2017年4月15日 (土曜日)

京急逸見から緊張感高まる横須賀軍港へ

170415145646edit

京急逸見から緊張感高まる横須賀軍港へ


 北朝鮮をめぐる情勢が緊迫化し,アメリカの原子力空母「カール・ビンソン」がオーストラリアから進路を変更して北上しているという今日この頃,ひょっとしたら横須賀基地の空母「ロナルド・レーガン」にも動きがあるのではないかと思い立ったりしたわけでもなく,ただ何も考えずに京急の浦賀行き普通電車に乗り,横須賀方面へ。

170415-144552
 京急逸見駅(横須賀市東逸見町)で下車し,浦賀行きの電車を見送る。横須賀市の駅らしく,横須賀中央寄りも横浜寄りもトンネルになっている狭い谷戸に逸見駅はある。

170415-144801
 逸見駅の入口。「いつみ」ではなく「へみ」と読む。

170415-144845
 京急線のガード下から逸見東栄会商店街を見る。

170415-144911
 京急線逸見駅から北側は逸見中央商店街となっている。歩道の上にアーケードが設置されている。逸見東栄会商店街〜逸見中央商店街〜逸見美和会商店街と続くこの通りは逸見按針通りと名づけられている。

170415-144940
 商店街は逸見按針通りと横須賀街道(国道16号線)の交差点まで続いている。そびえ立つのはウェルシティ横須賀(ウェルシティ市民プラザを併設)の地上31階建ての住居棟。

170415-145139
 京急線ガード(逸見駅のホーム)の南側,逸見東栄会商店街の小林食肉店・ひかりや文具店の前の歩道にもアーケードがある。アーケードというより軒下を伸ばした雁木のような日覆いだ。

170415-145234
 逸見按針通り南側の逸見中央商店街を見る。

170415-145459
 逸見中央商店街の旧山崎牛乳店の看板建築。現在はイタメシ屋「パッポーナ」になっている。

170415-145537
 逸見中央商店街。

170415-145646
 はきものと傘の店「ゴンドラ」と岩沢養鶏直売所。

170415-145730
 逸見中央商店街の奥行きのない店舗。たしか“花と金魚”の髙橋生花店だったところ。

170415-145814
 ゴンドラ履物店の看板建築。

170415-145919
 逸見中央商店街を逸見駅方向に引き返す。

170415-150016
 イタメシ屋パッポーナの前。京急線の高架橋に逸見駅のホームがある。

170415-150343
 逸見駅に戻り,逸見按針通りの東側に平行する曲がりくねった通りへ。この通りには横須賀逸見郵便局もあり,逸見按針通りの旧道だと思ったのだが確証はない。ひょっとしたら元は小川が流れていて,それを暗渠化した道のようにも思われる。

170415-150416
 逸見駅を振り返る。

170415-150455
 北にウェルシティ横須賀がそびえる。

170415-150618
 誰もいない東逸見2丁目公園。遅咲きの桜が咲いている。

170415-150730
 横須賀逸見郵便局の前から北側を見る。

170415-150901
 横須賀逸見郵便局の前から西に続く通りと逸見按針通りの交差点。写真右が東逸見町一丁目,左が東逸見町二丁目となる。交差点の手前側の街路灯についていた「あずま会(商店街)」という表示がなくなっている。交差点の先の「福見会(商店街)」の表示は残っている。

170415-151030
 交差点から逸見中央商店街の南側を見る。

 東京湾を背後にしてこの写真の町並みを見ていることもあって,南を見ていることに違和感を感じる。横須賀の街や日本海沿いの町並みを見ているときに感じる独特の違和感だ。
 たぶん,太平洋側での生活が長いため,海が南側・東南側にあるという感覚が身に染み込んでいるのだと思う。日本海側の町に旅しているときは,頭の中の地図で日本海を無意識のうちに感じているので違和感はやや薄まるが,横須賀は首都圏にあるので違和感が強いのかもしれない。

170415-151044
 逸見中央商店街。残念ながら商店街に賑わいがなくなっている。

170415-151219
 はきものと傘の店「ゴンドラ」の向かいの「ふじみや」も看板建築だ。

170415-151332

170415-151347
 逸見按針通りの横断歩道を渡り,逸見郵便局方向を振り返る。

170415-151416
 写真左の逸見按針通りの東逸見町一丁目側が「逸見美和会通り」,右の逸見郵便局に続く通りから逸見按針通りの東に平行する通り(こちらも東逸見町一丁目)が「あずま会」になる。

170415-151436
 逸見按針通りの交差点から西に続くのが「福見会」商店街。万国旗がはためき,街路灯の案内も健在で,まだ商店街組織が機能している。

170415-151531
 福見会商店街の永沼畳店の前から商店街の西側を見る。

170415-151627
 福見会商店街。残念ながらシャッターが下りたままの店舗が多い。

170415-151745
 逸見按針通り側を振り返る。

170415-151815
 福見会商店街のダイヤスーパー香取屋。以前は写真右に少しだけ見える空き地にも店舗があったので,ずいぶん縮小しているが店は健在だ。

170415-151953
 ダイヤスーパー香取屋の南側の築堤を京急線の電車が走る。ふと2008年5月に京急逸見からJR横須賀駅まで歩いたときに撮った写真を振り返ったら,今回もほとんど同じような写真を撮っていることがわかった。薄々感じてはいたが,ほとんど進歩していない自分が情けなくなる。

170415-152021

170415-152120
 ダイヤスーパー香取屋の(たぶん本体の)売場があったところが駐車場になっている。

170415-152421
 西逸見町二丁目の鹿島神社。横須賀港の海上自衛隊横須賀地方総監部のあたりが鹿島崎と呼ばれ,鹿島神社はかつてはそこに存在したそうだが,火事で社殿を全焼,土地は明治時代に海軍用地となり,この地に移転したという。ここには三浦按針の屋敷があったとも言われる。

170415-152526
 鹿島神社の南側を京急線の電車が走る。

170415-152644
 鹿島神社の横から横須賀街道の汀橋交差点方向を見る。ずっと曇り空だったが,日射しが出てきた。

170415-152719
 鹿島神社の境内。

170415-152946
 神奈川県東部は気温が高めで,曇り空なのに夏日になりそうな勢いだった(横浜の最高気温は23℃)。明日は晴れの天気予報なので,最高気温は25℃を越える夏日になりそう。

