2016年7月20日 (水曜日)

北鎌倉隧道を見てから鎌倉を避けて逗子へ

160720-153413_tonemapped-Edit

北鎌倉隧道を見てから鎌倉を避けて逗子へ


 北鎌倉駅のホーム横にある素掘りの北鎌倉隧道(洞門トンネル)は,専門家の調査の結果,崩落の危険があるということで,惜しまれつつも開削工法での工事が始まった。もう今までの素掘りのトンネルの姿は見られないものと思っていたが,どうやら現状をできるだけ残す方向で工法を見直すことになり,工事が中断しているという。

 せっかくなので,今のうちに北鎌倉隧道を見に行くことにする。

160720-140158
 大船から横須賀線の下り電車に乗り,隣の北鎌倉駅で下車する。

160720-140235
 北鎌倉駅のホームの横は緑豊かな住宅地になっている。駅舎のあたりは円覚寺の境内である。
 ニイニイゼミだけじゃなく,アブラゼミやミンミンゼミが鳴き始めている。本格的な夏の到来だ。

160720-140523
 北鎌倉駅のホームから北鎌倉隧道を見る。工事が中断しているのは確かだったが,フェンスに囲まれているためトンネルの姿を見ることはできなかった。

160720-141042
 北鎌倉駅周辺で写真を撮って歩こうと思っていたが,駅を出てもトンネルは見られないし,たまたまこの日は鎌倉の花火大会で,電車の中には浴衣姿の見物客が多く見られた。

 北鎌倉や鎌倉をうろついていると花火見物客の混雑に巻き込まれそうなので,このまま横須賀線の下り電車に乗り,鎌倉の先の逗子で京急線に乗り換えて,上大岡回りで帰宅することにする。

160720-144946
 横須賀線の逗子駅で下車する。

160720-145028
 逗子駅東口。写真右が一般車の駅前ロータリーになっている。

160720-145224
 JR逗子駅の駅ビル。駅ビルの前がバスロータリーになっている。

160720-145254
 逗子駅前バスのりばの京急バス案内システム。

160720-145415
 JR逗子駅東口の駅ビル。商業施設が入る駅ビルではない。

 逗子駅付近で横須賀線は東西に走っており,ホームの南側にあるのが東口,北側にあるのが西口となっている。頭の中で三浦半島の形を想像し,横須賀線が南北に通っているものだと考えると,横須賀線の下りホーム側は東口,上りホーム側が西口と考えるのが自然であるが,実際はその正反対である。

 東京から横須賀線に乗って逗子までやってきたとして,横浜駅では進行方向左側が東口,戸塚駅も鎌倉駅も左側が東口だが,逗子駅では左側が西口,右側が東口となる。
 かつて,現在の東口にしか駅の入口がなかった時代,ホームの東端近くに改札口があったため,跨線橋のところに設置された小さな改札口(現在の西口)と区別するために,東口・西口という呼称にしたのではないかと推測してみたが,実際のところはどうであろうか。

160720-145457
 逗子駅東口の一般車ロータリー。駅の向こう側に見えるのは逗子ホワイトハウスという名称のマンション。西口から這っても楽に到達できそうな距離なので便利そうだ。少し坂がきつそうかな……

160720-145641

160720-145700
 逗子駅前のバスロータリー。

160720-145910
 JR逗子駅前交差点横のブックス二宮。

160720-150032
 JR逗子駅前交差点。写真左の文章堂ビル1階には鮮魚の魚佐次商店がある。

160720-150108
 JR逗子駅前交差点から南西方向に延びる逗子銀座通り商店街(県道24号線)は,駅に向かって一方通行になっている。

160720-150217
 JR逗子駅前交差点の魚佐次商店の前からJR逗子駅方向を見る。

160720-150352
 JR逗子駅前交差点から京急逗子線の新逗子駅方向のY字路を見る。

160720-150413
 左が新逗子通り(新逗子駅北口を通る),右が八幡通り。八幡通りの緑は亀岡八幡宮の境内の木々である。

160720-150437
 新逗子通りからJR逗子駅前交差点を見る。

160720-152127
 JR逗子駅前交差点の鮮魚店「魚佐次商店」から威勢の良い掛け声が聞こえてくる。店頭にはたくさんの鮮魚が並んでいる。駅前にこういう店があると,街の雰囲気が俄然良くなる。

