2019年5月 3日 (金曜日)

ブログを引っ越そうと思います

JACのYS-11(種子島空港)

 ココログのリニューアル後,思うように記事がアップロードできないため,ブログを引っ越ししようと考えている。

 

 引っ越し先は未定だが,2019年3月後半からの分を はてなブログ に作り始めてみた。URLは以下の通り。

 

「写真撮っけど,さすけねがい?」 https://mikkagashi.hateblo.jp

 

| | コメント (3)

2019年3月16日 (土曜日)

RICOH GR III を衝動買い 横浜市港南区

RICOH GR III を衝動買い 横浜市港南区

 

190316-180335

 

RICOH GR III を衝動買い 横浜市港南区


 

 話題のコンパクトカメラ RICOHの GR III が発売された。GR は昔から大好きなコンパクトカメラで,フィルム時代のR1(ワイドパノラマ用の遮蔽板をむしり取ると24mmレンズになるという裏技?があった)をきっかけに,高性能レンズのGR1,GR DIGITAL II,初代GR……と使ってきた。

 

 GR III が発表された後にすぐ予約しなかったのは,バッテリー寿命(撮影枚数)が約200枚と,GRの約290枚よりもかなり少なくなっていたからだ。町並みの写真を撮る際,複数のカメラ(複数のバッテリー)は持ち歩きたくないし,少なくとも300枚,理想的には500枚以上は撮れてほしい……

 

 そんなことを考えながら,通院帰りにヨドバシカメラに立ち寄り,発売されたばかりの GR III をいじくり回していたら,やっぱり欲しくなってしまった。

 

 バッテリー容量の問題だけじゃなく,EVFが付いていないから太陽光の下では撮りにくいぞとか,10万円オーバーの価格とか,予約していないから今から注文しても入手するまで時間が掛かりそう……などとネガティブなことを考えてあきらめようと思ったが,欲望という名の電車は止められない。

 

 とりあえず店員さんに「これ予約してないんですけど,今日注文したら納品までどのぐらい掛かります?」と訊ねたら,待ってましたとばかりに「えへへ,在庫ありますよ」との回答。で,衝動買いしてしまった。

 

 さっそく箱から出して,持ち歩いていた初代GR(赤リング)と並べたのが冒頭の写真である。多少小さくはなっているが,見た目はほとんど変わりがない。GRらしさがそっくりそのまま引き継がれている。

 

190316-183004

 上永谷駅に戻り,駅のホームから GR III で記念すべき最初の1枚を撮影。ISOオートでISO1250になっている。APS-Cサイズのセンサーなので,ISO1250でも余裕のよっちゃんだ。

 

190316-183041

 横浜市営地下鉄上永谷駅のホーム。梱包状態で,数十枚撮れる程度のバッテリー容量が残っている。

 

190316-183136

 上永谷駅の改札口へ。

 

190316-183231

 駅ビル「ベルセブン」。

 

190316-183331

 上永谷駅前の藤棚。ISO1600でも余裕の画質である。

 

190316-183347

 ベルセブンを振り返る。

 

190316-183412

 上永谷駅前のイトーヨーカドー。

 

190316-183517

 イトーヨーカドー横の自販機群。

 

190316-183557

 上永谷駅前のバスターミナルの港南台駅行き横浜市営バス。

 

190316-183613

 雨上がり。

 

190316-183702

 横浜市営バスの港南台駅行き。

 

190316-183721

 バスロータリー。一般車両進入禁止になっている。

 

190316-183829

 イトーヨーカドー前,雨に濡れるベンチ。

 

190316-183908

 

190316-183918

 ヨーカドーの上空,雲の隙間から月が見えた。

 

 RICOH GR III の写りはまったく問題なし。まあ,もともと写りに関して不安はなかったし,GRはGRである。あとは本格的に使ったときのバッテリー寿命がどうかだ。

 

── RICOH GR III

 

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土曜日)

