カテゴリー「・13 東京23区」の182件の記事

2018年9月23日 (日曜日)

思い出横丁から歌舞伎町へ 東京都新宿

180923163930edit2

思い出横丁から歌舞伎町へ 東京都新宿


 前記事の《西新宿ヨドバシ帝国と『新宿の目』》からの続き。

 新宿駅西口へきたら,思い出横丁(ションベン横丁・ション横)には寄っておきたくなる。

180923-161906
 小田急ハルク(小田急新宿西口駅前ビル)の北西部のスクランブル交差点。新宿駅西口と東口を結ぶ歩行者用のトンネル「角筈ガード(小ガード)」に続くこの通りは,旧青梅街道である。

180923-161959
 新しい新宿パレットビル。

180923-162151
「旧青梅街道(東口方面)」とちゃんと書いてある。
 三連休の中日ということもあるのだろうか,とにかく人の数が多い。

180923-162246
 思い出横丁。

180923-162519
 角筈ガードに続く丁字路。

180923-162658

180923-162821
 旧青梅街道の新都心歩道橋下交差点方向を振り返る。但馬屋珈琲店本店は老舗の喫茶店。

180923-163012
 角筈ガード(小ガード)への下り坂。せっかくなら中央・総武線緩行線の電車が横を走っている瞬間を撮影したいのだが,目の前を人が歩くのでなかなかシャッターが押せず,人並みが途切れたと思った瞬間には電車が走り去っていた。残念……

180923-163037
 丁字路を振り返る。

180923-163304
 電車が来るのを待ち続け,なんとか撮影できる瞬間をゲット。

180923-163337
 新宿西口思い出横丁「柳通り(線路通り)」。

180923-163352
 新宿西口思い出横丁の柳通り(線路通り)」の立呑み晩杯屋。

180923-163413
 もつ焼専門「宝来家」。

180923-163425

180923-163508
 思横秋祭りのポスター。思い出横丁を「思横」と省略するのは始めて見た。

180923-163604
「私の後ろから タックルするなと 言ったはずだ…」Tシャツや「大迫半端ないって」Tシャツが話題になっていた。

180923-163804
 思い出横丁の中通りへ。

180923-163855
 思い出横丁「中通り」のやきとりタロー。

 とにかく人が多く,特に外国人の姿が多かった。

180923-163922
 ひな鳥(ひなどり)。

180923-164023
 思い出横丁の中通り。ソイ丼・元気丼の「つるかめ食堂」。“バカはうまいよ”も健在。

180923-164146
 やきとり「五十鈴」。

180923-164237
 思い出横丁に行列店ができていてびっくり。もつ焼き「ウッチャン」。並んでいるのは若い人が多い。あんなにディープだった思い出横丁が観光地になっている。なんだか時代が変わった感じだ。

180923-164259
 閉店した「若月」が「もつ焼き縄文の豚」に。平日の昼間だけ「若月やきそば」が食べられるらしい。
 その向かいは安兵衛別館。

180923-164342
 うなぎ「カブト」は日曜定休日。

 個人的に思っていることだが,思い出横丁中通りの魅力のひとつが,この鍵曲がりふうの四ツ辻。これがあるだけで路地が魅力的になる。

180923-164424
 中通りが鍵曲がりになった四ツ辻。

180923-164510
 四ツ辻から思い出横丁中通りの北側を見る。

 このあたりは1999年11月の大火でひどく焼けたところだ。火事を機に,思い出横丁も新宿パレットビル(新宿西口会館)のようにビル化されるのかと思っていたが,雑多なまま完全に復活した。観光地化し,外国人観光客にも人気だ。

180923-164627
 四ツ辻から表通りに抜ける路地にもつ焼き「縄文の豚」の北側の入口がある。

180923-164644
 四ツ辻を振り返る。

 表通りに出て四ツ辻側を撮っていたら,外国人観光客に「Omoide food street」はどこかと聞かれた。慣れない英語にドギマギしてしまった……

180923-164742
 表通り。ゆるやかな坂の上のパレットビル側を見る。

180923-164810
 表通りの新宿大ガード西交差点方向を見る。チケット大黒屋。

180923-165217
 思い出横丁中通りに戻る。

180923-165247
 四ツ辻から肩が両脇に触れそうな細い路地を東へ。

180923-165311
 四ツ辻側を振り返る。壁に貼ってあるポスターのフチが丸まっている。肩が両脇に触れそうというより,実際に触れている人が多いようだ。

180923-165338
 その狭い路地にも小さな鍵曲がりがある。

180923-165416
 線路通りに出る。「安兵衛」は日曜日が定休日。表通りの「大黒屋」はチケット・金券の買取・販売,線路通りの「大黒屋」は地酒自慢の居酒屋……と思ったら,こちらは6月に店じまい。

180923-165434
 養老乃瀧新宿西口店。隣の「ばんしゃく家」とともに改装工事中かな。

180923-165520

180923-165717
 中通りの四ツ辻に戻り,南側を見る。左が「安兵衛別館」と行列のある「ウッチャン」,右がもつ焼き「縄文の豚」。

 街全体が観光地化して,行列店や人気店には若い人や女性の客が多くなり非常に賑わっているが,逆に昔ながらの「ションベン横丁」っぽさが感じられなくなっている。レトロの中にレトロ風が混じり,張りぼて臭が強くなっている。これでは,最近各地に増えている街づくりコンサル系が作り上げた路地飲食店街との違いがなくなってしまう。現実的に本物の「レトロ」より作られた「レトロ風」が人気なので,しかたのないことではあるが……

180923-165737
 四ツ辻から中通りの北側を見る。

180923-165753
 ラーメン・中華料理の「岐阜屋」。

180923-165827
 岐阜屋。

180923-165907
 岐阜屋の前から南側を振り返る。

180923-165940

180923-165957
 中通りを北側に抜ける。

180923-170013
 青梅街道の新宿大ガード西交差点。

180923-170046
 思い出横丁中通りを振り返る。

180923-170138
 青梅街道の新宿大ガード西交差点。

180923-170205

180923-170356
 しかし,本当に外国人観光客が増えたなぁ……

180923-170838
 思い出横丁の線路通り。炭火串焼「かっぺ亭」,ラーメン・餃子「岐阜屋」。岐阜屋は中通りから線路通りまで繋がっている。

180923-171003

180923-171124
 大ガードをくぐり,青梅街道(靖国通り)の新宿大ガード東交差点。

180923-171218
 ヤマダ電機LABI新宿東口館はYUNIKA VISIONのあるYUNIKAビルディング。やたら大音響のデジタルサイネージが可能なのは自社保有のビルだからか。大型映像装置ではオーロラビジョンやジャンボトロン,アストロビジョンに比べるとあまり耳にしない企業だけど,どこがどこの工場で作っているんだろう。

180923-171239
 新宿大ガード東交差点から新宿駅東口のマイシティ……ではなくて,ルミネエスト新宿方向を見る。

180923-171305
 新宿美装協会の「貼り紙・落書き・厳禁」の警告文が落書きや貼り紙でいっぱいになっている。ゴミまで置かれている。

180923-171516
 モア街中央通り食堂横丁。DUGがこの先にあった頃はよく通った道だ。新宿のこのあたりには早くから熊本ラーメンの「桂花」と「肥後のれん」が進出していて,ここには「肥後のれん」があったが,移転したか店じまいしたようだ。

180923-171555
 新宿大ガードを走る埼京線の電車。

180923-171753
 靖国通りから歌舞伎町一番街を見る。

180923-171906
 歌舞伎町一番街のゲート。

180923-172013

180923-172024
 歌舞伎町一番街のゲート。

180923-172045
 靖国通りの歌舞伎町交差点方向を見る。

180923-172054
 靖国通り。正式名称は東京都道302号新宿両国線。靖国神社の真横を通ることから靖国通りと呼ばれる。

180923-172235
 歌舞伎町一番街へ。さすがに人通りが多い。

180923-172337
 靖国通り側を振り返る。

180923-172444
 歌舞伎町一番街を北へ。

180923-172721

180923-172740

 大学の卒業式の後,仲間同士で歌舞伎町に繰り出したところ,故郷の三春町で中学までクラスメイトだったH.H君とばったり。中学のときに背の高かった俺を一気に追い越して長身になったH.H君が,頭ひとつ飛び抜けた体躯で「おーい,田舎モンはこんなところを歩いてちゃダメだべ」と声を掛けてきたことを覚えている。「お互いにな……」

180923-172824
 コマ劇場跡地へ……

180923-172939
 新宿東宝ビル(写真左:旧コマ劇場)の横から中央通り(セントラルロード)方向を見る。

180923-172957
 新宿東宝ビル。最近はこういう写真の水平が取りにくい建物が多い。

180923-173004
 歌舞伎町一番街が旧コマ劇場前のシネシティ広場へ続いている。

180923-173112
 カラオケ屋が並ぶ銀座通り。

180923-173142
 カラ館レディース……

180923-173205
 カラ館レディースの前から東側を振り返る。

180923-173318
 銀座通りの歌舞伎町案内所組合西武新宿店の前の四ツ辻。海鮮居酒屋「凛火」のデカい看板。

180923-173336
 四ツ辻からシネシティ広場方向を見る。

180923-173348
 銀座通りを西へ。

180923-173434

180923-173449
 焼きあご塩らー麺「たかはし」だって。何かそそるねぇ……

180923-173515
 銀座通り。

180923-173604
 銀座通りの四ツ辻に戻る。

180923-173624
 四ツ辻からエビ通りに向かって歩く。

180923-173725
 エビ通りの大衆割烹「あそう」の前。

180923-173756
 エビ通りの西武新宿駅方向を見る。

180923-173821
 エビ通りの大衆割烹「あそう」の前。

180923-173913
 エビ通りを東へ。

180923-174016
 新しい外観のらぁ麺「鳳仙花」。

180923-174054
 喜多方ラーメン坂内。
 ラーメン屋がいっぱいだ。むっちゃラーメンが食いたくなった。

180923-174130
 さて,ラーメンを食いに引き返す。どこにしようか悩んだが,妙に焼きあご塩ラーメンに惹かれた。「たかはし」まで引き返してラーメンを食う。

 食うのに夢中だったのでラーメンの写真はなし。

180923-180015
 新宿大ガード東交差点へ。

180923-180032
 それにしてもYUNIKA VISIONの音がデカいなぁ。他の街じゃ許されないんじゃなかろうか。

180923-180055
 西武新宿ペペ(新宿プリンスホテル)。

180923-180149
 新宿大ガードを走る埼京線の電車と西新宿の超高層ビル群。

180923-180317
 歌舞伎町一番街の商店街アーチ。

180923-180357

180923-180436
 靖国通りの横断歩道を渡る。

180923-180502
 靖国通りの中央分離帯に留まって歌舞伎町一番街を振り返る。

180923-180535
 秋の日はつるべ落とし。あっという間に暗くなってしまった。

180923-180607
 靖国通り。

180923-180630

180923-180643
 YUNIKA VISIONのあるYUNIKAビルディング(ヤマダ電機LABI新宿東口館)。

180923-180746
 靖国通りの歌舞伎町交差点。

180923-180808
 信号機が変わって車が走り始めているのに,のんびり歩いている人がいる。女性ばかり。え〜信じらんな〜い……

180923-180922
 新宿モア4番街。

180923-181345
 新宿駅東口へ。新宿通りに綺麗な月が出ている。

180923-181515
 元祖大型映像装置のスタジオアルタのALTA VISION。こちらの音響はとてもおとなしい。

180923-181540
 新宿駅東口のルミネエスト新宿(元のマイシティ)。

180923-183029
 疲れたので湘南新宿ラインのグリーン車で帰る。

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or iPhone 7

西新宿〜歌舞伎町

【関連記事】
2011年8月 7日 (日曜日):新宿「しょんべん横丁」に夕立が降る
2004年12月 5日 (日曜日):欲望の迷宮・新宿歌舞伎町
2004年2月16日 (月曜日):飽きずに新宿へ
2003年6月15日 (日曜日):新宿東西南北

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西新宿ヨドバシ帝国と『新宿の目』

180923155342editedit

西新宿ヨドバシ帝国と『新宿の目』


 久しぶりに新宿へ。
 百合ヶ丘や読売ランド前に住んでいたときは小田急線の駅が最寄りになるので新宿に出やすく,新宿へは頻繁に出かけていたのだが,横浜市港南区に引っ越してから新宿は心理的にだいぶ遠くなってしまった。

180923-142846
 心理的に遠いといっても,戸塚から湘南新宿ラインの電車に乗れば新宿へは乗り換えなしだ。

 と言うわけで新宿駅へ。湘南新宿ラインの新宿駅ホームからは南口跨線橋側に出るのが近いが,久しぶりだったので新宿駅構内をブラブラして小田急百貨店本館側から外に出た。
 ブラブラするついでに,昔頻繁に利用した京王線新宿駅改札口の前のカレーショップC&Cの立ち食いカレー屋をみたらあいかわらず立ち食いのままだったので,懐かしくて思わず入店してカレーを食って腹を膨らませた。

180923-143041
 昔からあまり変わらない新宿駅西口の風景。とはいえ,その周辺まで目をやると,小田急百貨店や小田急ハルクのビルが,この一帯では比較的低層のビルになりつつある。

180923-143048
 新宿駅西口の中央通り方向を見る。朝日生命ビル跡地に建つモード学園コクーンタワーが目立っている。

180923-143405
 宝くじ売場。ここの売場に限らず,「この売場から1等大当たりが○本出ました」ということが書いてある。
 中学・高校の数学の教科書にも書いてある通り,“くじ引き”には統計や確率が重要だと思うのだが,その手の情報は一切公開されていない。パチンコや宝くじには統計や確率っぽい話を装った煽り言葉が多く見られるが,いい加減なものが多い。

 この売場での宝くじの総売上げ金額がわからないと,1等が何本出たという情報はまったく意味がないことは,数学をちゃんと勉強した人なら中学生でもよくわかる。
 そういえば,福島県の宝くじ売場の中に,かつていわき市の大黒屋デパート前という人気の売場があった。福島県で1等大当たりが出るのは,ほとんどその売場だったこともあって人気だったようだが,なんのことはない,あまりに人気だったので県内の宝くじの売上げの大部分をその売場が占めていたのである。