160720-152201
 JR逗子駅前交差点を横浜銀行逗子支店側に渡り,魚佐次商店側を振り返る。

160720-152213
 新逗子通り。

160720-152355
 歩道の上にアーケードがある逗子銀座通り商店街。一方通行になっていて,左車線が左折・直進,右車線が右折になっているのだが,以前見たときと同様に左車線には路上駐車の車が多い。

160720-152440
 逗子銀座通り商店街の食堂デパート「仙満亭」。

160720-152519
 逗子銀座通り商店街。

160720-152626
 逗子銀座通り商店街から亀岡八幡宮に続く路地に入ると,フルーツハウス吉田屋がある。

160720-152734
 亀岡八幡宮の裏にある逗子農協生産直売所。

160720-152755
 逗子農協生産直売所とお食事処「夢」。

160720-152844
 銀塩フィルム時代の広角ズームレンズなので,いまどきのレンズに比べると逆光にちょっと弱い。

160720-152937
 逗子農協生産直売所がある路地。

160720-153049
 亀岡八幡宮の裏を通って八幡通りへ。

160720-153211
 八幡通りからJR逗子駅前交差点を見る。

160720-153236
 逗子市役所方向に緩やかにカーブする八幡通り。

160720-153408

160720-153510
 八幡通りの先に見えるのが京急新逗子駅の線路を跨ぐ高架連絡橋。新逗子駅は旧京浜逗子駅と逗子海岸駅の中間に作られた駅で,旧京浜逗子駅だった北口とホームは,約100mもある高架連絡橋で結ばれている。

160720-153649
 亀岡八幡宮。逗子の鎮守で,古くは単に「八幡宮」と呼ばれていたが,昭和28年に亀岡八幡神社として登録されたという。神社の境内がなだらかな丘になっていて,亀の背中のようであったことから,鎌倉の鶴岡八幡宮に対して亀岡八幡宮と名づけられたという。

160720-153746
 亀岡八幡宮の前の八幡通り。BlueMoonというダイニングバーがある。

160720-153807
 八幡通りから新逗子通りへ抜けるBlueMoon横の路地。

160720-153941
 路地の途中から亀岡八幡宮方向を振り返る。ここは池子〜六浦に続く古くからの道で,湘南電鉄の湘南逗子駅として最初に駅ができた頃の駅前がこのあたりだと思われるのだが,

160720-154010
 新逗子通り(県道24号線)に出て,京急逗子線の踏切方向を見る。県道24号線は東逗子駅前から横浜横須賀道路・逗葉新道の逗子インターを通り,京急田浦駅近くの横須賀街道船越町交差点に続いている。

160720-154106
 亀岡八幡宮の前から新逗子通りに抜ける路地を振り返る。

160720-154141
 逗子から池子〜六浦に続く古くからの道。

160720-154612
 新逗子駅北口前の新逗子通り。

160720-154833
 新逗子駅北口の駅ビル「ニート新逗子」。ニートはNeetではなくNeat。ニート新逗子が開業した1991年当時,「ニート」はイケててカッコいいことを表す言葉だったのである。たとえば,資生堂の1981年春のキャンペーンソングは松原みきの『ニートな午後3時』という曲だった。

 ♫Neat, Neat, Everyday 自由になれるわ〜

160720-155138
 新逗子駅ビルの「ニート新逗子」に“25th Anniversary”の横断幕がかかる。

160720-155247
 新逗子駅北口の改札口。ホームまでドーム屋根の高架連絡橋が続いている。

160720-155453
 新逗子駅のホームに停車する羽田空港行きのエアポート急行。

 暑くて疲れてしまった。まだ明るいが,真っ直ぐ帰ることにする。

逗子〜新逗子

── PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA20-35mm F4 AL or SONY Cyber-shot DSC-RX100M3 or iPhone 5s