170415-153013
 鹿島神社前のやきとり「鳥吉」の横。

170415-153038
 西逸見町二丁目の鹿島神社。

170415-153202
 やきとり鳥吉の前から汀橋交差点方向を見る。

170415-153311
 小林理容院,カワウチ時計店の前。

170415-153425
 タカナシ牛乳逸見直売店の前の四つ辻。福見会商店街から万国旗の飾りが続いている。

170415-153544
 佐藤精肉店の前から北側を見る。突き当たりの交差点が横須賀街道の汀橋交差点。ウェルシティ横須賀が間近になってきた。

170415-153607

170415-153624
 タカナシ牛乳逸見直売店の前の四ツ辻を振り返る。店頭に「みるく」と書かれたテントがあるのでスナックかなと思うと,タカナシ牛乳逸見直売店なのである。

170415-153656
 佐藤精肉店の前から四ツ辻のある南側を見る。

170415-153713
 西逸見町一丁目を汀橋交差点に向かって歩く。

170415-153934

170415-154135
 左の路地はどうやら川だったところを暗渠化したように見える。「汀橋」という名の橋は横須賀街道の橋だと思われるが,たぶんこの川に架かっていた橋なのだろう。だとすると,横須賀逸見郵便局の前の道も,この川の名残の可能性が高い。

170415-154255
 五叉路のようにも見える。右側の細い路地もひょっとしたら小川の跡か。

170415-154342
 横須賀街道の汀橋交差点に出て,逸見駅入口交差点方向を見る。ウェルシティ横須賀ポートバレーヌ1番館〜4番館が並ぶ。横須賀街道沿いの南側(写真右)は汀親会商店街となっている。
 汀橋という橋自体はそれほど大きな橋だったとは思えないが,交差点や商店街の名前として残っているところを見ると,地域の方の思い入れの強い橋だったのだろう。

170415-154626
 逸見駅入口交差点付近から逸見美和会商店街の裏側に続く東逸見町一丁目の路地。

170415-154950
 汀橋交差点に戻り,小川が暗渠化されたと思われる路地を歩く。逸見按針通りへの繋がり方も,いかにも元は小川だったかのように見える(思い込みかもしれないが)。

170415-155039
 写真右が逸見按針通りの逸見美和会商店街。

170415-155055
 逸見美和会商店街の茶舗白鳥園の横の路地。

170415-155139
 茶舗白鳥園の横の路地を入ると,行き止まりの路地が入り組んでいる。

170415-155345
 道幅が不均一で入り組んだ路地のある住宅街。

170415-155727
 細い路地を通って逸見按針通りに抜け……

170415-155744
 逸見按針通りの逸見美和会商店街を横断する。

170415-155813
 逸見美和会商店街から逸見中央商店街を見る。

170415-155859

170415-155916
 逸見美和会商店街から逸見駅入口交差点方向を見る。

170415-160001
 逸見按針通りから地図に載っていない細い路地を通って,逸見郵便局前の通りの小林家具店の前に出る。上に書いた推測からすると,この道路の半分(右半分)は小川を暗渠化したものだと思うのだが,どうだろうか。

170415-160330
 小林家具店の前から北側を見る。正面の細い路地が暗渠化した小川だと推測……

170415-160413
 旧あずま会商店街。街路灯に「あずま会」の表示がなくなっているので,商店会は解散してしまったのだろう。

170415-160740
 美味そうなスープのにおいが漂ってくる一福食堂。いまどきのこういう店は外れが少ない。そうじゃないと今の時代は生き残れない。

170415-160833
 9年前にここを歩いたときには,向かいにあった旅館「逸見館」に気を取られて,この建物に気づかなかった。
 その「逸見館」の建物は既になくなり,普通の住宅に変わっていた。

170415-160945

170415-161010
 出桁造りの建物が並ぶ。

170415-161109

170415-161138

170415-161230
 戸袋の装飾は家紋だろうか。

170415-161407
 旧「あずま会」商店街の南側を振り返る。

170415-161447
 出桁造りの町家。やはりこの通りは逸見按針通りの旧道だったと思われる。

170415-161514

170415-161623
 以前は旧あずま会商店街の安田青果店跡地の前を通り,逸見美和会商店街に出る。

170415-161727
 逸見美和会商店街。逸見駅入口交差点には車の列ができている。

170415-161846
 横須賀街道に出ると,逸見駅入口交差点の横に見事な看板建築の店舗がある。現在はオアシス倶楽部という店が入っている。

170415-161931
 横須賀街道の汀親会商店街。ここにも「逸見按針通り(Hemi Anjin Street)」のストリートフラッグが掲げられている。逸見美和会商店街から逸見中央商店街・逸見東栄会商店街と続く通りだけが逸見按針通りなのではなく,逸見一帯の商店街が地域ゆかりの三浦按針(ウィリアム・アダムス)のもとにまとまって,街を盛り上げようという取り組みらしい。商店街には厳しい時代なので,こういう試みも必要だ。

170415-162029
 汀親会商店街の永原園茶舗の横に気になる路地がある。

170415-162112
 永原園茶舗横の細い路地を入ると第一万年荘などのアパートが並び,その真ん中に小さな駐車場がある。

170415-162153
 この駐車場,どこから車が出入りするのかが気になってしまった。横須賀街道(国道16号線)へは写真正面の路地で繋がっているが,途中はとても狭くなっていて,車が通れそうには見えない。

170415-162226
 第一万年荘の裏側に回ると,さらに細い路地になっている。

170415-162313
 となると,やはりここを通って横須賀街道から出入りするのだろうか。壁面にはガス管や水道管が這っていて,ここを車が通るとしたら大変だな……

170415-162454
 逸見駅入口交差点のセブンイレブンの前に戻る。日がだいぶ傾いてきたが,まだ昼飯も食べてないことに気づく。一福食堂まで戻って夕飯を食べるには早いし,セブンイレブンで食いものを買って,ウェルシティ横須賀の前の公園で食べることにする。

170415-163352
 ウェルシティ市民プラザ前のウェルシティ公園のベンチに座り,見事な看板建築を見ながら握り飯を食う。そういえば9年前もここで握り飯を食っていたら,妙に人なつこいスズメが寄ってきたことを思い出した。