 という私は,今まで一度も宝くじというものを買ったことがない。

180923-143447
 宝くじの期待値(知らない方は数学の教科書を読み直したほうがいいかも)は確か40%ぐらい。他のギャンブルの60〜70%と比べても相当に低い(いずれにせよ損をすることは確実なのだが)。胴元は絶対損をしないようになっているのだ。あまりにもえげつなく儲かる商売なので,カタギの人間が胴元になろうとすると「富くじ罪」という犯罪になるほどである。
 それでも“夢を買う”などと言いながら宝くじを買う人は多い。

180923-143707
 京王百貨店の西側へ回り込む。

180923-143727

180923-143909
 中野駅行き京王バスのりば・新宿車庫前行き都営バスのりばの横に地下に降りる階段がある。現在は「↓京王線・JR線のりば」となっているが,21世紀に入ってしばらく経っても「↓京王線・国鉄線のりば」という表記が残っていたのが懐かしい。

030518141453
【参考】ちなみにこの写真が2003年5月18日に撮影した「国鉄線のりば」時代の写真。

180923-143931
 中央通りを挟んでの明治安田生命新宿ビルとスバルビルの並び。どちらのビルも既に閉館し,大規模な建て替え工事が始まろうとしている。

180923-144024
 京王百貨店の西側からMY新宿第二ビル(元は安田生命第2ビル)側に渡る横断歩道。MY新宿第二ビルもとうとうヨドバシカメラになっている。「ヨドバシ帝国」は着々と拡大している。

180923-144325
 京王百貨店を振り返る。1964年竣工の地上8階建てビルも,周辺のビルに比べると低層になってしまった。そのうちに建て替えの話が出てくるかもしれないが,小田急や京王百貨店の建て替え時には,さらにそこにヨドバシ帝国が領土を広げるかもしれない。

180923-144410

180923-144549
 ヨドバシカメラ新宿西口本店……かと思ったが,「北館」と名を変えている。

180923-144626
 MY新宿第二ビルを見ると,なんとヨドバシカメラ新宿西口本店と書かれている。1階がスマートフォン・携帯売場,2階がアウトレットのここが,新しい新宿西口本店になったらしい。

180923-144709
 ヨドバシカメラ新宿西口マルチメディア館・北館。かつての新宿西口本店である。
 MY新宿第二ビル(安田生命第2ビル)側にあった高速バスのりばが南口のバスタ新宿に移り,狭い通りに大きなバスが乗り入れる光景は見られなくなった。

180923-144820
 こんなに狭いところに高速バスが乗り入れていたことが信じられなくなってくる。

180923-144909

180923-144945
 一番街通りとふれあい通りの交差点。紳士服「ベンガル」があったところも,ヨドバシカメラ・カメラ総合館になっている。

180923-145035
 ふれあい通りと一番街通りの交差点。マルチメディア東館。

 ヨドバシカメラでは過去にずいぶんたくさんのカメラを買ってきたが,店員さんの対応や知識は量販店では群を抜いている印象だ。家電品など,カメラ以外ではどうなのかはよくわからないが,ヨドバシカメラに客が集まるのは理解できる。

180923-145106
 一番街通りを南へ。かつてライバル他社だった店も,オセロゲームのようにヨドバシカメラに変わっている。

180923-145222

180923-145332
 ヨドバシカメラ修理・フィルム館とプリント館。銀塩フィルムを買うのに,ヨドバシカメラを頼りにしている人も多いことだろう。

180923-145425
 国際通りと一番街通りの交差点。かつてカメラのドイが入っていたところが磯丸水産になっている。カメラのドイの店員さん,特に2Fの中古カメラ売場の店員さんはなかなかレベルの高い店員さんだった。

180923-145439
 国際通り。たぶんこの通りが西側でKDDIビル(かつての国際電信電話株式会社)に突き当たることからの命名だと思われる。

180923-145709
 国際通り。奥に見える高層ビルがKDDIビル。

180923-145818
 国際通りには飲食店が多い。

180923-145849
 国際通り。奥に見えるのは日本生命新宿西口ビル。

180923-145917
 国際通りと二番街通りの交差点から二番街通りの先の甲州街道(国道20号線)を見る。写真左はヤマダ電機LABI新宿西口館。昔はソフマップが中古パソコンを売っていた記憶がある。

180923-145925
 国際通りと二番街通りの交差点に中古カメラのレモン社の新宿店ができている。ここはぜひ立ち寄ってみようと思いつつ,失念してしまった。

180923-145939
 二番街通り。北側にモード学園コクーンタワーと新宿エルタワーが見える。

180923-150011
 写真左が二番街通り,右が国際通り。

180923-150100
 二番街通り。回転寿司の「ひまわり寿司」はけっこう頻繁に利用した記憶がある。健在でなにより。回転寿司と言いつつ,寿司はあまり回っていなくて,ほとんど口答で注文するスタイルだった。

180923-150144
 二番街通りを北へ。

180923-150224
 東京チカラめしの焼き牛丼とマストドンはずいぶん話題になったけど,急に話題にならなくなった印象。

180923-150629
 二番街通りとふれあい通りの交差点。かばん屋がヨドバシカメラトラベル館になっている。

180923-150652
 ふれあい通りの西側を見る。ふれあい通りは東京都庁第一本庁舎と第二本庁舎の間の「ふれあいモール」,そして新宿中央公園西交差点に繋がっている。
 この時点ではマップカメラにも寄ろうと思いつつ,失念してしまって思い出横丁から歌舞伎町に向かってしまった。

180923-150810
 ふれあい通りと二番街通りの交差点。

180923-150926

180923-151017
 カメラのキタムラはよく知られた店だが,今まで私の行動範囲に店舗がなかったため利用したことがなかった。それのカメラのキタムラがヨドバシ帝国に殴り込み……

180923-151050
 ヨドバシカメラトラベル館。こうやってバッグがズラリと並んでいるのを見ると,ここがかばん屋だった頃を思い出す。

180923-151114
 ふれあい通りの東側(一番街通り側)を見る。

180923-151147

180923-151303
 二番街通りを北へ。ヨドバシカメラのゲーム・ホビー館がある。以前このへんにT-ZONEの小さな店(青梅街道の新都心歩道橋下交差点横の店舗は別)があったと記憶しているのだが,Wikipediaには記載がない。エレベータやエスカレータのない3階建てだったはずだが,勘違いかな。

180923-151355
 二番街通りを北へ。

180923-151458
 新宿郵便局前の通り。街路樹がある。
 昔このあたりに「くろんぼ」という小さな洋食屋があったのだが……

180923-151634
 モナリザが口をあけて驚いている広告のインパクトが強い世界堂新宿西口文具館。「驚異の価格」……

180923-152527
 中央通りのモード学園コクーンタワー。横に球体の低層棟(コクーンホール)がある。
 写真左は,リコーイメージングスクエア新宿がありPENTAXユーザーには馴染みのある新宿センタービル。

180923-152627
 明治安田生命新宿ビルの横にあった永和ビルは既に解体が終わっている。なるほど,明治安田生命新宿ビルの敷地と一体化すると,けっこう大きなビルが建てられそう。

180923-152739
 中央通りから小田急百貨店,京王百貨店を見る。ビルの竣工時には巨大なビルだったはずだが,現在は周囲の高層ビルに対して低層感が強くなっている。

180923-152802
 中央通りから明治安田生命新宿ビル・モード学園コクーンタワーを見上げる。

180923-152821
 そして中央通りの向かいにある新宿スバルビル。こちらも建て替えのために閉鎖され,解体工事が始まっている。

180923-152844
 新宿駅西口の巨大ロータリー。

180923-153153
 新宿駅西口。

180923-153247
 小田急百貨店とロータリー内側のバスのりば。

180923-153337
 小田急の新宿西口ハルク。テナントとしてビックカメラが入っている。

180923-153415
 巻積雲の鯖雲……

180923-153642

 新宿スバルビルの解体が始まっているのを見ると,地下にある『新宿の目』がどうなるのかが気になってきて,なくなる前に見ておきたくなる。

180923-155055
 新宿スバルビルの地下の入口。もちろん閉鎖されている。

180923-155131
 スバルビル『新宿の目』。

180923-155243
 新宿の目を気にする人は少なく,ほとんどの人はその前を素通りしてゆく。

180923-155301
 新宿の目。

180923-155342-Edit
 しばらく『新宿の目』を見ていたが,『新宿の目』を一番気にしていたのはこの女の子だった。

180923-155534
 ほとんどの人は素通り。東海道新幹線三河安城駅近くのニチバンの工場の「なくしてわかるありがたさ 親と建康と セロテープ」ではないが,人間は大切なものを失ってはじめてそのありがたさに気づくのだと思う。

180923-155744
 新宿駅西口地下広場の北側にある地下商店街「小田急エース(新宿駅西口地下街)」。

180923-160337
 デッキの上に出て,小田急百貨店本館の前を見る。

180923-160444
 小田急ハルクの東側から新宿大ガード西交差点方向を見る。

180923-160531
 新宿パレットビル。

180923-160546
 新宿西口思い出横丁(ションベン横丁)を見る。正式名称は新宿西口商店街。

180923-160656
 小田急ハルクの前から新宿エルタワー,モード学園コクーンタワーを見る。

180923-160722

180923-160842
 新宿駅西口の小田急百貨店。

180923-160909
 新宿駅西口の巨大ロータリー。地上と地下の2層になっている。

180923-160930

180923-161043

180923-161604
 小田急ハルク前のバスのりば。

 つづく……

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

西新宿〜歌舞伎町

【関連記事】
2011年8月 7日 (日曜日):新宿「しょんべん横丁」に夕立が降る
2007年11月24日 (土曜日):西新宿一丁目の繁華街を歩く
2007年11月11日 (日曜日):新宿のPENTAXフォーラムから西新宿へ
2006年1月 7日 (土曜日):古本市帰りに新宿西口を歩く
2005年8月27日 (土曜日):懲りずに新宿ニコンプラザへ
2005年6月19日 (日曜日):新宿で買い物三昧
2004年12月 5日 (日曜日):欲望の迷宮・新宿歌舞伎町
2004年2月 8日 (日曜日):新宿 2004.2.8
2003年10月26日 (日曜日):西新宿とFA43mm F1.9 Limited

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日曜日)

東西駅前広場が完成した京急蒲田駅へ

180415152400edit

東西駅前広場が完成した京急蒲田駅へ


180415-135332
 京急蒲田駅のコンコースに展示されている京急蒲田駅付近連続立体交差事業の模型。2017年3月に事業は完了している。京急蒲田西口駅前再開発は別事業なので「あすとウィズ(プラウドシティ蒲田)」は建っていない。

180415-135453
 高架化された京急蒲田駅と第一京浜(国道15号線)の間の空き地。呑川に架かる夫婦橋のたもと。

180415-135506
 駅前広場になるのかと思ったが,その気配はない。第一京浜を拡幅するのでもなさそう。どうするんだろう?

180415-135631
 京急蒲田駅西口。小さめのペデストリアンデッキが「あすとウィズ」に続いている。。このペデストリアンデッキの下に西口駅前広場がある。

180415-135648
 小さめの京急蒲田西口駅前広場。大々的にここに交通結節点を作ろうというものではなさそうだ。今まで駅前広場のなかった京急蒲田駅に駅前広場ができて,駅から少し離れた旧多摩堤通りに停車していた路線バスの一部が駅前広場に乗り入れることにはなった。タクシーのりばは便利になったように見える。
 京急蒲田とJR蒲田間のバスの経路は大きく変わったが,一見さんお断り状態(どのバスがどの経路を走るのかわかりにくいのなんの)は変わらず。なんとなく中途半端な印象を受ける。

180415-135736
 このペデストリアンデッキ,あすとウィズ側が少し高く,京急蒲田駅側が少し低くなっている。戸塚駅西口の段差ほどひどくはないが,わずかな傾斜でもなくせるものならなくしたほうがいいはず。あとから設計するほう(あすとウィズ側)が少し気を遣えばなくせるのに……

180415-135829
 とても綺麗になった京急蒲田駅。改札口を出たら5秒で商店街,という良さはなくなった。

180415-140020
 京急蒲田駅の東口側へ。京急空港線の2層の高架が壮観だ。
 駅と第一京浜との間に生まれた空間が,今後どのように利用されるのかがとても気になる。

180415-141404
 京急空港線と第一京浜。写真右側が京急蒲田駅東口と東口駅前広場を結ぶ新しい歩道橋。

180415-141512
 京急蒲田駅。

180415-141518
 第一京浜と大田区産業プラザPiO前の新しい歩道橋。

180415-141532
 東京ガス営業所跡地の京急蒲田東口駅前広場と大田区産業プラザPiO。

180415-141626
 第一京浜(国道15号線)。

180415-141649
 東口駅前広場に京急バスが入るところ。

180415-141749

180415-141826
 京急蒲田駅を振り返る。

180415-141936
 京急空港線。

180415-142023

180415-142112
 京急蒲田東口駅前広場。想像していたよりも小さい。西口駅前広場と同様に,ここを大々的な交通結節点にしようというものではなさそうだ。トラックとタクシーが停まっている中央部分はタクシープールのように見える。実際,標識の「P」マークには“タクシーに限る”と書かれている。しかし,周囲にタクシーのりばが設定されていないので,この広場からタクシーに乗るのは難しそうだ。せっかく作ったのに,有効利用されていないように見える。

180415-142235

180415-142447
 東口駅前広場のセブンイレブン。

180415-142549
 東口駅前広場。

180415-142757
 東口駅前広場の一般車乗降場所。せっかく一般車用の場所が設置されているのだが,有効に利用されているようには見えなかった。

180415-142828

180415-143039
 南蒲田一丁目の京浜蒲田駅前通り商店街へ。

180415-143054
 左が京浜蒲田駅前通り商店街,右は京急空港線の高架化工事にあわせて(たぶん)新しく作られた道路。

180415-143110
 京浜蒲田駅前通り商店街。「歓迎 京急立体歩道完成・祝・京急エスカレーター完成」の立て看板。京急空港線の高架化工事で第一京浜に架かっていた旧歩道橋が一時的に撤去され,大田区産業プラザPiOの前を遠回りさせられた時期は不便だったろうことを考えると,歓迎の立て看板にこめられた意味がわかる。