生麦駅前通り商店街と生見尾踏切 鶴見区

190309151429edit

生麦駅前通り商店街と生見尾踏切 鶴見区


 雨の日の多い一週間だったが,昨日に続いての晴れ。今日は写真を撮りまくろうと家を出てきたが,駅に着いたらなんと自宅にiPhoneを忘れたことに気づいた。腕時計をしない主義なので,iPhoneがないと時刻もわからない。自宅に取りに戻るのも面倒なので,そのまま電車に乗った。

190309-140740
 京急線の電車に乗り,生麦駅(横浜市鶴見区生麦)で下車。東口を出る。

190309-140812
 生麦駅東口前の商店街。生麦駅に駅前広場はない。

190309-140830
 京急の生麦駅東口。

190309-140914
 駅前の路地。大衆焼肉ジンギスカンがある。

190309-140925
 生麦駅東口。

190309-141041
 スナック「くみ」がある路地。以前はその先に生麦駅前マーケットがあったのだが,なくなっている。

190309-141055
 生麦駅のホーム横を北へ。

190309-141133
 生鮮食品館富士ガーデン生麦駅前店。駅前にそこそこ大きなスーパーマーケットがあって,周辺住民はマイカーなしでも特に不便じゃないなと思った……が,よく見ると,閉店のお知らせ/平成31年3月20日(水)をもちまして「富士ガーデン生麦駅前店」は閉店させて頂く事になりました,という貼り紙がある。

 近くにライバル店でもできたのかと思って地図を見たが,それらしい店は見当たらない。周辺道路が狭く,車でのアクセスが不便な駅前にあることが閉店の原因かもしれない。便利そうな街だと思っていたが,逆に一気に買物難民が大量発生しそうだ。

190309-141200
 生鮮食品館富士ガーデン生麦駅前店の前から第一京浜(国道15号線)方を見る。

190309-141219
 おにぎり・お惣菜「ねぶた弁当」の店が店頭で野菜を売っている。隣には居酒屋「ねぶた」も。

190309-141348
 やきとり「樽屋」,まぐろや,スナック「朱鷺」,ファミリーマートがある四ツ辻。

190309-141431
 スナック「朱鷺」,居酒屋「田舎門」……

190309-141444
 やきとり「樽屋」の前から……

190309-141510
 ファミリーマートの前から四ツ辻の北側を見る。

190309-141528

 春の暖かい日差し。スギ花粉が大量に飛散,花粉症なので悲惨。目がかゆくてたまらん……

190309-141614
 大衆酒場「大番」。

190309-141627
 東側から四ツ辻を振り返る。

190309-141723

190309-141821
 お好み焼き・もんじゃ「より道」,スナック「美知」……

190309-141838
 第一京浜(国道15号線)が見えてきた。

190309-141853
 宵人,串焼「大将」,中華料理「新上海」……

190309-141935
 第一京浜に出て,中華料理「新上海」の前から生麦駅方向を振り返る。

190309-141951
 第一京浜(国道15号線)。

190309-142040
 第一京浜の大黒町入口交差点。

190309-142202
 大黒町入口交差点から第一京浜の北側を見る。

190309-142242
 生麦三丁目の銭湯「朝日湯」。以前は屋根に「ラジウム 朝日湯」と書かれた大きな看板が掲げられていたが,現在は撤去されている。

190309-142306

190309-142319
 銭湯「朝日湯」の前から第一京浜の北側を見る。

190309-142353
 天然ラジウム温泉公衆浴場「朝日湯」の正面。見事な銭湯建築である。

190309-142446
 朝日湯の向かい側。道路の向こう側から「朝日湯」の建物を撮っておけばよかったと後悔する。

190309-142544
 北側から見た公衆浴場「朝日湯」。完全な逆光なので写真としてはイマイチだが,撮っておくことに意味がある,と思っている。

190309-142559
 横浜市営バスの「明神前」バス停。明神となる神社がどこにあるのか,地図を探したが見つからない。

 この付近は大正時代から「神明前」という地名だし,第一京浜の南側,旧東海道の北側に生麦神明公園があり,創建年代は不明だが江戸時代末期からある生麦神明社が鎮座している。