170415-172343
 この日はスズメが寄ってくることはなかったが,上空でトンビが数羽,低空旋回。明らかに私の握り飯を狙っている。
 襲撃の瞬間を撮ろうと,トンビが近づいてきたときにカメラを向けると遠ざかる。目立たないようにiPhoneのカメラを使っても気づかれた。上空から,ちゃんと握り飯とiPhoneを判別している。さすがに眼がいい。

170415-171016
 トンビは眼がいいだけじゃなく,頭もいい。あとからやってきて私の前のベンチに座った親子連れは上空のトンビに狙われていることに気づいていたのに,背後のウェルシティ横須賀側から目立たないように降下してきたトンビに2度も食べものを奪われた。

170415-171525
 2度目の襲撃のときのトンビ。気をつけていても,ほんの数秒目を離した瞬間に目立たない側から降下してくる。
 江の島のトンビは強引に襲ってくるイメージだが,鎌倉や横須賀のトンビは少数精鋭で巧妙だ。

170415-172811

170415-172841
 横須賀街道(国道16号線)をJR横須賀駅方向に歩く。ウェルシティ横須賀ポートバレーヌ1番館〜4番館の並びの圧迫感。

170415-173053
 横須賀街道(国道16号線)の横須賀隧道と新横須賀隧道。道路の曲がり具合から,写真左側があとから掘られた新横須賀隧道だとわかる。トンネルの横に横須賀駅商栄会商店街が並んでいる。

 横須賀市は起伏の激しい地形ゆえにトンネルが多いことで知られる。国道16号線の横須賀市内の16か所のトンネルの中で最も新しいのが新横須賀隧道で,1990年(平成2年)の竣工である。交通量の多い国道16号線のトンネルは早くから上下線用に2本目のトンネルが掘られているが,JR横須賀駅のすぐ横のここが1990年まで片側1車線のトンネルしかなかったというのは意外だ。すぐ横に横須賀線のトンネルが並行しているために工事が難しかったのかもしれない。ひょっとしたらウェルシティ横須賀ポートバレーヌの側に商店街があった可能性もある。

170415-173556
 横須賀駅商栄会商店街。JR横須賀駅のすぐ横にあり,駅前と言ってもいい近さではあるが,交通量の多い横須賀街道が通行経路を分断している。残念ながら横断歩道もなく,代わりに地下道が設けられている。厳しい立地だ。

170415-173607
 横須賀駅商栄会商店街と横須賀街道の横須賀隧道。

170415-173727
 横須賀駅商栄会商店街の長屋型店舗では季節料理「詩」が営業中。

170415-173828
 地図では「JR横須賀駅(国道)」バス停となっている「横須賀駅(裏)」バス停。Wikipediaにも“汀橋の南方の一つ隣は「横須賀駅(裏)」というバス停があったが、現在は「横須賀駅(国道)」に改められている”と書かれているが,現地のバス停名は「横須賀駅(裏)」のままになっている。

170415-173847
 小料理「静むら」,らいむらいと,北京食堂が営業中。よく見ると,小料理「静むら」の前にあるバス停のポール(標識柱)の表記も「横須賀駅(裏)」となっている。

170415-173912
 良くも悪くも横須賀らしい風景だ。

170415-173949
 横須賀隧道の尾根の手前が東逸見町一丁目,向こう側は汐入町一丁目となる。

170415-174113
 幕末から軍港として栄え,1889年(明治22年)末の横須賀(当時は横須賀町)の人口は24,366人で奈良町の24,459人に次ぎ,後の県庁所在地や政令指定都市の千葉町22,259人,青森町19,484人,東京府荏原郡品川町17,108人,福島町16,629人,浜松町13,857人,山口町13,653人,浦和村5,843人,川崎町5,036人などよりも大きい町だった。

 市街地は車が入れない急傾斜地まで広がり,それゆえ現在では人口現象問題が深刻になっている。小樽,呉,尾道,佐世保,長崎など,傾斜地にまで市街地が広がっている港湾都市に共通する問題だ。現在は人口増加傾向にある横浜市,川崎市,神戸市,広島市も傾斜地が多く,将来は同様の問題が生じる可能性が高い。

170415-174202
 よこすか横断地下道の横須賀駅商栄会商店街側の出入口が見える。

170415-174328
 横須賀隧道(新横須賀隧道)と高級時計の老舗時計店太安堂本店。店主が腕時計の収集でも有名な方で,店内には横須賀腕時計博物館がある。

170415-174543
 交通量の多い横須賀街道(国道16号線)で分断された横須賀駅商栄会商店街側と横須賀駅を結ぶ「よこすか横断地下道」。かつては横須賀駅前のバスのりばまで繋がった連絡地下通路だったが,バスのりば側は廃止されている。

170415-174616
 地下道でバスのりばまで行けなくなったため,地下道を出てから踏切を渡ることになる。

170415-174636
 よこすか横断地下道を出たところにある横須賀踏切。

170415-174811
 横須賀踏切からJR横須賀駅のホームを見る。線路の横にレンガが敷かれ,通路のようになっている。以前は車が通れるような広い踏切になっていたと推測される。JR横須賀駅前の広場と駅の南側が広い踏切で繋がっていた頃は,横須賀駅商栄会商店街はその名の通り駅前の商店街として機能していたんじゃないだろうか。

170415-174823
 現在は車が通行できない踏切になっている。

170415-174858
 踏切のすぐ横に全長73mの逸見トンネルがある。トンネルの横須賀駅側は複線で,トンネルの中で単線になっている。横須賀駅構内でも複線ある線路の南側の線路にホームはなく,単線分しか使われていない。1面2線ホーム(厳密には2面3線で,使われていない貨物ホームがある)の片側は頭端式になっている。

170415-174929
 JR横須賀駅。

170415-175013
 逸見トンネルを抜けて横須賀線の電車がやってきた。逸見トンネルの真上には Liberty Cove House が建つ。米軍の一括借り上げ賃貸マンションらしい。

170415-175101
 階段がひとつもないことで“関東の駅百選”に認定されているJR横須賀駅。認定理由は「階段が一つもない平坦な、人にやさしい駅」だそうで,階段がないことが人に優しいことはわかっているのに,無駄に橋上駅にしたがる駅が多すぎると思う。