180415-143232
 東京都内でよく見る道路標示。自転車は左側通行であることを意味するはずだが,自転車は逆走してこっちに向かってくるようにしか見えない。

180415-143328
 京浜蒲田駅前通り商店街。

180415-143455
 人形焼きで有名な明平製菓。午前中に売り切れてしまうらしい。

180415-143631
 京急蒲田駅方向を振り返る。

180415-144007

180415-144035
 京浜蒲田駅前通り商店街を東へ。

180415-144336

180415-144355
 京急空港線の電車が走ってきたところを撮影。

180415-144422
 京浜蒲田駅前通り商店街の桑田自転車商会。

180415-144615
 京浜蒲田駅前通り商店街の五叉路。サイクルショップ(桑田自転車商会)の隣にリサイクルショップがある。

180415-144624
 南蒲田一丁目の京浜蒲田駅前通り商店街。前日からの雨が上がって蒸す感じだったところに日射しが出てきたら,まだ4月だというのに暑くなってきた。

 どうでもいいけど,地図を見ていたらこの先に「酒井製麺」があることに気づいた。たぶん横浜家系ラーメンの主要な店の麺を作っているところだと思う。私の自宅がある上永谷付近では,本牧家と環2家の麺が酒井製麺製。行ってみたい気もしたが,製麺所でラーメンが食べられるわけじゃないのでやめといた。

180415-144659
 京浜蒲田駅前通り商店街の五叉路。

180415-144804
 五叉路の北西側の夫婦橋方向を見る。

180415-145003
 北側から五叉路を振り返ると,奥の京急空港線の高架線を電車が走る。

180415-145341
 京浜蒲田駅前通り商店街を引き返す。工事中のフェンスは(仮称)京急蒲田駅前ホテル計画新築工事で,地上6階建ての予定。

180415-145403
 商店街を引き返しながら,電車が走ってくるたびに立ち止まって撮影……

180415-151235
 大田区産業プラザPiO。あれこれ検索してみたけど「大田区産業プラザPIO」と「アスプラザ」と「TIRI」の包括関係がよくわからなかった。

180415-152003

180415-152021
 羽田空港行きの電車が走り去る。

180415-152128
 京急蒲田東口駅前広場にバスが入ってきた。

180415-152152
 京急蒲田東口駅前広場の京急蒲田駅バス停を発車した蒲36系統森ヶ崎行きのバス。京急蒲田駅バス停には次から次にバスがやってくるわけではなく,意外にバスの本数が少ない。バスの所要時間を考えれば,第一京浜に大きめのバス専用切り欠きを設ける程度のほうが便利だったんじゃないかと感じるほどだ。

180415-152400
 上下高架線同時に電車がやってくると嬉しくなる。上下と書いたが,京急空港線の京急蒲田駅〜糀谷駅間は単線並列なので,上下どちらの線路にも上り電車と下り電車の両方が走る。

180415-152752
 PiO前の歩道橋から京急蒲田東口駅前広場を見下ろす。

180415-152835
 第一京浜と環八通りが交差する南蒲田交差点方向を見る。第一京浜が環八通りの下をくぐる立体交差(蒲田立体)になっている。

180415-153057
 第一京浜の南蒲田交差点方向からやってきたJR蒲田駅行きのバスが京急蒲田駅前交差点を左折し,旧多摩堤通りに入るところ。

 この写真でもわかるように,JR蒲田駅行きのバスは第一京浜から旧多摩堤通りに入れるが,逆に旧多摩堤通りから第一京浜に出て南蒲田交差点方向に右折することができなくなっている(以前は可能だった)。

180415-153125
 何はともあれ第一京浜のネックになっていた京急空港線の踏切と南蒲田交差点の環八通りとの平面交差は解消した。

180415-154501

180415-154510
 大田区産業プラザPIOから大きなキャリーバッグをゴロゴロ転がす集団がたくさん出てきて,京急蒲田駅に向かっていた。不思議な感じの人たちだったが,何かマニアックな催し物があったようだ。

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

京急蒲田

【関連記事】
2007年10月28日 (日曜日):京浜蒲田商店街「あすと」を歩く
2009年12月12日 (土曜日):京急蒲田駅周辺高架化工事の進捗状況
2013年8月25日 (日曜日):解体工事が進む京急蒲田西口駅前地区
2015年12月26日 (土曜日):蒲田駅東口の歓楽街から京急蒲田駅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日曜日)

春を追って 赤坂サカスから赤坂見附へ

180325145313edit

春を追って 赤坂サカスから赤坂見附へ


 春になると故郷の福島県三春町の「滝桜」のようすがとても気になる。三春の殿様も春には滝桜の開花状況が気になったらしく,早馬を立てて滝桜のようすを毎日報告させたという。
 平民の私は早馬を立てるわけに行かないので,Twitterでときどき検索して滝桜が咲いたかどうかをチェックしている。“三春 滝桜”などのキーワードで検索するわけだが,全国に滝桜の子孫樹が植えられていて,しかもそれぞれの地域で「滝桜」と呼ばれていたりするため,まだ開花前だったり満開になっていたりする報告が混在していて悩ましい。

 三春滝桜は通常は4月中頃に開花するのだが,エドヒガン系のベニシダレザクラなので,関東地方などに植えられた子孫樹はソメイヨシノよりも早い3月の彼岸頃に花を咲かせるのだ。
 特に赤坂サカスのシンボルツリーとなっている三春滝桜の子孫樹は,正式名称は「三春桜」となっていても「滝桜」と呼ぶ人が多く,Twitterを見ているととても気になる存在だ。

 今年の冬は2月まで非常に寒い日が続き,3月になってから急に暖かい日が続いたために休眠打破が進んで平年よりも一週間以上も開花が早く,しかも開花してから満開になるまでがあっという間だった。やや異常な開花状況だったこともあってか,赤坂サカスではベニシダレザクラとソメイヨシノがほぼ同時に満開になっているらしい。

180325-143747
 というわけで,千代田線の赤坂駅を出て赤坂サカスのSacas広場へ。正面がTBS放送センター,写真右が赤坂BLITZ。

180325-143902
 Sacas坂から国際新赤坂ビル東館を見る。

180325-143935
 赤坂Bizタワー横のSacas坂。

180325-144112

180325-144253
 Sacas広場の前のザ・ヘクサゴン。幾何学的な造形で,写真を撮るときに水平を取るのに苦労した。

180325-144340
 赤坂Bizタワーと千代田線赤坂駅の入口。写真左に見える枝垂れ桜が三春桜である。

180325-144533
 赤坂BLITZ・赤坂ACTシアターとSacas坂の間にある三春桜。赤坂サカスのシンボルツリーであるが,まだ若木でそれほど大きくはない。

180325-144835
 三春桜。

180325-144938
 赤坂サカスのシンボルツリー「三春桜」。“日本三大桜”のひとつであり,天然記念物にも指定されている三春滝桜の子孫樹である。

 ソメイヨシノの種子から育った桜はソメイヨシノにならないため,ソメイヨシノはすべて接ぎ木で栽培されたクローン植物であることはよく知られている。

 それに対して,滝桜のエドヒガンは野生種なので種子から芽吹いた苗から育てることができる。これを実生(みしょう)という。滝桜の子孫樹には実生のものと接ぎ木のものがある。実生のもののほうが寿命が長いという話を聞いたこともあるが,実際のところはわからない。実生の苗は,育ったときに綺麗に枝垂れるかどうかはわからないので,クローンとなる接ぎ木の確実性も捨てがたいらしい。

 ただ,天然記念物である滝桜そのものの枝は折ることができないし,昔から三春甚句で「滝の桜に手は届けども 殿の桜で折られない」と唄われて守られてきたように,滝桜の枝を使った接ぎ木はありえない。とすると,接ぎ木の苗の親木は滝桜なのかどうか……?

 さて赤坂サカスの三春桜は実生だろうか,それとも接ぎ木だろうか。

180325-145004

180325-145055
 三春桜。数日前に満開になったと聞き,確かに落ちている花びらも多いように感じたが,よく見ると枝先の花はまだ咲いていない。枝先まで花が咲いてボリューム感が出るのは数日後かもしれない。

180325-145122

180325-145153
 角度を変えて三春桜を撮りまくるが,なかなか良い感じの写真にならない。

180325-145311
 なかなか良い感じの写真が撮れないと悩んでいるうちに,三春桜に少しずつ高層ビルの影が落ち始めてしまった。

180325-145336

180325-145953
 Sacas坂のソメイヨシノ。

180325-150119
 さくら坂。赤坂サカスには11種類の桜が植えられているそうだが,このあたりもソメイヨシノっぽい。

180325-150136
 さくら坂からSacas坂を振り返る。

180325-150233
 赤坂ACTシアター。

180325-150323
 赤坂ACTシアター横の階段。

180325-150418

180325-150915
 赤坂ACTシアターの前。

180325-151000
 Sacas坂。

180325-151033
 さくら坂。赤坂アプローズスクエア迎賓館の横。

180325-151208
 さくら坂で桜の花を撮る人たち。

180325-151324
 さくら坂の赤坂アプローズスクエア迎賓館前。

180325-151534
 突き当たりが一ツ木通り。奥に見える高層ビルはNTTドコモの本社が入っている山王パークタワー。

180325-151901
 一ツ木通りの赤坂一ツ木通り商店街。

180325-152039
 赤坂Bizタワーの正面入口。

180325-153109
 一ツ木通りから赤坂みすじ通りに抜ける路地。

180325-153159
 一ツ木通りで遅い昼飯を食べる店を探す。

180325-154029
 生まれて初めてのゴーゴーカレー。赤坂まできてゴーゴーカレーか,とも思ったが,普段の行動範囲にゴーゴーカレーの店がないため,こんなときにでもないと入る機会がないと思って……

180325-155602
 赤坂一ツ木通り商店街。

180325-155623
 一ツ木通り。

180325-155751
 一ツ木通りから赤坂みすじ通りへ。

180325-155815
 赤坂みすじ通りの北側を見る。

180325-155905
 みすじ通りの南側を見る。

180325-155950
 赤坂館(第8荒井ビル)。

180325-160047
 コンチネンタル赤坂Vビルの前から南側を見る。

180325-160125
 みすじ通りから一ツ木通りに抜ける路地。

180325-160219
 コンチネンタル赤坂Vビルとセンチュリオンホテル・キャビン・タワー。

180325-160304
 みすじ通りを北へ。

180325-160438
 みすじ通りから田町通りへ。

180325-160507
 赤坂田町通り……と思ったら,エスプラナード赤坂通りと名称が変わっていた。

180325-160540
 エスプラナード赤坂通り。エスプラナードとは「貴族の散歩道・高貴な避暑地の遊歩道」という意味らしい。みすじ通りと同様に飲食店の多い商店街である。かつてはいわゆる「赤坂の料亭」が軒を連ねていたところだから,飲食店が多いのはその名残とも言える。

180325-160619
 エスプラナード赤坂通り。

180325-160656
 エスプラナード赤坂通り。記憶が昔のまま留まっているので,赤坂田町通りのほうがしっくりくる。

180325-160726
 エスプラナード赤坂通りを北へ。

180325-160837

180325-160912
 外堀通り,日枝神社の鳥居。

180325-160924
 外堀通りの山王下・溜池交差点方向を見る。

180325-161032
 外堀通りの赤坂見附方向を見る。ホテルニュージャパン跡地には高層ビルのプルデンシャルタワーがそびえる。

180325-161244
 みすじ通りに戻る。

180325-161259
 赤坂みすじ通りを北へ。

180325-161607
 ピカソ赤坂店。よく見たらドン・キホーテ。通常のドン・キホーテとは一線を画した「高感度型モデル店舗」だそうだ。
 歓楽街の「ピカソ」なので,一瞬大分市の都町を思い出してしまった。

180325-161629
 みすじ通りから一ツ木通りに抜ける路地。

180325-161640
 ピカソ赤坂店。

180325-161734
 ビルの中に埋没しつつある木造数寄屋建築の「赤坂金龍」。料亭「赤坂金龍」をリニューアルした和食料理店である。

180325-161750
 赤坂金龍の前から赤坂みすじ通りの北側を見る。

180325-161905
 みすじ通りから赤坂グランベルホテルの前を通ってエスプラナード赤坂通りに抜ける路地。奥にプルデンシャルタワーが見える。

180325-162200
 みすじ通りから一ツ木通りに抜ける路地。食堂「新蔵」,てんぷら「利久」,小料理「おこげ」と赤坂価格じゃない店が並ぶ。

180325-162255
 みすじ通り。

180325-162334
 センチュリオンホテル・ヴィンテージの前から赤坂みすじ通りの北側を見る。

180325-162355
 みすじ通りを北へ。

180325-162447
 赤坂月世界ビルの前。

180325-162459
 赤坂月世界ビル。大きな飲食店ビルである。

180325-162523
 赤坂みすじ通り北側の四ツ辻。

180325-162656
 みすじ通りの南側を振り返る。

180325-162859
 一ツ木通り方向を見る。

180325-162946
 エスプラナード赤坂通りから一ツ木通り方向を見る。

180325-163013
 エスプラナード赤坂通り。突き当たりは外堀通りで,正面に東急プラザ赤坂がある。

180325-163023
 エスプラナード赤坂通り。

180325-163043
 エスプラナード赤坂通りの北側を見る。正面にホテルニューオータニガーデンタワー・ガーデンコートが見える。

180325-163149
 エスプラナード赤坂通りの南側を見る。

180325-163219
 外堀通りの東急プラザ赤坂(赤坂東急ビル)。

180325-163322
 外堀通りの南側を見る。

180325-163509
 東京メトロ赤坂見附駅の駅ビル「ベルビー赤坂」の前から外堀通りの北側を見る。ベルビー赤坂には核店舗としてビックカメラ赤坂見附駅店が入っている。赤坂の街にカラオケ店があふれ,ドン・キホーテやビックカメラが並ぶ。赤坂の街の印象もすっかり変わってしまった。

180325-163635
 外堀通りの赤坂見附交差点。東急プラザ赤坂が健在なので,ここが赤坂見附だということがわかる。正面は赤坂プリンスホテル跡地の地上36階建て紀尾井タワー(東京ガーデンテラス紀尾井町)。地上40階建てだった赤坂プリンスホテル新館が取り壊され,36階建てのビルが建ったことことになる。