 明神と神明,同じ生麦神明社を意味しているのだろうか。どうも違っているように思える。神社の鳥居は大きく分けると額束(額柱)のある明神系と額束のない神明系がある。

 調べてみると,東海道線の山側にある杉山神社がこのあたりの総鎮守で,旧称が「杉山大明神」だったようだ。明神前と神明前の混在。不思議な土地である。

190309-142812
 朝日湯の煙突。

190309-142939
 朝日湯のバックヤード。生麦駅から最短で朝日湯を目指すと,この路地を通ることになる。

190309-142959

190309-143133
 大黒町入口交差点。

190309-143331
 第一京浜を生麦駅入口交差点に向かって歩く。

190309-143408
 パチンコスーパーセブン生麦店屋上の駐車場へのスロープ。

190309-143527

190309-143615
 第一京浜の中華料理「龍華」。

190309-143702
 第一京浜の生麦駅入口交差点。元々は海沿いを通っていた旧東海道から生見尾村の村役場があった岸集落への道があり,そこに神明前の集落が形成され,そこを新しい第一京浜が貫いてできた交差点である。

190309-143728
 生麦駅入口交差点と生麦駅前通り商友会商店街。京急生麦駅へと続く道路の両側の歩道の上にアーケードが設置されている。

190309-143815
 生麦駅入口交差点から旧東海道へ。高架の道路は首都高速神奈川1号横羽線と神奈川7号横浜北線。

190309-143920
 銭湯「竹の湯」。

190309-144028
 旧東海道に出ると,キリンビール横浜工場の門がある。

190309-144053
 旧東海道から生麦駅前通りに続く丁字路。

190309-144333
 生麦駅入口交差点。

190309-144431
 生麦駅入口交差点の生麦駅前通り商友会の商店街アーチ。

190309-144458
 生麦駅入口交差点。

190309-144609
 満開になった梅の花。ここの数軒西隣に生麦事件参考館がある。

190309-144639

190309-144728
 生麦駅入口交差点。

190309-144803
 生麦駅前通り商店街。

190309-144831
 新しいビルが多くなったが,閉じたままのシャッターも多くなった生麦駅前通り商店街。

190309-144901
 生麦駅入口交差点を振り返る。

190309-144916
 生麦駅前通り商友会商店街。「ご見学ありがとうございました。キリンビール横浜工場 KIRIN」と書かれた垂れ幕が下がる。

190309-144930
 スジャータめいらくグループのトラック。

190309-144952-
 トレードマークになった「ターャジス」「くらいめ京東」。

190309-145019

190309-145044
 生麦駅前通り商友会商店街。

190309-145119
 生麦駅前通り商店街。

190309-145146
 生麦駅前通り商店街。

190309-145220
 生麦駅前通り商店街の中国料理「自由軒」と大野屋。

190309-145317
 中国上海料理「陳香園」が解体されて更地になっている。

190309-145332
 生麦駅東口に続く路地。

190309-145402
 呑み処「和」と喰道楽「よこよし」……

190309-145435
 この先に生麦駅前マーケットがあったが,新しいアパートになっている。

190309-145450
 喰道楽「よこよし」の前から南側を振り返る。

190309-145619
 生麦駅前通り商店街に戻る。

190309-145735
 京急線の踏切。

190309-145811
 京急線の踏切から南に続く路地。以前は左側にうっそうとした木が茂っていたり,中津からあげの店があったのだが,一変している。

190309-145840
 麺屋蔦重,居酒屋「蔵良」……

190309-145950
 居酒屋「蔵良」の前から生麦駅方向を見る。

190309-150319

190309-150356
 京急線の踏切。ほぼ無音のサイレントモード=電子シャッターを使っているので,ローリングシャッター歪みが大きめ。

190309-150411
 京急線の踏切。

190309-150512
 京急線の下り電車。

190309-150539
 京急線の踏切を渡る。東海道本線貨物線(高島貨物線)のガードの前にも生麦駅前通り商友会の商店街アーチがある。

190309-150610
 京急線の踏切と生麦駅前通り商友会商店街。

190309-150632
 時間帯によって“開かずの踏切”となる生見尾踏切の手前に,生見尾こ線人道橋の階段がある。生見尾こ線人道橋は京急生麦駅の橋上駅にも繋がっている。古い跨線橋なので,残念ながらバリアフリーにはなっていない。