170415-175116
 横須賀駅前のタクシーのりば。逸見トンネルの真上に建つ Liberty Cove House の基礎杭はどうなっているんだろう。

170415-175234
 大きくないのに風格を感じるJR横須賀駅。

170415-175539
 JR横須賀駅前。

170415-175643
 横須賀駅前のバスのりば。左端にチラッと見えるのが,かつての連絡地下通路の出入口。

170415-175741
 横須賀駅前のバスのりばの上を本町山中有料道路が通る。本町山中有料道路は横須賀市汐入の国道16号線と横浜横須賀道路を結ぶ。

170415-175823

170415-175838
 JR横須賀駅のすぐ前にあるヴェルニー公園へ。東京都品川区の「船の科学館」から,昨年横須賀に80年ぶりに“里帰り”したばかりの旧日本海軍の戦艦「陸奥」の主砲砲身がお出迎え。

170415-180430
 戦艦「陸奥」の主砲砲身は全長18.8mで,重さは102トンもある。口径は45口径41cmで射程はなんと36km。戦艦「陸奥」は1921年(大正10年)に横須賀海軍工廠で建造され,1936年(昭和11年)の改修でこの主砲が4基搭載されたという。

170415-180457
 横須賀港は追浜や浦賀,久里浜などの複数の港からなるが,ここ横須賀本港地区は海上自衛隊横須賀基地,横須賀潜水艦基地,アメリカ海軍第7艦隊横須賀基地のある軍港である。

170415-180711
 戦艦「陸奥」の主砲砲身の前のベンチに座り一休み。

170415-181631
 海上自衛隊横須賀基地に停泊中の護衛艦「かが」。よく見たが,横須賀港が定係港の「いずも」ではなく,停泊しているのは呉が定係港の「かが」だった。「かが」は「いずも」と共に海上自衛隊で最大の艦艇である。

170415-183918
 JR横須賀駅に戻ったら,ちょうど衣笠駅行きの来たので乗り込み,横須賀中央駅前で下車した。

170415-184014
 乗ってきたバスが走り去るのを見送る。2012年4月末に閉店した西友横須賀店の跡地には,大滝町2丁目地区市街地再開発による地上38階建てのザ・タワー横須賀中央がそびえる。

170415-184032
 京急線の横須賀中央駅方向を見るとサンコリーヌタワー横須賀中央駅前がそびえる。
 ヤジマレコード本店が入ったザ・プライム(横須賀プライム)は元緑屋横須賀店である。

170415-184324
 京急横須賀中央駅と横須賀モアーズシティ。

170415-184618
 京急線の横須賀中央駅ホームには,珍しくなったパタパタ(反転フラップ式案内表示機)が健在だ。関東地方では京急川崎駅とここ横須賀中央駅ぐらいにしか残っていないんじゃないだろうか。

 百恵ちゃんの「横須賀ストーリー」をアレンジした電車近接案内のメロディーが流れる。“快速特急”ではなく,各駅停車の普通電車に乗って帰ることにする。

京急逸見〜横須賀

── PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or iPhone 7

【関連記事】
2008年5月17日 (土曜日):京急逸見からJR横須賀へ(9年前の記事だが,恥ずかしいぐらいに同じところを撮った写真が多い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日曜日)

雨に降られた大岡川の桜 横浜市黄金町

170409155022edit
170409162018edit

雨に降られた大岡川の桜 横浜市黄金町


 小雨の中,近所のソメイヨシノを見に行ったらまだまだ見頃だった。満開になった後で肌寒い日が続いたおかげだ。
 次の週末には葉桜になってしまうだろうし,あいにくの雨模様だが,せっかくなのでまとまった桜を見に行こうと思い立つ。滝桜をはじめとして枝垂れ桜の一本桜が多いことで知られる福島県三春町で生まれ育ったためか,どうしても桜の花に惹かれてしまう。観光地のように人が多く集まるところは苦手だが,桜の花だけは別モノなんである。

170409-153822
 上大岡で横浜市営地下鉄から京急線に乗り換え,黄金町駅で下車する(自宅からは20分ぐらい)。長い間続いていた改修工事が終わった黄金町駅で下車するのは初めてだ。駅構内には“かんづめで一杯”を謳った「えき缶酒場」という店ができている。黄金町らしさがなくなり,住宅街化しつつある界隈であるが,黄金町らしい店だと思った。
 とはいえ,日中は普通の立ち食いそば屋になっている。

170409-153920
 京急黄金町駅の前は黄金町バス停になっている。

170409-154104
 大岡川に架かる太田橋北詰の太田橋北側交差点から上流側を見る。

170409-154141
 太田橋から大岡川の上流の栄橋方向を見る。
 ここの桜を見に来たのは,桜が散ってしまっていても川面に散った花びらが浮かぶ花筏が楽しめるからだが,まだ花筏よりも桜の花そのものが楽しめる状態だった。

170409-154216
 太田橋から下流方向を見る。大岡川の両岸は「大岡川プロムナード」として整備され,その桜並木は神奈川県で有数の花見の名所となっている。なにしろ大岡川の河口近くは,その名も“桜木”町である。

170409-154256
 太田橋から大岡川右岸の桜並木を見る。

170409-154324
 太田橋交差点から末吉町四丁目の町並みを見る。

 どうでもいいことだが(このブログはそういう話が多い),太田橋の北側が太田橋北側交差点,南側が太田橋交差点という非対称性が面白い。「橋詰(はしづめ)」が使われる町だと,太田橋北詰交差点,太田橋南詰交差点となる。○○○橋詰交差点,○○北詰交差点のような名づけ方は西日本や北陸地方に多く,関東地方ではあまり見ない気がする。

170409-154340
 太田橋は「昭和三年一月十五日竣功」。こうやって親柱を撮っておくと後で調べる手間が省ける。

 太田橋が南太田近くではなく,黄金町にあるのも興味深い。「太田(おおた)」は江戸時代の武蔵国久良岐郡太田村に由来するのは確かだが,現在の日ノ出町・初音町・黄金町から南太田までを含んでいた。

 黄金町が太田村域だった頃に太田橋が架けられたとすれば一件落着だが,そうは問屋が卸さない。黄金町は太田村から1869年(明治2年)に分離,翌々年には日ノ出町から初音町までがごっそりと太田村から分離してしまい,太田橋のあたりは太田村ではなくなっている(太田橋はまだない)。