180325-163816
 外堀通りと青山通りが交差する赤坂見附交差点。

180325-163859
 赤坂見附のタクシーのりば。

180325-164254
 赤坂見附駅へ。「二刀流、夢の挑戦。」ということで,大谷翔平出場ゲームをJ SPORTSが全試合放送するようだ。

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or Apple iPhone 7

春を追って 赤坂サカスから赤坂見附へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日曜日)

うめちゃんと笑おう 梅屋敷東通り商店街

180204155752hdredit

うめちゃんと笑おう 梅屋敷東通り商店街


 いつものように目的地もなく京急線の普通電車品川行きに乗っていた。京急蒲田駅に着いたときに,そういえば最近梅屋敷駅で下車してないなと思い,隣の梅屋敷駅で下車する。

180204-140300
 梅屋敷駅で下車する。2012年に上下線とも高架化されたホームに,以前の梅屋敷駅の面影はない。

180204-140610
 梅屋敷駅の改札口を出る。以前は踏切の両側まで商店がびっしり並んでいたが,婦人服の橋本屋だけがぽつんと残っている。

080607174749
 ちなみにこれは京急線が高架化される前の梅屋敷駅改札口前の写真。2008年6月7日撮影。

180204-140630
 第一京浜(国道15号線)の梅屋敷駅入口交差点側には居酒屋梅林とそば処しなのが残っている。

180204-140740
 まずは駅の西側,ぷらもーる梅屋敷商店街(梅交会商店街)へ。ぷらもーる梅屋敷商店街は,梅屋敷駅東側の梅屋敷駅入口交差点から東邦医大通りまで街区ごとに一番街〜五番街に分かれている。

180204-140836
 ぷらもーる梅屋敷商店街側から京急線の高架下を振り返る。

180204-140923
 京急梅屋敷駅の西側。細い路地に並んでいた家屋がなくなり,広い道路ができている。駅の南北に広い通りがあるわけでもなく,何のための空間かがよくわからない状態。梅屋敷駅の側面も,街の表玄関として人に見せるような状態ではなく,家並みの中の一軒が解体されて,見えてはいけない側面が見えているような感じだ。

180204-141045
 ぷらもーる梅屋敷商店街から梅屋敷駅を見る。梅屋敷駅の側面が殺風景なのはここも同じで,窓ぐらい付ければホームからの眺望も生まれるし,外観のアクセントにもなるのに……と思う。

180204-141150
 ぷらもーる梅屋敷商店街(ぷらもーる一番街)。

180204-141306
 ぷらもーる梅屋敷商店街(ぷらもーる一番街)を西へ。

180204-141406
 ぷらもーる梅屋敷商店街。
 天気が良すぎて直射日光が強く,露出が難しい。日陰の様子を写そうとすると,雲や直射光が当たったところが白く飛んでしまう。

180204-141448
 ぷらもーる梅屋敷商店街(二番街)。

180204-141605
 二番街から一番街を振り返る。

180204-141714
 一番街と二番街の境界を南北に貫く通り。大森西六郵便局の前から南側を振り返る。

180204-141806
 とんかつ福子(ふくね)。

180204-141847
 やきとり「たぬき」,健康苑「中国」……

180204-142143
 ぷらもーる梅屋敷商店街に戻り,中華料理「竜香飯店」。

180204-142201
 ぷらもーる梅屋敷商店街(二番街)。洋菓子「シェークドール」の前から西側を見る。

180204-142302
 中国料理「菜香園」の前から東側を振り返る。

180204-142333
 ぷらもーる梅屋敷商店街二番街と三番街の境となる四ツ辻から西側を見る。

180204-142352
 ぷらもーる梅屋敷商店街二番街を振り返る。写真右側の吉田時計店のテントの形が絶妙だ。

180204-142515
 ぷらもーる梅屋敷商店街三番街と四番街の間に「ぷらもーる梅屋敷」の商店街アーチがある。

180204-142542
 うどん・そば「なごみ亭」。ベーカリー「日の出」は土日祝日が定休日。地元密着らしく,私が利用するのは難しそう。

 このあたりで急に腹痛を感じ,トイレに行きたくなる。困ったことに,最近よくある。とりあえず梅屋敷駅に戻ることにする。

180204-142948
 梅屋敷駅に引き返す。高架駅のホームが見えてきた。

180204-143002
 立神双葉開発の小さな店舗がかわいい。

180204-144957
 トイレを済ませた後,また同じ商店街を戻るのもバカらしいので,梅屋敷駅の東へ。

180204-145027
 梅屋敷駅の横にぽつんと残った婦人服「橋本屋」。京急線の線路と第一京浜の間が軒並み更地になっている。何が予定されているのだろう。バス路線網の要になっているわけではないので,公共交通機関の結節点・ターミナルにする計画はさすがに無理があるし,西口側も含めてマイカー・タクシーでのアクセス用スペースと駐輪場にするには,広大すぎるような気がする。

180204-145049
 梅屋敷駅入口交差点の梅交会商店街の商店街アーチとそば処しなの。ぷらもーる梅屋敷商店街はここから西側に続いている。

180204-145144
 第一京浜(国道15号線)の梅屋敷駅入口交差点の東側は梅屋敷東通り商店街となっている。

180204-145228
 梅屋敷駅入口交差点から梅屋敷梅交会商店街の商店街アーチを振り返る。

180204-145318
 そば処しなのと居酒屋梅林のところだけ,ぽつんと建物が残っている。

180204-145333
 第一京浜の南側を見る。京浜急行の線路との間はやはり更地になりつつある。

 第一京浜の拡幅計画がありそうだが,蒲田から梅屋敷までを拡幅しても,すぐ北側の大森警察署前交差点や環七通りと交差する大森東交差点(平和島駅前)をどうにかしないと,あまり効果的ではなさそうだ。

180204-145506
 梅屋敷駅の南側,焼肉「銭屋」の前。ここにあった踏切は,6両編成の電車が踏切上にはみ出すため,ドアカット(停車中にドアが開かない)していたことで有名だった。高架化でドアカットも解消し,電車のドアに書かれていた「このドアは梅屋敷駅では開きません」の表示もなくなった。

080607154753
 2008年6月7日に撮影した,踏切にはみ出した状態で停車する品川行き普通電車の写真。

080614144009edit
 京急線のドアに貼られていた「このドアは梅屋敷駅では開きません」ステッカー(2008年6月14日撮影)

180204-145555
 現在の写真に戻る。

 梅屋敷駅や大森町駅界隈には自動車が普及する前に市街化した住宅地が広がっているため,駅への車でのアクセスが非常に不便である。駅の高架化にともなう再開発では,当然駅へのアクセス改善が望まれるだろう。

 しかし,残念ながら連続立体交差事業によって駅の周辺に生まれた土地を全部道路にしても,駅前に続く道路が細いままでは何の改善にもならない。駅前に駐車エリアを設けることによって,むしろ周辺の細い生活道路が不便になる可能性のほうが高い。

 防災空間(延焼防止空間,避難場所)としての公園緑地,そして自転車利用者の多い大田区に望まれる巨大な駐輪場を作ることが,ひょっとしたら最も望まれている土地の利用方法なのかもしれない。

180204-145700

180204-145844
 第一京浜の梅屋敷駅入口交差点を渡り,駅の方向を振り返る。

180204-145949
 梅屋敷駅入口交差点の東,梅屋敷東通り商店街へ。

180204-150029

180204-150101
 梅屋敷東通り商店街の三叉路。中華料理「華の星」。

180204-150134
 いつも客がいっぱい,牛豚肉臓器卸やきとり「竹沢商店」。テイクアウトの焼鳥が安くて美味い。

180204-150206
 梅屋敷東通り商店街の三叉路から梅屋敷駅入口交差点を見る。

180204-150249
 うめやストアー。魚屋「め組」,肉のみやがわ,荻原青果店が入ったマーケット。残念ながら日曜日は定休日。

180204-151609
 竹沢商店の前の三叉路を振り返る。
 通りすぎようとしたが,残念ながら焼鳥の魅力に惹きつけられてしまった。買わずに通り抜けられない。

180204-150630
 竹沢商店で買った焼鳥。あつあつ……

180204-151631
 梅屋敷東通り商店街を東へ。街路灯に商店街のイメージキャラクタ「うめちゃん」の旗が下がる。2012年(平成24年)に誕生したキャラクタとのこと。

180204-151703
 安心して歩ける梅屋敷東通り商店街。15時〜19時は車両通行止め(歩行者天国)になる。

180204-151720
 八百惣本店の前から三叉路を振り返る。八百惣も残念ながら日曜祝日が定休日。活気ある商店街を見たいときは平日か土曜日に来なければならないようだ。

180204-151750
 八百惣本店の横の路地から梅屋敷東通りを見る。正面はおもちゃ・プラモデル・花火「みやかわ」。

180204-152253
 串揚げ・とんかつ・メンチ・お酒「まうか食堂」。舞花食堂と書くらしい。そりゃ読めないわ……

180204-152308
 おもちゃ「みやかわ」の前から西側を振り返る。

180204-152435
 梅屋敷東通り商店街コミュニティセンターの前から炭火伊酒場「とりっとりあ」前の四ツ辻を見る。

180204-152452
 炭火伊酒場「とりっとりあ」。炭火伊? イタリア?

180204-152646
 うなぎ「五合(はんじょう=一升の半分かな),とんかつ「あずま」。

180204-152737
 梅屋敷東通り商店街を東へ。

180204-152807
 西側を振り返る。

180204-152900
 梅屋敷東通り商店街は曲がりくねりながら産業道路の弁天神社前交差点まで続いている。

180204-152907

180204-152946
 食品ストアー(丸市食品ストアー)。

180204-153046

180204-153200
 丸市食品ストアー(丸市商店)。

180204-153218
 このあたりは明治時代は「前方」という集落で,旧東海道の北蒲田から旧呑川の河口付近にあった川端の集落を結ぶ道が通っていた。都市の中の曲がりくねった道は,ほとんどの場合は歴史の古い道である。

180204-153238
 丸市食品ストアー(丸市商店)。

180204-153307
 かねこ玩具店。

180204-153341
 かねこ玩具店の前から梅屋敷東通り商店街の東側を見る。

180204-153353
 横並びの自転車軍団……

180204-153416
 酒処「だるま」の前の丁字路。

180204-153434
 丁字路の北側を見る。

180204-153527
 丁字路の北側から梅屋敷東通りの丁字路を振り返る。

180204-153949
 八百屋の激安「八百長」。ネーミングがすごい。残念ながらここも日曜は定休日。

180204-154020
 長亨山大林寺。このあたりが大森中二丁目の真ん中になり,梅屋敷東通り商店街の真ん中でもある。

180204-154033
 K-PORT DRUG MART。

180204-154135
 K-PORT DRUG MARTの前から激安「八百長」の前の丁字路を見る。

180204-154405
 カフェ「クリッパー」の前の四ツ辻。梅屋敷東通り商店街を南北に横切る(写真の中では左右)この道路は比較的新しく作られたこともあって,比較的真っ直ぐになっている。

180204-154509
 カフェ「クリッパー」の前から梅屋敷東通り商店街の東側を見る。

180204-154645
 クリッパーの隣はイタリアンレストランの梅屋敷デルソーレ。居酒屋「友華」の隣のゴマメーラは何の店か不明。

180204-154742
 前面のアールがかわいい。

180204-154943
 梅屋敷東通りから北に真っ直ぐに延びる通り。左側にアパート群があるが,通りに面して出入口がなくて不思議な感じ。

180204-155000
 西側を振り返る。

180204-155123
 富士自転車の川見屋自転車店。

 富士自転車は私が小学生の頃にフラッシャー付きの自転車を出したり,学生時代にはOlympicブランドのスポーツ車を出していた。

 小学生の頃に読んだ漫画「サイクル野郎」の影響も残っており,大学生になってランドナー車かツーリング車が欲しくて,各社のカタログを見まくったことを覚えている。結局,ブリヂストンのダイヤモンドツーリングに憧れつつ(小学生の頃に一緒にサイクリングに行った社会人のOさんがダイヤモンドに乗っていた),同じブリヂストンのユーラシアランドナーを買ったのだった。

180204-155302
 HAIR SALON「ナカダ」とBeauty Salon「アマヒ」が並んでいる。

180204-155335
 AEONの「まいばすけっと」。

180204-155359
 まいばすけっとの前からBeauty Salon「アマヒ」,HAIR SALON「ナカダ」を振り返る。

180204-155527

180204-155552
 おそば「大むら」。

180204-155626
 印章「墨印堂」,そしてタケウチ製パン(タケウチベーカリー)。

180204-155650

180204-155752-HDR
 うなぎ・天ぷら「源八」の前からタケウチ製パンを見る。露出ブラケット写真をHDR処理した。

180204-160239
 サンドウィッチも調理パンも具がいっぱい。目移りする……

180204-160804
 タケウチベーカリー(タケウチ製パン)の前から梅屋敷東通り商店街の西側を振り返る。

180204-160818
 産業道路(国道131号線)の弁天神社前交差点。梅屋敷東通り商店街はここまで。

180204-160849
 産業道路の弁天神社前交差点から梅屋敷東通り商店街を振り返る。

180204-160926
 産業道路の弁天神社前交差点。

180204-161027

180204-161108
 産業道路を渡り,梅屋敷東通り商店街を見る。

180204-161218
 弁天神社前交差点の横にある三輪厳嶋神社。かつてこの地の名産であった海苔に関する由来があり,弁天神社とも呼ばれている。境内は弁天神社児童遊園となっており,この日も子供たちがかくれんぼをして遊んでいた。

180204-161446
 三輪厳嶋神社。三輪神社に厳嶋神社を合祀したらしい。

180204-161521
 鳥居の額束には三輪・厳嶋神社と併記されている。

180204-161533
 梅屋敷東通り商店街から弁天神社前交差点を越えて続く大森東四丁目の通り。商店街名はみあたらないが,古くから残る道だけあって商店が多い。

180204-161611
 大森東四丁目の甘味処「福田屋」。

180204-161630
「ソフトクリーム福田屋」という看板と「今川焼 福田屋」という暖簾。子供たちに人気らしく,ちょうどこのときにも自転車でやってきた子供たち3人組が店に入っていった。