190309-150708
 生見尾踏切の手前の案内板。「踏切をご利用の皆さまへ:この踏切道をご利用の皆様でお急ぎの方,又は通行に時間を要する方は右側にある生見尾こ線人道橋をご利用ください」と書かれている。

 ちなみに,「生見尾」は横浜市鶴見区の中心部にあった村の名前で,生麦村の「生」,鶴見村の「見」,東寺尾村の「尾」の合成地名である。1921年(大正10年)に町制を施行して鶴見町となった。生見尾村の村役場は生見尾踏切を西側に渡ったところにあった(鶴見区の中心となる鶴見駅周辺の市街地は駅ができた後に形成されたもので,元々中心的集落があったわけではないことがわかる)。

190309-150823
 東海道本線貨物線(高島貨物線)のガード下から京急線の踏切を振り返る。

190309-150847
 高島貨物線のガードをくぐると,その先に東海道本線(東海道線・京浜東北線・横須賀線)の生見尾踏切がある。

190309-150916
 東海道本線の生見尾踏切。踏切に挟まれたエリアで電車の通過を待つ。

190309-151016
 東側を振り返る。貨物線だけが(低い)高架になっている。

190309-151133
 生見尾踏切を渡り,東海道本線の西側へ。「踏切内たちどまりきんし/踏切監視中です」と書かれている。

190309-151429
 生見尾踏切。日本の大動脈である東海道本線の踏切なので,ラッシュ時でなくても電車の本数が多く,頻繁に踏切が閉じる。

 高島貨物線のガードが低いため,「制限高1.9m」高さ注意である。

190309-151521
 電車が多くなる午前7時〜9時・午後4時〜7時は車両進入禁止となっている。

190309-151528
 生見尾跨線人道橋。バリアフリー化された新たな跨線橋が計画されてはいるが,まだ実現していない。

190309-151546
 生見尾踏切を挟んで連続する岸谷商栄会商店街。歩道の上にアーケードが設置されている。

190309-151608
 岸谷商栄会商店街から生見尾踏切を振り返る。

190309-151623
 安養寺。西隣には杉山神社がある。

190309-151857
 生見尾踏切に戻る。最も西側の線路を横須賀線の上り電車が走る。

190309-151917

190309-152005
 京浜東北線の下り電車。
 この時間帯は“開かずの踏切”というほど閉まりっぱなしではないので,跨線橋の利用者は少ない。

190309-152206
 生見尾踏切を渡り,高島貨物線のガードをくぐると京急線の踏切が見えてくる。

190309-152313

190309-152524
 京急線のエアポート急行金沢文庫行きが横浜駅方面に走り去る。

190309-152742

190309-152838
 生麦駅へ。日が暮れるまでまだまだ時間がありそうだが,iPhoneを忘れて時刻もわからず,どうも調子に乗れない。どこかで美味いものでも食べて,早めに帰宅しよう……

190309-152938
 京急生麦駅東口。

190309-153227
 以前は下り線用に使われていた1番線ホームが閉鎖されている。ラッシュ時以外は閉鎖されて使わないようになっている。「横浜・上大岡方面の下り列車はすべて2番線から発車いたします」とのこと。

190309-154926
 浦賀行きの各駅停車に乗ってのんびり帰る。目の前に乗っていた美人も,神奈川新町駅でエアポート急行に乗り換えてしまい,各駅停車はガラガラになった。

── Panasonic LUMIX DMC-GM5 with LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3

【関連記事】
2007年7月21日 (土曜日):生麦生米生卵
2010年12月18日 (土曜日):生麦生米生卵……復誦

| | コメント (0)

«サンマーメンであったまる ∽ 大船