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水曜日)

トツカーナの先の旭町通商店街 横浜市戸塚

160608-153109-Edit_tonemapped

トツカーナの先の戸塚旭町通商店街


 戸塚駅は横浜市営地下鉄ブルーラインからJR東海道本線へ,あるいはその逆の乗り換えで頻繁に利用する。普段は駅構内を歩くだけだが,久しぶりに戸塚の街を歩いてみた。

160608-150224
 トツカーナモールの中央プロムナードを抜けたところから戸塚西口バスセンターと戸塚パルソを見る。
 戸塚パルソは戸塚駅西口の再開発で誕生したトツカーナモールに入らずに,もともと商店街の老舗だったところが「個別活用方式」でトツカーナモールと同時に再開発を実施した一郭である。

 戸塚西口バスセンターは人工地盤で国道1号線(旧東海道)と同じ高さになるようにした2階部分に設けられ,1階部分は自転車駐輪場,3階部分が歩行者用デッキになっている。

 バスセンターと同じ高さにある戸塚パルソ2階部分の通路は,そのまま真っ直ぐ旭町通商店街に抜けられるようになっていないため(ぐるりと回り込めば1階に降りる階段はある),人通りが少ない。

160608-150334
 戸塚パルソ。

160608-150436
 戸塚西口バスセンターの上の歩行者用デッキの西側から,国道1号線(旧東海道)を見る。

160608-150644
 国道1号線(旧東海道)から長後街道(神奈川県道22号横浜伊勢原線)が分岐するバスセンター前交差点。大きな交差点である。

 大和証券戸塚支店・スルガ銀行・戸塚郵便局の裏手には広葉樹が茂るこんもりとした山があったのだが,長後街道横からごっそりと山が削られている。この交差点から先の長後街道は昭和初期にはトンネルになっていたのだが,道路の拡幅に合わせてトンネルは開削され,片側はすっかり山が削られて,現在はサクラス戸塚(元西友戸塚店)になっている。とうとうその向かい側の山も削られることになったようだ。

160608-150733
 バスセンター前交差点横の旧戸塚バスセンター跡地。資材置き場になっていたが,クレーンが立ち,なにやら工事が行われているように見える。
 ここは旧戸塚バスセンター跡地だけでなく,トツカーナモールにならなかった戸塚旭町通商店街や図書館通りも合わせて戸塚駅西口第3地区の再開発区域となっていたはずだ。なにか進展があったのだろうか。

160608-150952
 バスセンター前交差点。「斜め横断はできません!!(ここはスクランブル交差点ではありません)戸塚警察署」という注意書きがあちらこちらにある。過去にも,ここがスクランブル交差点になったことはないのだが,昔から斜め横断をする人が非常に多い。

160608-151056
 トツカーナモールの歩行者用デッキからバスセンター前交差点に降りる階段。旧東海道の側から見ると,ここがトツカーナモールのシンボル的な階段になるのだが,階段を上り下りする人は少ない。設計段階で動線の設定に誤りがあったんじゃないかと感じる。

160608-151440
 バスセンター前交差点の一角にあるサクラス戸塚(元西友戸塚店)である。写真左が長後街道。かつてこの長後街道の部分がトンネルになっていたことが信じられない光景だ。

160608-151718
 バスセンター前交差点から戸塚旭町通商店街に下りてゆく。写真左は戸塚西口バスセンターの人工地盤。

160608-151752

160608-151839
 戸塚旭町通商店街からバスセンター前交差点を振り返る。

160608-151905
 この写真を見るだけだと,突き当たり左側にバスセンターがあった頃とほとんど変わらないのだが,かつてこの通りは,バスを降りて戸塚駅に向かう人や,駅からバスセンターに向かう人でいっぱいだったんである。

160608-151939
 中通りのゲームセンター「タイトーステーション戸塚西口店」。戸塚駅西口の再開発前から,ことぶき通り・中通りは細い路地でわかりにくい場所だった。