180204-161937
 福田屋の隣はキッチンコロッケ。

180204-162710
 竹沢商店の焼鳥,タケウチベーカリーの調理パンを食べた後なのに,福田屋に引き返して季節的に今川焼を買ってしまう。子供の頃,親から「○○(私の名前)は腹が一杯でも眼で食べたがるから」と言われた言葉を思い出す。

180204-164252
 あんこがみっしり入った今川焼。

180204-162830
 弁天神社前交差点方向に引き返す。

180204-162930
 ここ大森東四丁目に川端自治会の掲示板があった。ということは,このあたりが旧呑川の河口で,大森東五丁目からは濱端と呼ばれた干潟,もしくは東京湾埋め立て地だったと思われる。

180204-163111
 弁天神社前交差点。

180204-163227
 弁天神社前交差点のセキデンキ。美しい建物だ。

180204-163449
 弁天神社バス停で大森駅行きのバスを待つ。

180204-164033
 あっという間に平和島駅バス停に到着。

180204-164653
 平和島駅で普通浦賀行きの電車を待つ。やってきた電車は京急蒲田行き。浦賀行きが来るまで,ホームのベンチで福田屋で買ったもうひとつの今川焼を食べる。ちゃんとした昼飯を食べなかったが,腹が一杯だ……

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or Apple iPhone 7

梅屋敷東通り商店街

【関連記事】
2008年6月 7日 (土曜日):梅雨の晴れ間に梅屋敷
2009年11月 3日 (火曜日):木枯らし一号と梅屋敷
2014年10月29日 (水曜日):梅屋敷〜キネマ通り商店街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火曜日)

「江戸本町」日本橋本町を歩く

180102154801editedit

「江戸本町」日本橋本町を歩く


 謹賀新年。

 年末に買い込んだ食料を食べながらの寝正月。しかし不満がある。福島県人の正月に欠かせない食べもの“いかにんじん(にんじんいか)”がない。あまりにローカルな食べものなので,残念ながら神奈川県では入手できないのだ。
 食べたくなると,もう我慢ができない。天気もいいし,東京の日本橋ふくしま館「MIDETTE」まで買いに行く……

 JR戸塚駅で総武線直通の横須賀線電車に乗り新日本橋駅で下車すれば,日本橋ふくしま館「MIDETTE」まで徒歩1分だ。

180102-150211
 新日本橋駅で下車。地上に出る。室町3丁目交差点の南側(写真右)では「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」の26階建て再開発ビルの建築中。昨年5月に来たときにはまだ建物の姿は見えなかったが,あっという間にビルのかたちになっている。
 中央通りを挟んだ区画でも(仮称)JPビルディングの建築が進んでいる。

180102-150720
 中央通りの室町3丁目交差点から徒歩30秒で日本橋ふくしま館「MIDETTE」に到着。

180102-150916
 日本橋ふくしま館「MIDETTE」。会津地方の郷土玩具「赤べこ」が首を振ってお出迎え。

180102-152441
 いかにんじん他を大量に買い込む。初売りのお振る舞いとして,買い物客全員に白河産コシヒカリ2合の「合格祈願力米」が配られた。

180102-153553
 室町3丁目交差点を走る「メトロリンク日本橋」の無料巡回バス。沿道の企業が協賛金を出して日の丸自動車興業が東京駅〜日本橋〜京橋を無料で周回運行している。同様の無料循環バスには丸の内・大手町を巡回する「丸の内シャトル」や,台場の東京ベイシャトルがあり,東京の凄さを感じる。
 メトロリンク日本橋には低公害車としてタービン電気バスも走っており,ぜひ一度乗ってみたい。

180102-153815
 江戸通りの新日本橋駅前郵便局の前から北に入り「時の鐘通り」との交差点。

 写真の交差点を左右に横切っているのが「時の鐘通り」。西側(写真左)に曲がると日本橋ふくしま館「MIDETTE」の前に出るのだが,そこのさくら室町ビルのあたりに江戸の町に時を知らせる「石町時の鐘の鐘楼堂」があったという。
 昭和になって鐘楼は日本橋小伝馬町の十思公園に移され,鐘は東京都の指定文化財になっている。時の鐘の鐘楼堂跡から十思公園までのこの道は「時の鐘通り」と命名された。

180102-154000
 時の鐘通りの一本北側の通り。

180102-154040
 日本橋本町四丁目の「時の鐘通り」の一本北側の通り。日本橋本町三丁目あたりは製薬会社が多いことで知られるが,四丁目にも製薬会社がとても多い。
 細長い竹の門松としめ縄は江戸時代から続く伝統的なものらしい。一般的に想像する太い竹を斜めに切った門松とはちょっと違う。

180102-154117

180102-154148
 日本橋本町四丁目,細い路地が並ぶ一郭。

180102-154313
 細い路地にも薬品の会社や化学会社がある。

180102-154450
 岩城製薬や中外薬品工業がある通り。「カケン」は繊維製品の試験を行う会社で,財団法人日本化学繊維検査協会の略称らしい。
 ここにも伝統的な葉っぱまでついた竹を使った門松がある。

180102-154603
 時の鐘通りの見事な看板建築。

180102-154618
 時の鐘通りのホテルかずさや。ここの門松も伝統的なもの。

180102-154702

180102-154744
 時の鐘通りの銅板張り看板建築群。

180102-154825
 時の鐘通りの看板建築群。

180102-154839
 こうやって伝統的な門松が並ぶと,江戸っ子の文化が生きていることを実感する。

180102-154854
 スクラッチタイルの看板建築。

180102-154934
 時の鐘通りの看板建築群。すばらしい。

180102-155008
 時の鐘通りから昭和通りに出たところにうなぎ割烹「大江戸」がある。

180102-155035
 うなぎ割烹「大江戸」。

180102-155131
 昭和通り。高架は首都高速1号上野線。

180102-155455
 東急ステイ日本橋の裏側。時の鐘通りに続く細い路地にも看板建築が連なっている。

180102-155730
 むちゃくちゃシブい外観の喫茶店「ラフレッサ」。

180102-155815
 店頭に「麻雀カガ」の看板があるので雀荘かと思ったが,よく見たら「カガ」は2F。まぎれもなくCAFE LAFRESAである。この写真の角度ではわかりにくいが風見鶏がある。

180102-155918
 喫茶「ラフレッサ」。土日祝日は定休日。残念ながらこの日も休みだった。

180102-155947
 麻雀「カガ」の看板がまぎらわしい。

180102-160028
 喫茶店「ラフレッサ」の2Fが麻雀「カガ」。

180102-160043
 寿司「日本橋」の前から中央通り方向を見る。

180102-160306
 昭和化学株式会社の前から東側の昭和通り方向を見る。西日のように見えるが,十思公園あたりのビルに西日が反射しているようだ。

180102-160323
 昭和化学の前の四ツ辻。

180102-160648
 本町交番横の地蔵橋公園で一休み。

180102-160749
 地蔵橋公園で,日本橋ふくしま館で買ったばかりの福島市駒田屋本舗「みそぱん」を食べる。

180102-161806
 地蔵橋公園には竜閑川埋立記念の碑が立っている。千代田区神田と中央区日本橋の連名である。竜閑川は,防火のために神田橋と常盤橋の間から外堀の水を浜町川に流すように掘った人工の堀で,神田八丁堀,白銀町堀とも呼ばれ,日本橋と神田の境界になっていたようだ。

180102-161839
 ビル街にある福田稲荷神社。ふと気付くと,2018年の私の初詣はここ福田稲荷神社ということになる。

180102-162327
 地蔵橋公園から昭和通りを渡り地蔵橋南東児童遊園へ。

180102-162718
 東洋経済本町ビルの前からニュー本町ビルを見る。

180102-162746
 東洋経済本町ビルの前から地蔵橋公園側を振り返る。昭和通りは中央分離帯で分断されており,車は横断することができない。

180102-162807
 日本橋小伝馬町の十思公園方向を見る。

180102-162904
 日本橋本町郵便局。

180102-163051
 時の鐘通りの藤井硝子店の隣,株式会社「ジャパ・コン」の看板建築。ベランダ上部のアーチを支える円柱の造形。大きいアーチと小さなアーチが面白い。

180102-163333
 時の鐘通りを東へ。路地を入ったところに藤川商店がある。

180102-164136
 時の鐘通りを東へ。日本橋本町四丁目から日本橋小伝馬町に入ったところにある十思スクエア。大きな角アールの正面とアーチ窓のデザインが特徴的なこの建物は,関東大震災後の復興事業で1928年(昭和3年)に建てられた復興小学校の旧十思小学校である。

180102-164149
 時の鐘通りの旧十思小学校の前から北側を見る。

180102-164304
 時の鐘通りから江戸通り(国道6号線)に出る。

180102-165720
 江戸通り(国道6号線)の十思スクエア前交差点を渡り,十思スクエアを振り返る。
 蛇足だが,「十思スクエア前」交差点のふりがなは「じゅっし」ではなく,ちゃんと「じっし Jisshi Square」となっている。

180102-165820
 日本橋本町三丁目,そば小倉庵本店がある路地。飲食店が並んでいる。

180102-165858
 地酒堂「歌仙」,中華「華」がある路地。

180102-165954
 伊藤パンの丸善商店の前。

180102-170017
 ギャラリー「桐子モダン」。

180102-170112
 日本橋本町三丁目の寳田惠比寿神社横の四ツ辻へ。

180102-170203
 四ツ辻。

180102-170151
 寳田惠比寿神社(宝田恵比寿神社)。小さな神社だが,参拝客が絶えない。
 ここで行われるえびす講でべったら漬けが売られていたことから始まった「べったら市」が有名で,10月のえびす講はたいそう賑わうらしい。

180102-170323
 寳田惠比寿神社。

180102-170348
 寳田惠比寿神社と四ツ辻。

180102-170410

180102-170508
 寳田惠比寿神社を振り返りながら西へ。

180102-170541
 昭和通りから寳田惠比寿神社を見る。

180102-170709
 昭和通り。小津和紙の小津本館ビル。小津ギャラリーがある。

180102-170901
 昭和通りをくぐる地下道。総武本線の新日本橋駅に向かう。

180102-171238
 遠くに日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区のタワークレーンを見ながら,地下の新日本橋駅へ……

── SONY α7R III + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or iPhone 7

日本橋本町

【関連記事】
2017年5月 6日 (土曜日):いかにんじんを買いに…日本橋室町三越前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土曜日)

酒の交わい下手なあなた 平和島の今朝

171125165848_tonemapped

酒の交わい下手なあなた 平和島の今朝


 久しぶり(5年半ぶり)に京急平和島駅の周辺を歩く。見出しは下手な回文になっている。

171125-153019
 混雑した電車が好きではないので,いつものように上大岡から普通(=各駅停車)品川行きに乗り,途中の南太田や京急鶴見でガンガン優等列車に抜かれながらも,約一時間ガラガラの普通電車に乗り続けて平和島駅に到着。
 京急線といえばJRに負けじとかっ飛ばす快特(快速特急)が一般的には人気だが,のんびり走る京急の普通電車が個人的には大好きで,今まで快特に乗ったのは京急久里浜より南の区間ぐらいだ(=ほとんど快特しか走ってないし)。

171125-153131
 平和島駅の東,第一京浜(国道15号線)側に出る。

171125-153154
 平和島駅のすぐ東側に第一京浜と環七通りの交差点(大森東交差点)があり,第一京浜が高架橋になっている。駅の周辺に広場はなく,平和島駅バス停は第一京浜を北に向かうバスのバス停だけが駅前にあり,その他のバス停は大森東交差点の周囲に点在していて,駅から少し離れている。

171125-153225
 大森東交差点の第一京浜の高架橋をくぐり,第一京浜の東側の大森本町二丁目へ。

171125-153349
 横断歩道を渡った正面がうなぎ蒲焼「あきば」。

171125-153519
 うなぎ蒲焼「あきば」の入口は裏の路地側にあり,その向かいには高級玉子焼「玉幸」がある。

171125-153548
 うなぎ蒲焼「あきば」と玉子焼「玉幸」が向かい合うこの細い路地は,第一京浜を斜めに横切っていることからわかるように,第一京浜がここを通るより前から存在している。

 古い地図を見ると,大森の町(もともと大森本町のあたりが大森の市街地だった)の南部を流れる内川の支流が大森の町の西端を南北に貫いており,それがこの細い路地である。暗渠にしたのか,流路を変えて埋め立ててしまったのかは不明だ。

 この川は池上村(池上本門寺の門前町)付近から入新井村の新井宿を通り,不入斗付近で南に流れを変えて内川へと流れ込んでいる。ちょうどこの写真の左側が大森町,右側が入新井村となっていて,村の境界でもあった。

171125-153759
 細い路地を環七通りに抜けると,環七通りの平和島駅バス停がある。

 大田市場方面のバスが多い。森43系統の大田市場行きバスの時刻表が興味深い。言葉で書くとわかりにくいのだが,平日朝夕と土曜日朝の本数は多く,土曜は日中も1時間に3本運行されている。平日日中は1時間に2本で,土曜日よりも少ない。日曜祝日は朝や日中の運行はなく,夜遅くに数本運行されるだけ。なぜか土曜日の夜遅くの運行はない。大田市場に関係する運行形態なのかな。

171125-153946
 環七美原通り交差点。環七通りと美原通り(旧東海道)が交差する。

171125-154116
 旧東海道の美原通り仲町商店街。

171125-154149
 旧東海道の美原通り仲町商店街。

171125-154215
 自転車がとても多い。

171125-154320
 環七美原通り交差点方向を振り返る。

171125-154333
 美原通り(旧東海道)から大森仲町児童公園を見る。

171125-154347
 美原通り仲町商店街の御菓子処「大黒屋」。大森といえば海苔(浅草海苔・品川海苔),大黒屋といえば「のり大福」。

171125-154407
 街路灯から「江戸の夕風 絆の街 旧東海道・大森」と書かれた浮世絵風のバナー旗が下がる。

171125-154551
「麺吉」の横に平和島駅方向に続く路地がある。大森本町二丁目の北側,大森スポーツセンター付近は歩いたことがなかったので,このまま美原通りを北に向かうつもりだったが,久しぶりの平和島だったので,駅の西側のごちゃごちゃとした平和島駅商店街を見てみたくなり,路地を入り平和島駅に戻る。

