレジデンス浦舟。

181020-153702
 会社道踏切の横から見た浦島第4橋梁と入江川小派常盤川。貨物列車が来てくれたら嬉しいなと思いながら撮影したが,そう頻繁に貨物列車が走っているわけではない。

181020-153727
 入江川小派台川の北側に視線を移すと,錆の目立つガーダー橋が見える。

181020-153753
 入江川小派常盤川を見る。さっき渡った千鳥橋が見える。

181020-153817
 浦島第4橋梁と三井倉庫。

181020-153838
 錆びたガーダー橋。神奈川水再生センターのあたりにあった海神奈川駅(貨物駅)から分岐し,高島線東高島駅まで延びていた貨物線の跡である。地図を見ると,その貨物線の跡は容易に推測できる。なぜなら,ゴルフ練習場のネットが廃線跡に沿うように設置されているためだ。

181020-154047
 錆びたガーダー橋。東神奈川駅からここまで線路が延びていたのである。

181020-154208
 JR貨物の東高島駅。

181020-154222

181020-154427
 入江川第5小派川に架かる竜宮橋から東高島駅を見る。

181020-154556
 竜宮橋のたもとから入江川小派台川沿いの道路(会社道?)を見る。

181020-154801
 ゴルフ練習場(東神奈川ゴルフジョイ)。明治末から大正初期にここが埋め立てられた頃の地図を見ると,ここには大きな倉庫が建てられていた。埋め立て地の護岸壁がレンガ造りになっている。

181020-154916
 竜宮橋方向を振り返る。

181020-155016
 星乃橋(星野橋)から入江川第2派川を見る。

181020-155114
 古い家並みが残る万代橋付近を通って横浜中央市場に向かうつもりだったが,さっきから体調が思わしくなく,このまま帰路に着くことにする。

181020-155244
 ここには簡易宿泊所が並ぶ小さなドヤ街があったはずだが,更地になった跡地に新しいビルの建築が始まっている。違法建築物件で火災が発生し,大惨事となってしまった川崎市日進町での簡易宿泊所火災の影響で営業しにくくなったのだろうか。ここの簡易宿泊所が違法建築だったとは思えないが……

181020-155505
 第一京浜神奈川二丁目交差点の上を走る首都高速神奈川1号横羽線の橋脚。太い橋脚の下に免震装置が設置されている。

181020-155913
 第一京浜(国道15号線)神奈川二丁目交差点の歩道橋の上から横浜駅方向を見る。街路灯に亀と波の飾りがついている。浦島伝説は日本中各地に存在するが,このあたりにもそれが存在する。浦島町や浦島丘,亀住町……という地名にも現れている。

181020-160227
 息切れしながら仲木戸駅に到着。京急線の柔らかなシートに座ってゆっくり帰ることにする。

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

仲木戸〜千若町

【関連記事】
2013年2月 3日 (日曜日):富嶽五十六景神奈川沖浪裏〜ポートサイド
2010年3月22日 (月曜日):千若町の運河を歩く[神奈川新町〜仲木戸]
2009年2月22日 (日曜日):仲木戸から千若町付近の運河へ
2008年3月16日 (日曜日):仲木戸から滝の川を下る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日曜日)

またも期限ぎりぎりに運転免許更新 二俣川

181014151030edit

またも期限ぎりぎりに運転免許更新 二俣川


 何ごとも期限ぎりぎりにならないと始められない悪い癖がある。子供の頃からそれを繰り返しているので,たぶんもう一生治らないと思う。夏休みにやらなければならない宿題『夏休みの友』は,いつも始業式の前日に慌てることになるけど,結局毎年最後まで終わらせることができず,後ろ半分は手つかずのままになっていた。

 運転免許の更新も,毎度期限ぎりぎりになってしまう。平日に行くのは難しいので,日曜日に行くことになる。今回も,この日曜日に行かなければ期限が過ぎてしまう,最後の日曜日になってしまった。

 とはいえ,早朝から免許更新の長い行列に並ぶ元気はない。午後,行列がなくなった受付時間終了間際に行くことにする。

181014-141633
 湘南台から相鉄いずみ野線の電車に乗り,二俣川駅を目指す。
 湘南台が始発なのでどこにでも座れるが,たまたま座った座席の前のつり革が,猫耳のあるつり革だった。何か幸運に巡り逢えるのかも。

181014-143116
 そうにゃんのつり革。

181014-151030
 二俣川駅北口バスターミナル午後2時49分発のバスに乗り,運転免許センターへ。

 前回,前々回とも午後2時40分発のバスに乗り,ぎりぎり午後3時開始だったか3時5分開始の講習に間に合ったため,運転免許センターに着いてから40分ぐらいで新しい運転免許を手にすることができた。

 ということは,この時点で9分遅れであり,午後3時開始の次の講習会に回されてしまう可能性が高い……と思っていたら,やっぱり午後3時40分開始の講習会の部屋を指定されてしまった。時刻は3時5分。講習開始まで30分以上もある。講習時間も30分……

 ちなみに,二俣川の神奈川県運転免許センターの講習開始時間ではないが,他の運転免許試験場では,ゴールド免許の講習は,午前8:50~,9:20~,10:00~,10:35~,11:10~,午後13:30~,13:50~,14:30~,15:05~,15:40~となっている。ということは,あと30分ぐらい遅い時間に受付に到着するようにすると,もっと楽できるということか……

181014-163543
 この日は朝から左脚のアキレス腱が痛み,ちゃんと歩けなかったので,運転免許センターからの帰り道に初めてバスを使ってみた。旭23系統の相鉄バス運転試験場循環。

181014-164926

181014-165705
 二俣川駅南口の再開発で複合施設の「コプレ二俣川」と駅上部の「JOINUS TERRACE(ジョイナステラス)」が開業しているので歩き回ってみた。エスカレーターが右側通行になっていて,少し違和感を感じた。

181014-170110
 混んでいる店が多い中,比較的空いているように見えた大戸屋で遅めの昼飯を食う。タブレットで注文するのは初めての経験だった。

181014-171229

181014-172951
 店を出る頃には大戸屋にも行列ができはじめていた。

181014-173735
 できたばかりだというのに妙にほこりっぽい,コプレ二俣川とジョイナステラスを結ぶ構造物。

181014-174003

181014-174023
 商業施設は完成しているようだが,相鉄二俣川駅はまだ何やら工事中だ。

181014-174046
 二俣川駅の改札口。

181014-174128

181014-174228
「仮設←トイレそちら」という書きっぷり。

181014-174332
 さて,何分の電車で帰ろうかな……

181014-174852
 相鉄は2019年度都心直通へ。二俣川~新宿が44分。

181014-175156
 混んでそうな快速には乗らず,17:55の各停湘南台行きに乗る。

181014-181907
 湘南台からは横浜市営地下鉄ブルーラインの新羽行きに乗る。

── SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or iPhone 7

運転免許センターから二俣川駅までのバス

【関連記事】
2013年9月29日 (日曜日):期限が迫ってから運転免許更新〜二俣川
2008年10月16日 (木曜日):二俣川で運転免許の更新
2003年10月19日 (日曜日):運転免許更新〜桜木町へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