160608-152045
 タイトーステーション戸塚西口店の前から戸塚西口バスセンター方向を振り返る。

160608-152205
 戸塚旭町通商店街へ。元は菊屋デパートだったパチンコKIKUYAは,取り壊されて跡地が駐車場になっている。

160608-152304
 旭町通商店街。戸塚駅西口の商店街は,旭町通商店街を中心にして,その両側に中通りと図書館通り(とリバーサイド通り)が平行している。

160608-152327
 戸塚西口バスセンター・戸塚パルソの1階部分の通路と戸塚市場モリ・フルーツ。行き止まりに見える戸塚パルソ2階通路と違って,こちらは歩行者も多く,買い物客で賑わっている。

160608-152404
 戸塚旭町通商店街。商店街の戸塚駅に近い側は再開発でトツカーナモールに変わったが,商店街の南西側は健在である。

160608-152503
 戸塚旭町通商店街から戸塚パルソ・トツカーナモール側を振り返る。

160608-152559
 戸塚旭町通商店街。

160608-152633
 戸塚旭町通商店街の炭屋串兵衛戸塚店(元は中国家庭料理「上海摩登家菜」)横の路地。かつては図書館通りの街路灯が立っていた。10年ぐらい前まで未舗装だったのが印象的だったが,建物が歯抜けになり,普通の寂しい路地になった。

160608-152651
 旭町通商店街側を振り返る。

160608-152828
 図書館通りに出る。突き当たりが戸塚図書館・戸塚公会堂。

160608-152915
 図書館通りから戸塚パルソ,戸塚駅西口方向を見る。松壱家は醤油豚骨ラーメンの店。ラーメンに詳しくないので,いわゆる家(いえ)系と呼ばれる種類の店なのかどうかは不明。

160608-153020
 図書館通り。

160608-153058
 図書館通りの入口の前から西側を見る。写真右は戸塚西口バスセンターの人工地盤。

160608-153605
 図書館通りからリバーサイド通り方向に歩く。

160608-153714
 昔から残る中華上海広場の前のY字路。

160608-153941
 Y字路を通り,図書館通りに戻る。串揚げ「すがの」の向かいのバー「105」は昔からあるワンショットバー。

160608-154032

160608-154117
 バー105の横を入ったところにある戸塚ふれあい横丁。小さな飲み屋街である。

160608154125
 戸塚ふれあい横丁でもわかりにくいのだが,さらにその横を入ったところに愛媛屋という愛媛の地酒が飲める小さな居酒屋がある。

160608-154245
 戸塚ふれあい横丁から旭町通商店街へ。

160608-154323
 パチンコ桃太郎の横に業務スーパーがある。

160608-155401
 旭町通商店街。奥にトツカーナモールが見える。

160608-155634
 戸塚市場モリ・フルーツの前へ。

 ここまで戻ってきてしまったが,せっかく戸塚で降りたので旭町通商店街に戻り,ボンベイのカレーを食って帰ることにする。

── PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA 31mm F1.8AL Limited

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月22日 (日曜日)

諏訪神社例大祭の日 横須賀中央

160522-143049-Edit

諏訪神社例大祭の日 横須賀中央


 夏のような暑さになったこの日,横浜よりも多少は涼しそうな三浦半島の横須賀へ。

160522-142339
 京急線に乗って横須賀中央駅で三年ぶりに下車する。駅前のペデストリアンデッキ(通称Yデッキ)に出ると,何やら賑わしい音が聞こえてくる。

160522-142416
 ペデストリアンデッキの上は普段の日曜日と変わらないようだが,足元からざわめきが聞こえてくる。

160522-142458
 京急横須賀中央駅と横須賀モアーズシティ。

160522-142541
 横須賀中央駅前のペデストリアンデッキから見た横須賀中央大通り(若松商店街)。ペデストリアンデッキの下から聞こえてきたざわめきは,街で祭が行われているためだった。駅前から横須賀中央大通りの両側の歩道には露店がびっしりと並んでおり,今まさに踊り流しが始まるところだった。