171125-154733
 平和島駅に続く路地にある「区民酒場」。暖簾が下がっているのに,シャッターが半開きだった。

171125-155203
 第一京浜が見えてきた。

171125-155311
 路地の入口に洋酒のマルセの今月の特選の看板がある。商店街案内板風の看板だ。洋酒の店なのに,魔王・伊佐美・佐藤……と焼酎の名前が並ぶ。

171125-155401
 洋酒のマルセ。

171125-155610
 京急平和島駅の高架下に京急ストアがある。

171125-155646
 平和島駅前の平和島駅商店街。いつもの風景,いつもの信濃路である。

171125-155728
 京急線の高架横にズラッと店が並ぶ。

171125-155751
 平和島駅を振り返る。

171125-155809
 信濃路の日替り定食は「なす味噌定食アジフライ付¥600」「カツカレーセット半うどん又半そばミニサラダ付¥620」。晩飯はカツカレーセットかな……

「信濃路」という店は全国で見かけるが(蕎麦屋が多いかな),そば・うどん・カレー・各種定食を揃えたディープな感じの食堂・酒場「信濃路」は,ここ平和島の他に大森・蒲田に店舗展開している。いかにも大田区っぽい店だとずっと思っていたが,NHKの「ドキュメント72時間」で鶯谷の信濃路が取り上げられているのをみて,大田区以外にも店があることを知った。他に何店舗ぐらいあるのだろう……

171125-155927
 京急線の高架沿いに南へ。

171125-155944

171125-160014
 平和島駅方向を振り返る。

171125-160030
 大衆酒場「遼馬」と青果「多摩川屋」。

171125-160141
 ダンダダン酒場・元祖肉汁餃子の店・大衆餃子酒場・THE JUICY DUMPLING HEIWAJIMA MANUFACTORY「肉汁餃子製作所」。最近はこういう感じの店をよく見るが,もう少し呼び方を整理した方が良さそうに思う。

171125-160214
 京急線の高架と干渉しそうだった元「宝ストアー」。

171125-160300
 元「宝ストアー」の前から平和島駅方向を見る。2階はCOFFEE「クィーン」だった。

171125-160449
 環七通り側は自転車屋になっている。

171125-160645

171125-160700
 宝ストアーの前。木造家屋密集地帯では何より火事が恐い。ヒトケのないこんなところでタバコを吸うかなぁ……という印象。

171125-160822
 喫茶「ハト」。平和島だけに平和のシンボル「ハト」。駅前に昔ながらの喫茶店がある街に悪い街はない。

171125-160916
 平和島駅商店街のメインストリートへ。酒蔵「初音」跡地にマンションが建っている。

171125-160946
 平和島駅商店街。

171125-161017
 平和島駅商店街の串かつ「ひらたや」。

171125-161036
 やきとり家「すみれ」。焼鳥屋っぽくない店名だ。

171125-161100
 平和島駅を振り返る。

171125-161121
 酒蔵「初音」跡地にはマンションが建ったばかり。平和島駅前にまだ馴染んでいない新しいビルも,時が経てば街に馴染んでくるだろう。

171125-161209
 平和島駅商店街の居酒屋「卜伝」。

171125-161226
 平和島駅商店街の中央の十字路の西側。商店街は大森第二中の前まで続いている。

171125-161237
 十字路を北へ。このあたりが澤田と呼ばれ,田んぼの中の細道だった頃からの古い道だ。

171125-161351
 平和島駅商店街を北へ。岩下糸綿店。

171125-161444
 エビス平和島総本店の前。ヘアーサロン「コミヤマ」,鳥肉「鳥三」……

171125-161514
 焼きたて食パン専門店「一本堂」。

171125-161612
 てんぷら「藤」と鳥料理「ふじ池」が並ぶ。兄弟店かライバル店か……

171125-161801
 甘酒稲荷神社と大森北六丁目南児童公園。

171125-161900
 甘酒稲荷神社。咳の神として崇められているとのこと。私は50歳を過ぎてから喘息になり,ちょっとしたことで咳が止まらなくなる。御利益があるといいな……

171125-162249
 甘酒稲荷神社の横を西へ進み,大森北青空児童公園へ。公園の西隣は大森第二中だ。

171125-162429
 大森北青空児童公園の北側の三叉路。

171125-162754
 そば増田屋がある入三銀座商店街へ。入三は入新井三丁目の名残だと思われる。入三銀座商店街は,そのまま西の入三商店街に繋がり,池上通りの大森郵便局の横まで続いている。大森町北原から不入斗を通って新井宿を結ぶ古い道だったようだ。

 実は,平和島駅の東側で現在の第一京浜を斜めに横切るように流れていた川がこのあたりを流れていたはずなので,その名残が感じられるかと思いながら歩いていたのだが,家に帰って地図をじっくり眺めたところ,川は甘酒稲荷神社よりずっと北側の穀豊稲荷神社のあたりからさらに北を流れ,東貫稲荷神社の前から西に続く道を流れていたようだ。入三銀座商店街よりも一区画北側だ。

 もう少し注意深く地図を見ながら歩けば気づいたのだろうが,私はどうしてもその場の気分で歩いてしまう。それが好きなのだからしかたがない。
 私は,内田百閒が言う「目的のない旅こそが至高であり,帰路は家に帰るという目的が生じてしまうのでつまらない」というのに同感で,目的を決めない行動が好きなのだ。観光地に行くのも好まないし,事前に下調べを念入りに行って,どことどこを見て回ろうというのにもなじめない。

 だから,今までに何度も「もう少し先まで歩いていれば○○が見られたのに」「すぐ横にあった○○を見逃した」「事前に調べていれば○○を見逃さなかったのに」という痛い経験をしている。それでも,下調べ・予習という行動ができない。こればかりは性格なのでどうしようもない。

171125-162845
 入三銀座商店街の大森北六郵便局前の四ツ辻から北側を見る。木下薬局,伊勢屋商店がある。

171125-162903
 豆腐製造販売の伊勢屋商店。四ツ辻から北側は大森北三丁目となる。

171125-162943
 大森北六郵便局前の四つ辻の八百宗。

171125-163209
 大森北六郵便局前の四つ辻を南へ。

171125-163316
 八百宗の前の四ツ辻を振り返る。

171125-163353
 入三銀座商店街のGREEN SHOP「アサヒナ」と御菓子司「ほてい屋」。

171125-163459
 入三銀座商店街の「アサヒナ」の前。

171125-163715
 大森第二中の北西の四つ辻。街路灯に少し大きめの入三銀座商店街表示がある。

171125-163813
 大森第二中の北西の四つ辻にある山王鐵工。工場に天井クレーンがある。

171125-164234
 大森第二中の周りをぐるりと廻って,平和島駅商店街の西端へ。

171125-164253
 大森第二中の東側の通り。

171125-164353
 平和島駅商店街を東へ。

171125-164413
 平和島駅商店街の西側を振り返る。すっかり暗くなってしまった。

171125-164439
 平和島駅商店街を東の平和島駅に向かって歩く。

171125-164526
 Boutique「EIKO」の前から西側を見る。

171125-164545

171125-164706
 平和島駅商店街の美食酒家「楽楽」の前。“らくらく”と読むのかと思ったら,看板には“RARAKU”と書かれている。

171125-164750
 平和島駅商店街を東へ。

171125-164833
 平和島駅商店街の美宝堂と松田電気商会。

171125-164923
 平和島駅商店街の日進亭の前の四ツ辻。

171125-164952
 日進亭の前から西側を振り返る。

171125-165310
 平和島駅商店街。

171125-165606
 平和島駅へ。駅前で炉端焼き「北の家族」の提灯が光る。空には三日月。

171125-165846
 平和島駅前から平和島駅商店街の西側を見る。

171125-165902
 信濃路へ。ささっと食べてささっと帰ろう。混んでるかな……

171125-172857
 平和島駅で帰りの電車を待つ。待つのはもちろん普通浦賀行き。上大岡まで約1時間の旅となる……

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS or iPhone 7

平和島

【関連記事】
2008年7月12日 (土曜日):京浜急行平和島駅周辺を歩く
2009年11月 7日 (土曜日):交わいヘタなあなた……平和島
2012年3月20日 (火曜日):大森海岸から平和島へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金曜日)

MacBook Pro を抱えて Apple Store 銀座へ

170602144711edit

MacBook Pro を抱えて Apple Store 銀座へ


 酷使していた MacBook Pro が突然動かなくなり,週末の休みを利用してアップルストア銀座の Genius Bar に持ち込んだ(詳細は別ブログの「MacBook Proのバッテリーが膨らむ(三日画師のかすかだり)」に書いた)。

170602-134633
 東京に向かう電車の中で MacBook Pro の動作を再確認。うんともすんともいわない。こころなしかバッテリーの膨らみが増しているようだ。

170602-143157
 有楽町駅の銀座口を出る。

170602-143519
 アップルストア銀座へは有楽町イトシアの側から銀座西三丁目交差点に抜けるのが近道だが,東京都議会議員選挙を前にして中央口前の広場では何やら演説が行われて人だかりになっていたので,それを避けて有楽町マリオンの横から数寄屋橋側を回る。
 写真左の青空が見えているところに建っていたニュー・トーキョービル数寄屋橋本店ビルがなくなっている。ビアホールで有名なビルだったが,再開発事業のため2015年に閉店したとのことだ。

170602-143612
 有楽町マリオン横の晴海通りの数寄屋橋バス停。

170602-143658
 有楽町マリオン。西武有楽町店と有楽町阪急の二つの百貨店が入る不思議なビルだったが,現在は西武有楽町店が閉店し,代わりにルミネが入っている。

170602-143719
 首都高の高架下の西銀座デパート。こういう街中に水着のポスターは下品だな……

170602-143829
 晴海通りと外堀通りが交差する数寄屋橋交差点の銀座クリスタルビル。屋上に大きな不二家の看板があることで知られる。

170602-143940
 数寄屋橋交差点のソニービル。ソニープラザやショールームがあったが,今年3月に閉館。まもなく解体される予定。

170602-143953
 数寄屋橋交差点を渡る。

170602-144013
 数寄屋橋交差点の南西側の一角には東急プラザ銀座がある。

170602-144047
 銀座クリスタルビルの曲面状のファサードの1階部分にあるのがスキヤカメラのニコンハウス。並んでいる中古レンズに見入ってしまうと,うっかり財布が軽くなってしまうことがあるので注意が必要だ。

170602-144246
 天賞堂本店の角に隠れて弓矢を射ようと狙っている天使が,背後からカメラを持った女性に狙われているのをオイラが撮影するという構図……

 天賞堂といえば時計・貴金属,そして鉄道模型の店。私が小学生の頃から(つまり50年近く前から),天賞堂の鉄道模型は他メーカに比べて圧倒的に精密で,圧倒的に高価であり,鉄道模型好きで知らない人はいない存在だった。
 もちろん私には天賞堂の製品が買える財力もなく,天賞堂の製品のベースになっているアダチ(安達製作所。天賞堂の製品の組立も行っているはず)のブラスキット(真鍮製のキット)を買って組み立てていた。D51とD50ではスパイクモデルのパーツを使って13mmゲージ化し,京成高砂のニワモケイのロストワックスパーツを使って,精密感でも天賞堂のモデルに追いつき追い越せと頑張っていた。

 ブラスキットは真鍮製のパーツをはんだ付けで組み立てる。パーツをはんだゴテで加熱してはんだを融かして組み立てるため,接着剤と違ってヘタに加熱すると先につけた部品を固定しているはんだが融けて取れてしまう。はんだ付けの技術のなさを補うため,低融点はんだと高融点のはんだを使うこともあった。そのときのはんだ付けの知識が,まさか仕事でスーパーコンピュータ・汎用超大型機の実装技術を開発したときに,はんだ接合に温度階層を使う技術(たしかIn-48Sn共晶はんだ融点117℃・Sn-38Pb共晶はんだ融点183℃・Au-20Sn共晶はんだ融点280℃を使った)につながるなんて思ってもみなかった。

 現在では天賞堂がプラスティック製の製品を出していたり,Nゲージの製品を出していて,時代の流れを感じる。Webページを見たら,HO 16.5mmのC62形蒸気機関車2号機(カンタム・システム搭載)が¥405,000円,NゲージC59形蒸気機関車161号機が¥120,000円だ。今も昔も天賞堂の製品は高嶺の花だね。

170602-144313

170602-144433
 銀座四丁目の交差点。和光本館の前から銀座三越を見る。

170602-144457
 銀座四丁目の交差点の銀座プレイスと銀座コア。その奥に話題の GINZA SIX がチラッと見える。閉館したソニービルのソニーストアやショールームは,ここ銀座プレイスに移って営業中。

 写真右は銀座三愛ビル(三愛ドリームセンター)。知る人ぞ知るリコー三愛グループのビルなので屋上にRICOHの広告塔があり,リコーのフォトギャラリーもある。昔はこの広告塔に三菱電機の三菱マークがついていて,昔のプロレス中継はネオンが光る銀座三愛の三菱マークの俯瞰映像で始まった記憶がある。プロレス中継のなかで,リング上を「風神」掃除機で掃除する生CMもあった。

170602-144534
 中央通りを銀座三丁目交差点方向へ。

170602-144725
 銀座三丁目交差点のアップルストア銀座。

170602-144731
 アップルストア銀座の向かいは松屋銀座。中央通りと交差するのは松屋通り。

170602-144739
 中央通りの銀座三丁目交差点。

170602-145057
 アップルストア銀座の Genius Bar へ。

170602-145258
 Genius Barで座って待つ。

170602-152940
 MacBook Proのバッテリーが明らかに膨らんでいるので,あっという間に修理内容が決まり,修理を依頼してすぐにアップルストアを出る。

170602-154549
 中央通りを北へ。シャネル銀座の前から銀座三丁目交差点を見る。

170602-154849
 中央通りと銀座マロニエ通りが交差する銀座三丁目交差点。

170602-154943
 銀座三丁目交差点のカルティエ銀座ブティックの前の宝くじ売場。宝くじだけ,なぜこのような売場があるのか,ちょっと不思議な気がする。

170602-154904
 銀座三丁目交差点から松屋銀座を見る。松屋銀座の手前はルイ・ヴィトン松屋銀座店。

170602-155110
 銀座マロニエ通り。マロニエというと洒落た印象になるが,日本語にすればトチノキである。葉っぱの形をみるとベニバナトチノキなので,厳密に言えばマロニエ(セイヨウトチノキ)ではないという主張もできそう。