 太田村に残ったのが現在の南太田地域で,1901年(明治34年)横浜市に編入する際に太田村とは関係のない関内地区に既に太田町があったことから南太田町となった。
 太田橋が架けられたのは,ここが太田村でも太田町でも南太田町でもなくなった1928年(昭和3年)である。黄金町・白金町と末吉町を結ぶ橋なので,黄金橋・白金橋・末吉橋のいずれかの名前が使えれば良かったのだが,この3つの橋は既に架かっている……という紆余曲折があって,かつてここが太田村だったところまでさかのぼって,太田橋と名づけられたのではないかと推測してみた。

170409-154435
 太田橋には水道管が併設されている。水道管は太田橋交差点から真っ直ぐ浦舟町の浦舟水道橋(中村川)に続いている。

170409-155022
 黄金町の大岡川プロムナードの桜並木に沿って走る京急線の電車。

170409-155233
 太田橋のたもとから黄金劇場があった通りを見る。黄金劇場の建物はシェアスタジオ「旧劇場」となっている。

 大岡川沿いやその周辺では毎年大岡川桜まつりが行われ,太田川の下流側には屋台が並んだり,様々なイベントが行われたりするのだが,今年2017年の大岡川桜まつりは一週間前の4月1日(土),2日(日)に開催済み。雨も降って寂しい雰囲気だ。

170409-155539
 ソメイヨシノは成長が早い。太田橋から末吉橋の間の大岡川左岸の桜がだいぶ大きくなっている。

170409-155742
 初黄町の特徴ある建物が隠れるほどのソメイヨシノに育っている。

170409-155837
 水上からの花見。一度やってみたい。大岡川桜まつりの期間は日ノ出桟橋や桜桟橋などからクルーズ船や屋形船が運行されるが,この日運行しているのは私有のボートじゃないかと思う。うらやましい。

170409-160126
 初黄町の元ちょんの間群の横,大岡川の左岸。以前はひょろひょろとした木ばかりだったが,もう立派な桜並木だ。

170409-160545

170409-160607
 若いソメイヨシノのほうが花が長持ちするのかどうかはわからないが,このあたりはまだ花に勢いがある。

170409-160640

170409-160726
 太田橋北側交差点を振り返る。

170409-160749
 酒処めし処「満天下」,Canti,英会話THE TREE HOUSE……などが狭い店舗スペースを活用して営業中。

170409-160942

170409-161126
 対岸の右岸側を見ると,満開の桜の中,ファッションヘルス「ピンクライオン」の看板が目立っている。

170409-161200
 BAR「Charlie Charlie〜チャーリーチャーリー」,マイノリティーズコーヒー……

170409-161252

170409-161354
 小雨だった雨が本降りになってきた。

 この日のほとんどの写真はソニーα7Sを使い,すべてJPEGでの撮影である。色が変なのは,私がオートホワイトバランスをわざとズラして撮影しているためであり,これらの写真の色がα7Sのせいだと思われるとしたら,ソニーさんに申し訳ない。

170409-161505
 てろう明るい未来?

170409-161733

170409-161851

170409-161948
 右の京急線ガード横の路地の街路灯には初音町商和会の文字が見える。地図を見ると,大岡川沿いの黄金町二丁目と平戸桜木道路側の初音町三丁目の境界は京急の高架線の北側(写真の路地の反対側)にあるのだが,なぜか黄金町二丁目側も初音町商和会で,初黄町でもないのところが興味深い。

170409-162047
 この街に明るい未来がくるといいなと思う。

170409-162217
 この桜の木はつぼみが大きくなってはいるが,まだこれから咲くところだ。ソメイヨシノとは別の品種,たぶん八重桜だと思われる。
 八重桜は花が大きくてボリューム感もあり,もっと人気になっていい桜だと思う。全国的にも桜並木になっていることが多いソメイヨシノが咲いて散った後に咲き始めるから,あまり注目されることがないのは可哀想だ。

170409-162236
 下流の末吉橋方向を見る。

170409-162351
 雨が本降りになってきた……

170409-162556
 黄金町が以前のような街に戻らないように見張るための黄金町交番。写真を後で見て,屋根の上に鳥のオブジェがあることに気づいた。調べたら交番を管轄する伊勢佐木警察署のイメージキャラクタの「イセタカ君」というらしい。

170409-162622
 折りたたみ傘はバッグに入れているが,差すのが面倒なので京急線のガード下でしばらく雨宿り。
 工事用フェンスには京急線の電車の絵が描かれている。これも黄金町エリアで定期的に開催されている「のきさきアートフェア」の作品なのかどうか,こういうヘタウマ系の絵はよくわからない。

170409-162703
 ここの横にあった大衆酒場・ラーメン「権兵衛」のところ(初音町二丁目)が更地になっていた。とてもディープな感じの店だったので,機会があれば入ってみようと思っていたが,入れるときに入らないと後悔するだけだ。

 ちなみに大衆酒場「権兵衛」はこんな感じの店だった。

100404173557
100404173431
どちらも2010年4月4日に撮影

 大衆酒場「権兵衛」は黄金町が売春窟で性風俗の店がびっしり並んでいた頃からの店で,ここの人通りがとても多かった頃は繁盛しただろう。神奈川県警の「バイバイ作戦」によって性風俗店が一掃され,人が歩くだけで立哨する警察官が目を光らせる状況では次第に人が寄りつかなくなり,店を続けるのは大変だったに違いない。

170409-162819
 平戸桜木道路の初音町3丁目交差点側から京急線のガードを見る。飲み処「夕子」の先の歯抜けになっているところが元大衆酒場「権兵衛」跡地。

170409-162932
 初音町二丁目の細い路地の奥にベトナム家庭料理「NiJi」の看板が見える。

170409-163027
 細い路地の奥にあるベトナム家庭料理「NiJi」。この店も大変なところに立地している。
 現在は静かな住宅地になっているが,実はこんな路地でも昔は(黄金町にとっては暗黒の時代は)ちょんの間街・青線だったのである。

170409-163353
 京急線西側に沿った路地に出る。京急線の高架下は工事用フェンスで囲まれたままだ。工事(高架橋補強工事)が行われているのかどうかは不明。