 偶然やってきたこの日,横須賀は諏訪神社の例大祭の日だった。

160522-142657

160522-143049
 午後2時30分ちょうどに踊り流しが始まった。

 諏訪神社例大祭だということはわかったが,この流し踊りがどのような由来によるものなのか,どのようなイベントなのかを知りたくて横須賀市のサイトを探してみたが,観光・文化・スポーツのページやイベント一覧にはそれらしい情報を見つけることができなかった。横須賀市内で行われるイベント一覧には,諏訪神社例大祭の日時すら載っていない。「観光立市」というページがあるというのに,歴史的な行事が載っていないのはどういうことだろうか。

160522-143230
 ペデストリアンデッキを降りる。米軍横須賀基地のある街らしく,米海軍の関係者と思われる方も多い。

160522-143353
 横須賀中央大通りの露店。

160522-143515
 駅前から国道16号線の日の出町一丁目交差点に続く若松通り。

160522-143745
 横須賀で立ち食いといえば,やきとり相模屋。もちろん立ち飲みコーナーもある。なにしろ焼き鳥全品1本80円である。

160522-143754
 ヨコビルの横,若松町一丁目の千日通り商店街。

160522-143821
 横須賀中央大通り方向を振り返る。私が子供の頃にはなかったバナナチョコの露店は,人気なのか数店舗見られた。

160522-143918
 写真右側がヨコビル。既に「ヨコビル映画街」という看板は取り外され,かつてここに丸井の別館や映画街があったことが忘れ去られようとしている。

160522-143959
 千日通りの交差点。2012年4月に閉店した西友横須賀店の跡地にザ・タワー横須賀中央がそびえる。

160522-144039
 千日通り。

160522-144138
 千日通りから若松通りの千日通り入口交差点方向を見る。金星劇場は取り壊されて駐車場になっている。

160522-144229
 千日通り,カレーのベンガル。横須賀がご当地グルメとして「海軍カレー」などと言い出す前からあるカレーの店だ。

160522-144312
 ベンガル横の路地。

160522-144331
 路地に飲食店が並んでいる。

160522-144440
 若松通りの千日通り入口交差点。若松通りにも露店が並んでいる。

160522-144623
 若松通りの露店。昔から露店のお面は人気で,高額商品のひとつだった。

160522-144650
 若松通りの露店。

160522-144819
 千日通り入口交差点。

160522-145055
 金魚すくい。

160522-145344
 若松町三丁目の若松マーケット(若松新生商業組合)へ。キャバレー「ロンドン」が健在だ。

160522-145403
 若松マーケット(若松飲食店街)の裏路地。

160522-145430
 カラオケの音がかすかに聞こえてくる……

160522-145559
 若松マーケットのスナック「小天橋」。

160522-145643
 若松マーケットの裏には地上26階建ての「サンコリーヌタワー横須賀中央駅前」がそびえる。

 この「サンコリーヌタワー横須賀中央駅前」は,10年ぐらい前から龍本寺(竜本寺)裏の崖を大規模に削り,防空壕を埋め戻す「若松町特殊地下壕埋め戻し工事」を行ったところに建てられている。かつては「京急中央駅前ルネサンスタワー開発事業」として,より大規模な地上31階建てとして計画されていたが,リーマン・ショックで頓挫したはずだった。
 同時に,サンコリーヌタワー横須賀中央駅前の敷地は道路に面しておらず,本来は建物を建てられないはずだが,隣接する新中央図書館(老朽化した児童図書館の建て替え)と一体開発するという変則技も使われていたため,「京急中央駅前ルネサンスタワー開発事業」の頓挫で当分放置されるのかと思っていた。なにかウルトラCでもあったのだろう。