170602-155132
 銀座マロニエ通りから銀座三丁目交差点を振り返る。正面に見えるのはブルガリ銀座タワー。銀座三丁目交差点の四隅にはブルガリ,ルイ・ヴィトン,シャネル,カルティエが並んでいる。さすが銀座,オイラには縁のない店ばかりだ。

170602-155207
 銀座マロニエ通りのデビアス銀座ビルティング。ゆるやかな曲面を描くステンレスの外壁が印象的なビルである。

170602-155233
 銀座ガス灯通り。

170602-155348
 銀座ガス灯通りのキャバレー「白いばら」。キャバクラなどとは違う,オーソドックスなキャバレーである。生バンドによる音楽ショーやダンスショーがあったり,ダンスフロアがあって踊れたり。昔はたくさんあったキャバレーもずいぶん少なくなった(ひょっとして銀座はここ「白いばら」だけ?)。

170602-155404
 銀座ガス灯通りを南へ。

170602-155608
 ガス灯通りの北側を振り返る。

170602-155638
 松屋通りに出る。あらら,こんなところに車を停めちゃって……というような車は,だいたい埼玉・千葉・神奈川のナンバーだったりする。

170602-155658
 松屋通りを西(北西)へ。

170602-155834
 松屋通りから細い路地を入ったところにある親子丼専門店「○勝」。Sobaの看板はラーメンの「篝(かがり)」。

170602-160216
 銀座レンガ通り。

170602-160228
 松屋通りと銀座レンガ通りの交差点にある清水カメラ。だいぶ少なくなったとはいえ,銀座〜新橋には中古カメラ屋が多い。

170602-160516
 PENTAX 67II + SMC Takumar 75mm f4.5 が¥162,000。使わなくなってしまった PENTAX 67II を手放さずに持っているが,これぐらいの値段で売れるなら手放そうかな……
 オリンパスの「実態顕微鏡」は「実体顕微鏡」の typo かな。

170602-160939
 並木通りの銀座並木通郵便局の一郭。

170602-161014
 松屋通りの MCM。

 MCM はバッグや財布のブランドだが,私のかつての専門である実装技術の分野で MCM といえばマルチチップモジュール(Multi-Chip Module)を意味する。通常の電子機器はシリコンの LSI をセラミックやプラスチックのパッケージに入れて,それをプリント基板上に並べるのだが,MCM は裸のままの LSI のダイ(ベアチップ)を複数個,直接サブストレートの上に並べることで,LSI 間の伝送経路をより短くして高速化したり,小型化する技術である。もともとは高速化・高性能化のためにスーパーコンピュータや大型汎用コンピュータ向けに開発されていた技術だが,小型化のメリットもあり,現在では携帯電話などの超小型機器にも使用されている。

170602-161226
 銀座西三丁目交差点の横断歩道で外堀通りを渡る。正面は首都高速高架下の西銀座デパート。

170602-161411
 銀座西三丁目交差点から数寄屋橋交差点を見る。

170602-161453
 銀座西三丁目交差点から銀座西二丁目交差点を見る。

170602-161559

170602-161723
 外堀通りの丸の内東映会館とマロニエゲート銀座2。マロニエゲート銀座2(讀賣銀座ビル)は2016年までプランタン銀座だったところ。

170602-161748
 丸の内東映会館の向かい側あたりから首都高速高架下は銀座インズとなる。

170602-161932
 マロニエゲート銀座2 にはニトリやユニクロが入っている。プランタン銀座にニトリの出店が決まったときには,あれこれ驚きの声を耳にした(目にした)ものだった。

170602-162145
 ふと時刻を見たら午後4時20分。夕方の通勤ラッシュに巻き込まれる前に帰るつもりだったので,そろそろ銀座を離れなければ……

── SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土曜日)

大きく変貌する街 渋谷駅界隈の夜景

170506184833edit

大きく変貌する街 渋谷駅界隈の夜景


 タワークレーンが林立する日本橋界隈を見ていたら,同様に大規模な再開発が行われている渋谷駅界隈の写真を撮っておきたくなったので,三越前駅から東京メトロの銀座線に乗り渋谷駅へ。

170506-180808
 渋谷駅西口バスターミナル側に出る。

 写真左が渋谷駅と一体化した東急東横店南館。渋谷駅直結の東急百貨店東横店は東館・西館・南館で構成されていたが,再開発事業のためにまず東館が解体され,現在は西館と南館の2館体制となっている。

 写真正面では玉川通りの上を首都高速3号渋谷線が走っている。その向こう側が桜丘町。「桜丘町1地区」では東急不動産が大規模な再開発を計画しており,地上36階建てと地上32階建て,地上15階建ての3棟のビルが建つらしい。

170506-180829
 視線を南側に移すと,東急電鉄本社跡地にセルリアンタワーがそびえ立つのが見える。渋谷では一番高いビルだ。

 数年前までならセルリアンタワーの手前の駅前に東急プラザ渋谷が立地していたが,老朽化により2015年3月に閉館して解体された。現在は跡地に地上18階地下4階建ての再開発ビルの建築が始まっており,2020年の東京オリンピック前に竣工予定だそうだ。ビルの1階部分にはバスターミナルが設置されるらしい。

170506-180915
 手狭な感じの渋谷駅西口バスターミナルだが,バスのりばまではすべて平面移動で済む。駅の正面を出てすぐのところにバス停が並び,島になっているところのバス停へも地上を歩くだけで到達する。

 世の中には,バスのりばへの移動に階段の上り下りが必要だったり(そういうところは地上が横断禁止になっていても,歩行者は危険な路上横断をしがち),駅の正面にマイカーで横付けできるのにバス停は駅から離れていたりするようなバスターミナルが多い。少しは渋谷駅西口バスターミナルを見習ってほしい気がする。

170506-181534
 ハチ公前広場を通って宮益坂口のほうへ。ハチ公前広場は人が多すぎて,写真を撮っているような状況ではなかった。

 写真左が東急文化会館跡地に建つ渋谷ヒカリエ,渋谷駅前を東京メトロ銀座線の高架橋が横切る。

 写真右側は渋谷駅宮益坂口である。以前はここに東急百貨店東横店東館が建っていたが,2013年3月末に閉館し,解体された。現在はJR山手線や東京メトロ銀座線の運転を止めずに,線路の上にある東急百貨店の建物を解体する工事が進められている。東急百貨店東横店東館跡地は,最終的には新しい東口バスターミナル(の一部)になるようだ。

170506-181547
 渋谷駅東口の渋谷ヒカリエ。地上34階,地下4階建て,2012年3月竣工の渋谷の新しい顔だ。以前ここに建っていた東急文化会館の五島プラネタリウムは残念ながら復活せず,ヒカリエ内の劇場「東急シアターオーブ」の名称にその面影を残すのみ。

 写真右側のタワークレーンは東急東横線跡地の「渋谷駅南街区プロジェクト」の再開発ビルで,地上35階建て,地下4階のビルが2018年秋に竣工予定だ。
 もちろんここも東急系の再開発である。東京丸の内が“
三菱村”,東京日本橋が“三井村”(三井村は大阪の淀屋橋にもある)であるように,渋谷は“東急村”になっている。

170506-181705
 渋谷駅東口バスターミナルは,東口の南側,東京メトロ銀座線と玉川通りに挟まれたところにあったが,都市再生特別地区の再開発で旧東横線ホーム跡地と併せて渋谷駅街区東棟(地上47階地下7階)の建築が始まり,宮益坂側に押し出されてきている。最終的にもこちら側が東口バスターミナルになるようだ。

170506-181718

170506-181844
 渋谷からのバスの主力,都01系統の六本木経由新橋駅前行きのバス停も宮益坂側に移動している。

 どうでもいい話だが,1990年頃に南青山に通勤していたことがあって,渋谷から勤務先に近い南青山七丁目を通り東京タワーへ行く渋88系統のバスをたまに利用していた。今になってみると1990年もずいぶん昔のことになってしまったが,それでもほぼ現代と言える1990年に,この渋88系統のバスだけは,なぜかワンマン運転ではなく車掌が乗務していたことを覚えている。ほんと,なぜだったのだろう?

170506-181856

170506-181914
 工事用フェンスで囲まれた東急百貨店東横店東館跡地。

170506-182012
 明治通りの宮益坂下交差点を渡る。

170506-182101
 宮益坂下交差点を渡り,渋谷駅方向を振り返る。東急百貨店東横店西館と渋谷マークシティ(イースト)が見える。
 渋谷マークシティイーストは地上25階建てで,京王井の頭線渋谷駅の上に建っている。“東急村”の渋谷では,かつての京王帝都電鉄の京王電鉄も目立たず,駅の上に建つ渋谷マークシティの上層階に入っているのは京王グループではなく東急グループの渋谷エクセルホテル東急である。

170506-182254
 銀座線の高架線をくぐり,渋谷ヒカリエの前から南側を見る。

 写真正面が東急東横線跡地の「渋谷駅南街区プロジェクト」の再開発ビル,写真右のタワークレーンが渋谷駅街区東棟(地上47階地下7階)である。

170506-182326
 地方の都市では駅を市街地から少し遠ざけて高架化し,駅前広場を大きく広げる工事が盛んに行われているが,東京を代表する繁華街の渋谷では駅前広場をつぶしてビルを建てている。そのコントラストが興味深い。

 個人的な話になるが,駅を下りて巨大な駅前広場を見ると,その向こう側まで歩くのがおっくうになり,ため息をつきたくなる。駅の改札口を出たら,すぐに商店街になっているような街だと,心からホッとする。
 交通の結節点になって利用者の多い駅では,利用者を受け入れるだけのキャパシティが必要になるので,駅前広場を大きくしなければならない面もあって難しい問題だ。

170506-183020
 まずは渋谷ヒカリエ9階のヒカリエホールから渋谷駅周辺を俯瞰する。

 ヒカリエ11階には展望スペース「スカイロビー」があるのだが,Googleで画像検索したところ,渋谷駅側には植栽を施したひさしがあるらしく,下のほうを俯瞰できるのは東京メトロ銀座線の真上の一部だけのように思われる。
 それより階数は低くなるが,9階のヒカリエホールのほうが真下に障害物がなく,広角レンズでの俯瞰が撮りやすいと判断したのだった。

170506-183117
 渋谷駅街区東棟(地上47階地下7階)の様子がよく見える。

 これで綺麗な夕焼けになってくれたら最高なのだが,残念ながら水平線近くに雲があるので難しそう……

170506-184138
 かぶっていた帽子でレンズを覆って写り込みを防ごうとするが,なかなかうまくいかない。こういう撮影のためにラバーフードが欲しくなるね。

170506-184207

170506-184515
 ヒカリエホールに到着してから15分。あっという間に日没。鮮やかな夕焼けにはならなかった。

170506-184735

170506-184758
 思い思いのかたちで渋谷の街を見る。

 今度は標準域〜中望遠のレンズも用意して,11階のスカイロビーにも行ってみたい。

(動画もずいぶん撮ったのだが,Macに取り込み忘れてしまった。大失敗)

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

【関連記事】
2011年4月25日 (月曜日):もうすぐ地下化される東横線渋谷駅界隈
2011年4月25日 (月曜日):ときどき剣呑ベーゴマ遊び 渋谷のんべい横丁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いかにんじんを買いに…日本橋室町三越前

170506155056edit

170506160830edit

いかにんじんを買いに…日本橋室町三越前


 いかにんじん食いたい,阿武隈の紅葉漬食いたい,酪王カフェオレ飲みたい……。福島県で生まれ育ったので,ときどき故郷の食べもの,飲み物が欲しくなる。
 残念ながら「いかにんじん(にんじんイカとも言う)」も紅葉漬も県外の人には知られていないし,近所のスーパーでは売っていないので,日本橋ふくしま館MIDETTEまで買いに行くことにする。

170506-151012
 戸塚から横須賀線・総武快速線直通君津行きの電車に乗り,新日本橋駅で下車。中央通り(国道4号線・国道6号線・国道17号線等)と江戸通り(国道6号線)が交差する室町3丁目交差点で地上に出る。

 室町3丁目交差点から中央通りの南側,日本橋室町三丁目方向を見る。写真右側の日本橋三井タワーの手前の日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区の再開発事業が始まっている。地上25階地下3階建て,延べ床面積約168,000m²の大規模再開発だ。日本橋三井タワーやCOREDO室町と同じ三井不動産の再開発なので,ここもまたCOREDOになるのかもしれない。

 それにしても,日本橋界隈に林立するクレーンは壮観である。

170506-151109
 室町3丁目交差点のすぐ北側の中央通り柳屋太洋ビルに日本橋ふくしま館MIDETTEはある。MIDETTE=ミデッテは「見でって」で,見ていってね,来てみてね,を意味する福島弁である。

170506-151632
 いかにんじんだけじゃなく,さまざまな福島県の特産品があって目移りする。

170506-151921
 私が生まれ育った三春町の三春駒や三春張子(腰高虎),もちろん“かんのやの家伝ゆべし”もある。
 最近では三春の名物と言えば三春滝桜ばかりが有名になっているが,もともとは三春駒や三春張子のほうが全国的に知られていたのだ。

170506-185130
 食いたくてたまらなかった阿武隈の紅葉漬,いかにんじん,都路村(現在は田村市都路町。美しい村名だよね)のハツの燻製などを購入。

170506-153147
 酪王カフェオレも買う。酪王牛乳がまだ三春牛乳だった頃,給食の牛乳は三春牛乳だったし,酪王カフェオレがまだコーヒー牛乳だった頃から馴染んだ味だ。三春に帰省したときには,駅前の三春牛乳工場(のちの県酪連三春工場)の前の自販機でテトラパックの酪王カフェオレを買って飲むのが決まりだった。

 昔は大手メーカーのコーヒー牛乳が乳飲料だった時代に,三春牛乳のコーヒー牛乳(酪王コーヒー牛乳)は牛乳なのが,俺たち三春牛乳ファンの自慢だった。牛乳業界での紆余曲折があり,生乳100%しか「牛乳」を名乗れなくなったため,酪王コーヒー牛乳は酪王カフェオレとなったが,牛乳っぽさが残る味は健在だ。