170409-163508
 京急線のガード下で雨宿りしながら,末吉橋のたもとを見る。

170409-163553
 初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会,安全・安心まちづくり拠点「Kogane-X Lab.(愛称コガネックス)」。県警や行政とともに初黄・日ノ出町地区に違法な性風俗営業の店が復活しないように取り組み,地域や大学などの協力のもとに地域再生のための様々な活動を行っているらしい。

170409-163934
 末吉橋のたもとの京急線ガード下の絵。前にも書いたが,ヘタウマ系のアートはよくわからない。

170409-164358
 末吉橋のたもとから大岡川の左岸を見る。

170409-164608
 末吉橋を渡り,京急線の高架を振り返る。

170409-164811
 末吉橋から大岡川の上流(右岸)を見る。京急線の電車の最後尾が高架橋上のフェンスの隙間に達した瞬間にシャッターを押したつもりだが,情けないことにちゃんと撮れていない(先頭車両より最後尾の車両を合わせるのは難しいとはいえ……)。

170409-165019
 末吉橋から大岡川の上流を見る。

 末吉橋のたもとから下流の右岸(一週間前の大岡川桜まつりの際の末吉町1・2丁目会場)は商店街が積極的なためか,開花時期に柔軟なためか,露店なども並んで賑やかだった。

 そのまま日ノ出町に向かうつもりだったが,昼飯をまだ食べておらず,腹が減ってきたので,足が自然に伊勢佐木町・横浜橋通商店街のほうに向かった。

170409-165349
 末吉町三丁目と若葉町三丁目の境界にある交差点。韓国民団横浜支部の前に,商店街アーチの骨組みだけが残っている。商店街名が書かれていたと思われる。何と書いてあったのか,気になる。

170409-165458
 若葉町のミニシアター「ジャック&ベティ」はジャックとベティの2スクリーンの映画館。上映館が少ない渋い映画を上映している。

170409-165830
 FASHION HEALTH Mr. DANDYやすっぴん倶楽部。
 南に隣接する永楽町・真金町に永真遊郭があった影響もあって曙町界隈には待合や置屋が多く,公娼制度の廃止にともなって赤線地帯となり,1958年(昭和33年)の売春防止法施行による赤線廃止後に性風俗の街になっていったという。

170409-165840
 伊勢佐木町五丁目・六丁目の商店街へ。

170409-165944
 横浜伊勢佐木町商店街(伊勢佐木町六丁目)。

170409-170004
 横浜伊勢佐木町商店街(伊勢佐木町五丁目)。平成になるまでは伊勢佐木町は横浜では一番の繁華街(全国的に見ても有数の繁華街)で,映画館も多く銀ブラならぬイセブラ・ザキブラという言葉もあったそうだ。最後まで残っていた百貨店の横浜松坂屋も2008年に閉店,テラコッタ装飾の施されたデパート建築もその後取り壊されてしまい,かつての繁栄の名残は感じにくくなってきている。

170409-170018
 伊勢佐木町五丁目の桜井中央ビル。

170409-170124
 横浜伊勢佐木町商店街(伊勢佐木町六丁目)。

170409-170148
 横浜伊勢佐木町商店街(伊勢佐木町五丁目)。伊勢佐木町ダイカンプラザの三角屋根が気になる。

170409-170235
 国道16号線の曙町三丁目南交差点に向かって歩く。突き当たりに小さく見えてきた全蓋式アーケードは横浜橋通商店街。
 横浜モンデミ〜テとか若奥サマンサとか,ダジャレ系の店かと思いきや横浜ハレ系と書いてある。横浜ハレ系ってなんだろう……

170409-170320
 伊勢佐木町五丁目と曙町三丁目の境界。

170409-170344
 伊勢佐木町六丁目と曙町四丁目の境界。

170409-170441
 JAPANESE TATTOOの文身横浜彫こう。伝統和彫りの刺青師さんだ。
 二階部分の窓の高さがそろっていない。どのようになっているのか気になる。

170409-170555

170409-170528
 静かな住宅地の路地かと思いきや,路地を進むとそこはやっぱり曙町四丁目,仰々しいGOLD MOONが洗われる……もとい,現れる。

170409-170711
 国道16号線鎌倉街道(曙町四丁目)に出る。

170409-170832
 鎌倉街道(国道16号線)の曙町三丁目南交差点。

170409-171353
 鎌倉街道沿い(曙町三丁目)。「呑兵衛(のんべえ)」の隣の店はインスタントBar「即席家」。気になったので調べてみたら,レトルト食品やインスタントラーメン,缶詰など調理に手間がかからない即席商品を提供するバーなので「即席家」らしい。手作りと言いつつ業務用商品を提供する店もある中,良心的じゃないか。

170409-171414
 鎌倉街道の向かい側には中華料理「一番本店」。

170409-171449
 横浜橋通商店街で飯を食おうと歩いてきたが,“味でもなんでも浜一番”の一番本店で食べようかと心が揺らぐ。

170409-171622
 が,一番本店の先にタンタンメン本舗という店があることに気づいた。神奈川県東部に店舗展開している,担々麺ではないカタカナのタンタンメン,いわゆるニュータンタンメン系(系列の店という意味ではなく,類似という意味)のラーメン屋である。腹が減ったときには,あのニンニクくさい溶き卵のラーメンが無性に食いたくなることがあるのだ。

170409-171714
 大通りに「ド淫乱倶楽部」のような看板が並ぶ,曙町ならではの街並みを見ながら,どこで食べるかをしばし考え,タンタンメン本舗のドアを開けた。

170409-174054
 ニンニク臭い息をしながらタンタンメン本舗を出て,向かいの「即席家」側を撮る。ソニーα7Sをバッグにしまい,コンパクトカメラのCyber-shot RX100M3にチェンジ。オートホワイトバランスをいじっていたα7Sと違って,こちらはカメラのデフォルトのAWBなので色味が全然違っている。