160522-145702

160522-145822
 若松新生商業組合の提灯が揺れる。

160522-145932
 平成若松ビル。

160522-150003
 若松マーケットの裏路地に入り込む。

160522-150021
 中勝ビルの屋上緑化。

160522-150035

160522-150138
 若松マーケットの裏路地の四ツ辻。

160522-150155
 平成若松ビルのほうを振り返る。

160522-150355

160522-150502
 若松TYビルの裏手……

160522-150517
 若松TYビルの中が飲食店街になっていて,反対側に抜けられる。

160522-150646
 若松TYビルを抜けて南東側へ。

160522-150803
 若松マーケットから米が浜通りに抜ける通り。

160522-150913
 米が浜通りから見たサンコリーヌタワー横須賀中央駅前。ここから見ると,龍本寺の裏の崖と,崖を大規模に削って建てられたサンコリーヌタワー横須賀中央駅前の関係がよくわかる。

160522-151014
 横須賀氷業の前が諏訪神社の子供神輿の休憩場所になっていた。

160522-151100
 横須賀中央駅前に続く若松マーケットのメインストリート。

160522-151123
 若松マーケット(若松飲食店街)のメインストリート。完全な逆光で,銀塩フィルム時代の古いsmc PENTAX-FA20-35mm F4レンズには厳しい状況だ。

160522-151146

160522-151226
 印象的なテントのBAR「オアシス」。

160522-151339
 飲食店が密集する若松マーケット。

160522-151421
 若松マーケットを横須賀中央駅に向かって歩く。

160522-151510
 若松マーケット。

160522-151612

160522-151722
 ここまで隙間なく飲食店が密集する飲み屋街は珍しい。

160522-151746
 南東側を振り返る。

160522-151954
 若松マーケット(若松飲食店街)。

160522-152009

160522-152025
 中には「笑っちゃいけない店」もある。

160522-152047
 スナック「赤レンガ」「ふれんず」の先は横須賀中央駅前から直接見えない鍵曲がりになっている。

160522-152106

160522-152150
 若松マーケットとサンコリーヌタワー横須賀中央駅前。

160522-152245
 以前は古本屋があった路地。路地の南側の入口にも古本屋があった。「横須賀ブラジャー」の提灯が揺れる。

160522-152422
 以前は龍本寺に続く階段だったところが舗装された細い道路になっていて,サンコリーヌタワー横須賀中央駅前に続いている。建築基準法での接道義務は,確か「幅員4メートル(ないし6メートル)以上の道路に2メートル以上接していること」だったはず。この細い道路が幅員4メートルあるのかどうか,微妙な感じもするが,ビルが建っているのだから問題ないのであろう,たぶん。

160522-152438
 若松マーケットの鍵曲がり(クランク)。

160522-152643
 古本屋はなくなっていた。

160522-152702
 正面に横須賀中央駅前のペデストリアンデッキ(Yデッキ)が見えてきた。写真左の石垣は諏訪神社。この日のお祭は,この諏訪神社(と汐入駅近く「どぶ板通り」そばの諏訪大神社)の例祭である。

 後ろから子供神輿を担ぐかけ声が近づいてくる。

160522-152753
 諏訪神社の玉垣に残る「待合おきな」の文字。以前の記事にも書いたが,横須賀市若松町の花街は千日通りにあったものと思われる。

160522-152922
 後ろから迫ってくる子供神輿をやり過ごすため諏訪神社へ。

160522-153347
 やり過ごすつもりだった子供神輿も諏訪神社へ。

160522-153418
 諏訪神社の玉垣。

160522-153446
 縮小写真ではよくわからないが,1軒の理髪店を挟んで5件の待合の玉垣が並んでいる。若松一丁目の花街はかなり大きかったのかもしれない。

160522-154426
 横須賀中央駅前の歩道にも露店が並ぶ。

160522-154759
 ペデストリアンデッキから下町五町連合神輿渡御を見る。iPhone 5sで撮影した動画はピンぼけになってしまった……

160522-160911
 横須賀中央駅前から上町方向を見る。

160522-161114

160522-161401
 とても疲れたので京急線の電車で帰る。長く患っていた右膝はだいぶ良くなって,そこそこ歩き回れるようになった。

横須賀中央〜若松マーケット

── PENTAX K-1 + smc PENTAX-FA20-35mm F4 AL or iPhone 5s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«色んな店が豊富な大船を侮るな 鎌倉市大船