170506-153500
 日本橋ふくしま館MIDETTEで買物した後は北の神田方面に抜けるつもりだったが,日本橋室町の再開発の様子を見たら,現状を写真に撮っておきたくなったので方針転換。南へ……

170506-153607
 中央通りの室町三丁目南交差点。写真右が日本橋三井タワー。

170506-153658
 室町三丁目南交差点から日本橋三井タワーを見上げる。

170506-153911
 日本橋三井タワーの奥が三井本館(重要文化財)。さらにその先が日本橋三越本店(重要文化財)と国の重要文化財の建物が並んでいる。

170506-154003
 中央通りから福徳神社に続く浮世小路。江戸時代の地図には「室町うき世少路」ともあり,「うきよこうじ」ではなく「うきよしょうじ」と呼ぶらしい。このあたりに加賀出身者が住んでいたため,加賀言葉で「しょうじ」なのだとか。

 日本橋の浮世小路といえば,古典落語の「百川」がこのあたりにあったという料亭「百川」を舞台にしている。田舎なまり強い奉公人の話なので,東北の福島で生まれ育ち,30年以上も首都圏で生活しているのにいまだになまりが抜けない私にとっては微妙に身につまされる演目である。

170506-154225
 福徳神社の鳥居と,福徳神社の前で浮世小路と交差する仲通り。写真右がCOREDO室町(室町東三井ビルディング),左がCOREDO室町2(室町古河三井ビルディング)。

170506-154536
 福徳神社と福徳の森。ビルに囲まれた,ちょっとした憩いの場になっている。

170506-154742
 中央通りに戻り,三井本館を正面から見る。巨大な大理石の列柱が特徴的な銀行建築である。1929年(昭和4年)竣工の鉄骨鉄筋コンクリート造で,1998年に国の重要文化財に指定された。

170506-154920
 中央通りと江戸桜通り(駿河町通り)の交差点を挟んで日本橋三越本店が並ぶ。

170506-155332
 日本橋三越本店の前から三井本館・日本橋三井タワーを見る。

 世の中には「腰巻ビルはダサい」という意見が数多く見られるが,歴史的な建物との連続性や統一感を出すための選択肢として,これ以外に良案が見当たらない気がする。

170506-155356
 日本橋三越本店本館。
 地下鉄の駅が地下にあって見えないため,日本橋~京橋~銀座の主要な交通機関はタクシーのように思えてくる。郊外や地方都市のようなマイカーではない。

170506-155411
 日本橋三井本店本館。1914年(大正3年)の竣工で,その後何度か増築されている。同時期の大規模建築だった東京駅前の丸の内ビルヂング(丸ビル)はあっさりと取り壊されてしまったが,この三越本店は約1年前,とうとう国の重要文化財に指定されている。

170506-155429
 中央通りの日本橋三越本店本館の前から北側を振り返る。

170506-155450

170506-155546
 日本橋三越本店本館の前の「にほんばし島根館」。最高の立地条件だ。

170506-155740
 日本橋三越本店本館(写真右)と日本橋三越本店新館(写真左)。

170506-155844
 かつおぶしの大和屋が角にあるむろまち小路へ。山本海苔店本店(こちらは山本陽子がCMをしていたほう。上から読んでも山本山,下から読んでも山本山の山本山も老舗で日本橋に本店があるからまぎらわしい)や,うなぎの日本橋伊勢定の本店があったりして,そこはかとなく日本の文化を感じさせるあたり,さすがお江戸日本橋である。

170506-155928
 むろまち小路。江戸時代の品川町通りかな。

170506-155950
 むろまち小路から中央通りの日本橋三越本店を振り返る。

170506-160049
 むろまち小路のミカドコーヒー,その奥は志賀直哉が名づけたことで知られる寿司の蛇の市本店。

170506-160139
 蛇の市本店の前の四つ辻から北に延びる通りは,コレド室町とコレド室町2の間の仲通りに続いている。

170506-160153

170506-160348
 狂気さえ漂うペットボトル群。日が当たってキラキラするものを猫が嫌うという都市伝説があるらしい。路上駐輪避けにはなるかも。

170506-160534
 旧室町から本小田原町あたりには細い路地が多い。

170506-160727
 むろまち小路とあじさい通りの交差点が見えてくる。あじさい通り(ひょっとしたら新仲通りとも言うのかな)は日本橋室町と日本橋本町の境界になる。

170506-160747
 むろまち小路とあじさい通りの交差点にある老舗中華料理大勝軒。

170506-160802
 むろまち小路。突き当たりに昭和通りの上を走る首都高都心環状線の高架が見える。

170506-160830
 老舗の貫禄が感じられる大勝軒。残念ながら定休日だった。

170506-160844

170506-160946
 中華料理大勝軒。

170506-161122
 鳥萬,とんかつ宇田川,加賀麩の不室屋の並び。

170506-161212
 中華料理大勝軒の写真をもう一枚。

170506-161302

170506-161341

170506-161433
 あじさい通りを南へ。

170506-161553
 あじさい通りから路地を通って中央通りに抜けようと思うが……

170506-161615
 天丼「金子半之助」に長い行列ができていて行く手をさえぎる。行列が苦手な私は,思わずここで引き返す。

170506-161854
 あじさい通りに戻る。
 弁松総本店は折詰弁当専門店。都内の百貨店などでしか買えないが,ここ本店では小売りもしているらしい。
 シャッターに日本橋魚河岸按針町と書かれているように,もともと魚河岸で働いている人向けの食事処で,料理を持ち帰る人が多かったことから,徐々に折詰弁当専門店になったという。

 店の前の桜の木は阿亀桜(オカメザクラ)。マメザクラとカンヒサクラの交雑種という説明書きがあった。

170506-163003
 昭和通り(高架は首都高都心環状線)の日本橋本町スクエア,本町会館の前。昭和通りの東側の日本橋小舟町には,昭和の初期まで日本橋川から延びた東堀留川・西堀留川という入堀があり,日本橋の魚河岸などとともに舟運で栄えたところである。

170506-163320
 昭和通りからむろまち小路の加賀麩不室屋の前に戻る。

170506-163358
 とんかつ宇田川の前からむろまち小路の西側,日本橋三越本店方向を見る。日本橋三越本店本館と新館を結ぶ連絡通路が見える。

170506-163432
 加賀麩不室屋の横の路地を入る。

170506-163539
 あじさい通りに抜けようと思ったら,ここにもまた行列。天丼ではなく“天ぷらめし”の金子半之助。

 それにしても行列に並んでまで食べたいという気力がすごいね。行列が苦手な私は,日本橋なら行列のない名店がいっぱいあるだろうに……と思っちゃう。

170506-163742
 あじさい通りを南へ。中華料理大勝軒の前に戻ってきた。

170506-163953
 むろまち小路から仲通りに入り,南へ。

170506-164032
 日本橋焼餃子の前から仲通りの北側を振り返る。コレド室町とコレド室町2を結ぶ連絡通路が見える。

170506-164314
 日本橋三越新館の前,中央通りの日本橋北詰交差点に出る。

170506-164414
 日本橋北詰交差点から日本橋を見る。

 大きく見えるビルはコレド日本橋。その上に頭が飛び出ているのがコレド日本橋とは永代通りを挟んで向かい合う東京日本橋タワーである。

 さらにその奥に見えるタワークレーンは,上の方で書いた海苔とお茶の「山本山」本社と丸三証券本社のビル跡地の日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業C街区の再開発による高層ビルで,そのまた隣の高島屋日本橋店本館(日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業B街区)の改修と合わせて工事が行われている。
 ちなみにここも三井不動産。丸の内の“三菱村”に対抗するかのように,日本橋の“三井村”化が進んでいる。

 地方では県庁所在地どころから政令指定都市でも街が寂れ,景気回復の実感に乏しい状況が続いているが,東京のど真ん中では不景気などどこ吹く風といった感じの再開発ラッシュに沸いている。

170506-164644
 日本橋北詰交差点と日本橋三越新館。

170506-164740
 そして日本橋川に架かる日本橋。日本の道路元標があり,日本の道路網の源である。

 ちなみに福島県の国道4号線あさか野バイパスには五百川に架かる「日本橋」があるが,こちらは郡山市和田町と宮市にまたがることから名づけられ,日本橋(ひもとばし)と読むので注意が必要である。

170506-164940
 日本橋は1911年(明治44年)の竣工。日本の首都を代表する橋らしい重厚な石造二連アーチ橋で,親柱や中柱には塔柱が立ち,北詰東側は東京市の紋章を手にした獅子の青銅像が守っている。

170506-165016
 日本橋の上を首都高速都心環状線が通っている。景観的に上に被さる首都高速を問題視する議論があり,地下化しようという話もあるようだ。

 Wikipediaの「日本橋 (東京都中央区)」の項には,現行の日本橋が1911年に完成した当時の写真が載っている。写真がパブリックドメインなので,次に写真とそのリンクを貼り付けてみた。

Photo

 日本橋の見事さとともに,その手前の複線の線路に目が釘付けとなった。こんなところに鉄道が通ってたっけ? まさか貨物線か? ……と一瞬頭の中がパニックになりかけたが,日本橋の上を走っていた東京都電(当時は東京市電かな)の仮設橋だという考えに思い至り,やっと腑に落ちた。

170506-165113
 日本橋の南詰東側には「滝の広場」が整備され,日本橋川には東京湾クルージングの日本橋船着場がある。

170506-165304
 日本橋南詰の野村證券の前の「滝の広場」。

170506-165319
 日本橋南詰東側の親柱の燈柱。

170506-165356
 日本橋南詰の親柱も,東京市の紋章を抱えた獅子が守っている。

170506-165551
 日本橋南詰東側のソメイヨシノの下……

170506-165821
 日本橋南詰の野村證券ビル(旧日本橋野村ビル)は1930年(昭和5年)の竣工。奥行きがあって「軍艦ビル」とも呼ばれているらしい。

 このビルを含む一帯では,大規模な日本橋一丁目中地区の再開発計画が動いており,重要文化財等に指定されているわけではない野村證券ビルがどうなるのかは気になるところである。

170506-165837
 中央通りの日本橋南詰の交差点。この「日本橋一丁目1,2街区」でも約7,000m²の再開発が計画されている。もちろんここも三井不動産の計画だ。

170506-165941
 日本橋南詰西側の親柱。

170506-170004
 首都高速都心環状線の橋桁に設置された「日本橋」の銘板と野村證券ビル。

170506-170039
 日本橋南詰西側の親柱の燈柱と獅子。

 その後ろに見えるのは「K&K」の国分グループ本社である。K&K国分といえば缶詰のイメージで,少し前まで勝手に鹿児島県国分市(現在は合併して霧島市)の会社だと思い込んでいた。♫花は霧島 煙草は国分〜のイメージ。子供の頃に刷り込まれた記憶は強いね。

170506-170144
 日本橋から中央通りの南方を見る。

170506-170234
 日本橋の上を通る首都高速都心環状線にも「道路元標地点」と彫られた燈柱が立っている。

170506-170338
 日本橋の中柱の燈柱の両側には麒麟がいる。

170506-170348
 燈柱の影が伸び,そろい踏み。

170506-170438
 麒麟は伝説の霊獣で吉兆をあらわすことから,東京の繁栄を象徴している。麒麟の羽は,ここが道路元標地点であり,ここから西に北に羽ばたくことをも意味しているらしい。

170506-170552
 日本橋を渡り,北詰へ。

170506-170617

170506-170737
 日本橋北詰交差点。

170506-170947
 日本橋北詰交差点西側の親柱の獅子。

170506-171108
 日本橋北詰交差点の横には「道路元標の広場」があり,旧東京市道路元標と日本国道路元標(複製)が展示されている。

170506-171253
 東京市道路元標。
 里程標には,横浜市 二九粁,甲府市 一三一粁,名古屋市三七○粁,京都市 五○三粁,大阪市 五五○粁,下関市 一○七六粁,鹿児島市 一四六九粁 と書かれている。
 こういう一覧を見ると,その都市を選んだ基準が興味深く感じられる。今選ぶなら,甲府市じゃなくて静岡市,下関市じゃなくて福岡市かな。赤間関市じゃなくて下関市と書かれているということは,それほど古い記述ではないのかな。

170506-171904
 日本橋三越本店新館と本館の間。空中に連絡通路がある。ここにはタクシーのりばがあり,次から次へとタクシーが出てくる。先にも書いたが,東京都心部の交通手段は地下鉄・タクシー・徒歩が主流である。

170506-171930
 日本橋三越本店に室町一丁目町会の二の宮神輿が展示されている。この二の宮神輿は商売繁盛・医薬健康・開運招福のえびす様を乗せる神輿で,1973年(昭和48年)に日本橋三越が創業300年を記念して奉納したもの。

170506-171948
 一週間後には神田明神御祭禮「神田祭」(室町一丁目祭)が開催され,この神輿も神田明神へ宮入する。神田祭は「天下祭」とも呼ばれ,山王祭・深川祭と並ぶ江戸三大祭りのひとつである。

170506-172033
 日本橋三越本店の前から中央通りの北側を見る。

170506-172120
 屋号が書かれた弓張り提灯がズラリと並ぶ。

170506-172329
 日本橋三越本店本館正面玄関に並ぶライオン像。三越の象徴である。

170506-172419

170506-172521
 日本橋三越本店本館正面玄関のライオン像。前足や鼻はみんなになでられてツルっつるだ。

170506-172539
 江戸桜通りを挟んで向かい合うコレド室町(写真左・室町東三井ビルディング)とコレド室町3(写真右・室町ちばぎん三井ビルディング)。

170506-172727
 中央通り(写真左)と江戸桜通りの交差点。

170506-172753
 中央通りと江戸桜通りの交差点の三井本館(三井住友信託銀行・三井記念美術館)。

170506-172840

170506-172926
 桜の季節以外は意外にひっそりとした江戸桜通りの日本橋三越本店本館に,「三越地階賣場 地下鐵入口(地下鉄銀座線三越前駅)」があるので地下鉄に乗るために三越前駅へ。

170506-174114
 東京メトロ銀座線の三越前駅。

新日本橋〜日本橋室町
 ビルが多いのでGPS経路がグシャグシャになっている。

── SONY α7S + Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