170409-174312
 横浜橋通商店街の前を通って,横浜市営地下鉄阪東橋駅に向かう。

170409-174512
 横浜市営地下鉄工事ために吉田川(運河)を埋めて作った大通り公園。この地下を横浜市営地下鉄ブルーラインが通っている。

 そういえば,末吉橋のたもとで地下鉄に乗りたいという女性に道を聞かれ,「まっすぐ行ったところにある広い大通りの下を地下鉄が走っているので,そこを右に進むと阪東橋がある」と教えたことを思い出した。図らずも,自分もその経路を歩くことになったのだが,どうもこの「大通り」は広い大通りに見えず,女性はひょっとしたらその手前の鎌倉街道を右に曲がってしまったのではないかと心配になってきた。

 横浜橋通商店街から地下鉄に乗ろうとして末吉橋を渡ってしまった方向オンチの女性である。ひょっとしたら鎌倉街道をそのまま真っ直ぐ歩いて阪東橋駅の横を通り抜け,一つ先の吉野町駅まで歩いてしまったとしたら,申し訳ないことをしたかもしれない。いや,むしろ吉野町駅が偶然にも鎌倉街道にあることを喜ぶべきか……

170409-174547
 大通り公園にある「歌丸桜」。花びらが散り,葉桜になりかけている。「歌丸桜」の名は,真金町出身で横浜橋通商店街の名誉顧問を務めている桂歌丸師匠にちなんで名づけられている。

 この枝垂れ桜,実は私の故郷福島県三春町にある三春滝桜の子孫樹である。

 ソメイヨシノは自然交配で結実した種子が発芽することはなく,接ぎ木によるクローンでしか繁殖しないのに対して,エドヒガン系の桜である滝桜は結実した実から子孫樹が成長する。滝桜の子孫樹は全国に植樹されており,その多くは実から育った苗を育成した実生(みしょう)の子孫樹である。それ故,子孫樹が滝桜のようにきれいに枝垂れないこともある(クローンではないため,まったく同じにはならない)。

 Twitterで「滝桜」を検索したら,「滝桜の実生クローン」というツイートがあって驚いた。実から育つことを意味する実生とクローンは矛盾しているし,三春滝桜は三春盆踊り唄に「枝に手は届くけれども殿様の桜なので折られない(滝の桜に手は届けども 殿の桜で折られない)」と歌われているように,町民によって大事にされてきた桜であり,滝桜の枝を折って接ぎ木クローンにすることなど考えられない。今は殿様はいなくても,天然記念物なので枝を折ることはできない。滝桜の接ぎ木として売られている苗木があるとしても,それは滝桜のクローンではなく,滝桜の子孫樹のクローンである。

 Twitterで三春の滝桜の開花状況を検索したときに気になったことがもう1件。「歌丸桜」のように命名してあるのは気にならないが,子孫樹が「三春滝桜」と呼ばれているケースが意外に多く,それが少し気になるのだ。エドヒガン系の桜は,その名の通り春の彼岸の時期,つまりソメイヨシノよりもだいぶ早い時期に開花する。三春出身の者として,滝桜の開花状況やそれに対する多くの人の反応を知りたくて検索すると,3月の早い時期から“三春滝桜満開です!”というツイートがあったりして,こんなところにも子孫樹があるのかと誇らしげに感じるとともに,ちょっと違和感があったりもする。

 どうでもいい話を続ける。福島県の中通り地方の三春町周辺(郡山市東部や田村市,二本松市の旧岩代町など)に,なぜ滝桜の子孫樹である枝垂れ桜の一本桜の古木が多いのだろうか。三春藩の殿様が,そこが三春藩の領地であることを示すために植えたという説もある。そう,全国各地に増えている滝桜の子孫樹は三春町の隠謀なんですよ。つまり,いずれそこも三春町の領地になるという……(冗談です)

170409-174653
 大通り公園の桜。

170409-174937
 大通り公園にぽっかり穴が空いた感じの横浜市営地下鉄阪東橋駅駅。

── SONY α7S + FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

黄金町〜阪東橋

【関連記事】
2007年4月15日 (日曜日):阪東橋〜横浜橋商店街〜黄金町
2008年11月15日 (土曜日):変わりゆく黄金町〜日ノ出町
2010年4月 4日 (日曜日):暗くなってから大岡川桜祭り・黄金町・初音町
2014年11月15日 (土曜日):ハマの劇場空間「野毛」の激動

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土曜日)

再開発のために閉館するoh!plaza 大船

170401175941edit

再開発のために閉館するoh!plaza 大船


 JR大船駅笠間口・東口バスターミナルにある oh!plaza(オー!プラッザ)が,再開発事業の進展にともない4月16日をもって閉館することが発表された。

 oh!plazaはヤマダ電機LABI大船店やスーパーマーケットのライフ大船店が核店舗となるショッピングセンターである。「ニチイ大船店」として開業し,マイカルの「大船サティ」となったものの2002年に閉鎖,その後 oh!plaza となっていた。

 大船で早めの晩飯を食べた後に oh!plaza の周囲を見て回ることにする。

170401-172924
 大船仲通商店街。YOKOHAMAYAは古くから大船にあるシューズショップ。たしかこの仲通りの店が本店で,大船駅前だけで3店舗もある。

170401-173058

170401-173112
 大船仲通商店街と大船商栄会商店街の境の四ツ辻。角の河合果実店が閉店し,チケットショップになっている。

 世の中には二種類の人間がいる。チケットショップを利用する人と利用しない人だ……などと思ってみたりする。実は私はチケットショップを一度も利用したことがない。
 以前NHKの「ドキュメント72時間」で池袋かどこかのチケットショップが取り上げられていて,利用者のほとんどが常連さんで,デパートの商品券を数十円安く買う人,10円安くなるコーヒー券買う人など,はたから見ると大した節約になってなさそうだけど,皆さんがとても満足していらっしゃるようで,番組のタイトルも確かチケットショップで幸せを買うとかなんとか,そういうものだった。

 チケットショップはチケットを売る人の中に「闇」があるんじゃないかと思う。もらったビール券を使わないから売るとか,そういう話ではなく,たとえばクレジットカードの現金化だ。世の中には切羽詰まっている人がいて,確実に損をするとわかっていても「現金」が必要となり,クレジットカードで回数券をまとめて購入するなどした後,すぐにチケットショップで売って現金を得るというアレである。発売直後の高級カメラの未開封品が中古ショップに並ぶアレとか,最近ではフリーマーケットアプリの「メルカリ」に1万円札4枚が4万7300円で出品されたアレである。闇は深いね。

170401-173133
 大船駅東口前,大船商栄会商店街の魚廣の前から仲通りの北側を見る。

170401-173215
 観音食堂のある四ツ辻を振り返る。

170401-173223
 マツモトキヨシだったところがYOKOHAMAYAになっている。あれっ,そうすると大船のYOKOHAMAYAは4店舗目? それとも駅前店がこちらに移転したのかな。

170401-175044
 三日月街区のS字カーブ・横断歩道跡。左奥に大船観音の側頭部が見える。

170401-175050
 三日月街区の前から大船商栄会商店街の仲通り方向を振り返る。

170401-175115
 S字カーブ跡から oh!plaza 側へ。

170401-175146
 三日月街区前のS字カーブ跡。

170401-175159
 S字カーブ跡の前にもYOKOHAMAYA笠間口店がある。

170401-175239
 居酒屋「網代一菜」の奥が鎌倉市大船と横浜市の境界で,砂押川が流れている。砂押川の上が駐輪場になっている。

170401-175308
 駐輪場の先に見えるのが oh!plaza。屋上にはヤマダ電機LABI OFUNAとライフの広告塔がある。

170401-175347
 相鉄フレッサイン鎌倉大船の前から oh!plaza を見る。

170401-175431
 砂押川に架かり,鎌倉市と横浜市を結ぶ橋。橋の名称は不明。

170401-175503
 橋の両側に「有料」と書かれているが,有料なのは駐輪場で,もちろん橋は無料で渡れる。ただ,oh!plaza 閉館翌日の4月17日からは通り抜けができなくなる旨の「通行止のお知らせ」が立っている。

170401-175532

170401-175611
 oh!plaza の前の「横濱一品香」は既に店じまいしている。昨日3月31日までの営業だったようだ。

170401-175622
 oh!plaza の閉館は4月16日だが,核店舗のヤマダ電機LABI は明日4月2日に先行して閉店する。ヤマダ電機LABI が閉店すると大船駅周辺に家電量販店がなくなる。ヤマダ電機は西友大船店3Fに仮店舗を開設して,修理などのアフターサービスにも対応するという。案内に「新店オープンまで仮店舗にて」と書かれているところを見ると,再開発後の同じ場所もしくはどこか近くに新店舗を計画しているのだろう。

170401-175635
 カメラはリコーGRしか持ってきていないので,全景が撮れない……

170401-175649
 oh!plaza を縦位置で撮る。私はあまりここを利用していなかったが,東口バスターミナルを利用している人には便利な店だったろうと思う。

170401-175800
 通り抜けができなくなるという案内板。oh!plaza を利用する人だけじゃなく,東口バスターミナルから大船の商店街や西友大船店に向かう人は,少し遠回りになる。

170401-175816

170401-175838
 oh!plaza の前から大船駅笠間口に続く道路に並んでいた店舗群は取り壊しが完了して更地になり,ユンボが1台残っているだけだった。

 子供の頃から「パワーショベル」と呼んでいた建設機械が,世間ではユンボと呼ばれていることを知ったのは比較的最近(と言っても15年ぐらい前かな)のことだ。

 最初に「ユンボ」という名前を聞いたとき,それは小型のパワーショベル(油圧ショベル)に対してだったので,小型タイプがユンボなのかとも思っていた。調べてみたら,レンタルのニッケンが「ユンボ」を登録商標として出願したのは1986年(昭和61年),登録が1988年(昭和63年)。子供の頃に聞いた記憶がないのは当然だった。新しい言葉が世間一般に広まるのはあっという間,という印象だ。

170401-175858
 oh!plazaの前から大船駅笠間口を見る。

170401-175941
 oh!plaza 全景。写真左に大船駅東口バスターミナルがある。

170401-180012
 写真右が大船駅笠間口。午後6時を過ぎ,だいぶ暗くなってきた。

170401-180024
 更地になった大船駅北第二地区市街地再開発の事業区域。写真右が oh!plaza。左に見えるのは県道大船停車場小袋谷線とルリエ大船。ルリエ大船は大船駅北第一地区第一種市街地再開発事業により,先行して建てられたビル。

170401-180123

170401-180311
 大船駅笠間口方向に後ずさりしながら oh!plaza を撮影する。

170401-180346
 大船駅笠間口の前を砂押川が流れる。砂押川から先は鎌倉市となるので,「鎌倉市」という市境を示す案内標識が立っている(道路標識の陰になってよく見えないが)。

170401-180403
 oh!plaza と相鉄フレッサイン鎌倉大船。

170401-180445
 大船駅笠間口。2006年に大船駅の北改札と笠間口が新設され,大船駅東口バスターミナルの利用者や横浜市栄区笠間の住民はとても便利になったと思う。

170401-180515
 大船駅笠間口の前の砂押川に架かる大東橋と大東橋交差点。

170401-180550
 大船駅笠間口の前の横断歩道。

170401-180711
 大東橋の上から砂押川の上流側を見る。平常時は水深数十cmしかないが,たくさんの鯉が背びれを水面に出しながら泳いでいる。

170401-180723
 大東橋の上から砂押川右岸の横浜市栄区側を見る。

170401-180856
 大東橋交差点はスクランブル交差点になっている。写真左奥は大船駅東口の駅ビル大船ルミネウィング。写真右は根岸線(京浜東北線)大船駅のホームで,砂押川は大船駅のホームの真下を横切っている。

170401-180923
 大船駅笠間口前の横断歩道と大東橋。

170401-180937
 砂押川の左岸,鎌倉市大船側。

170401-181027

170401-181342
 大船駅笠間口のエスカレーターを上ったところから駅前方向を見る。再開発事業の計画図を見ると,写真左のエレベーターに繋がる通路のさらに左側に,大船駅と再開発地区との連絡通路ができるようだ。

170401-181412
 大船駅笠間口の階段。

170401-181517
 大船駅笠間口の北改札口。

170401-181646
 従来は東海道線と横須賀線(と根岸線・京浜東北線)の表示だけでも十分だった大船駅の案内板だが,上り方面は上野東京ライン・湘南新宿ライン・横須賀線(総武線直通)の電車がからみ合うようになり,この案内板が必要になった。

170401-181831
 横須賀線の電車に乗って帰る。

── RICOH GR

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«シーサイドライン延伸工事が進む 金沢八景